初心者さんも大歓迎【ORZのFX道場】開催中!

『10の極意』と『1対1のメールサポート』で楽しくマイペースに手法を身に付けよう!

詳細をチェックしてみる

FXでは各時間足の役割を意識して『エントリー根拠』を集めるべし

こんにちは、FX専業ニート・ORZです(・∀・)
今宵のFXブログは『エントリー根拠』というテーマでお話していきます。

まずは、よくいただくお悩みをご紹介。

道場生さん

根拠を持ってトレードしてるのになかなか勝てない!
そもそも根拠ってどれだけ集めればいいの?

もちろんFXで勝つためには根拠を持って戦略を立てることは必要です(・ω・)

しかし、そもそも自分が根拠だと思っているものが他のトレーダーが意識していないものだったり、1つの根拠を過信してしまったりすると、せっかく立てた戦略もなかなか勝ちには結びつかないでしょう。

そこで今回は、十年以上FXで生き残ることができているFX専業ニートのORZが、FXでトレードするときに意識している根拠について解説していこうと思います(・∀・)

自分の戦略に不安がある方や、少ない根拠ですぐにエントリーしてしまう方は、この記事を読むことで今まで以上に厚い根拠を持って戦略を立てられるようになるはずです♪

根拠はむやみにかき集めればいいというものではなく、いろんな視点(時間足)で相場を見てポイントを抑えていくべきだと考えているので、これを頭の片隅に置きながら読み進めてみてください(`・ω・´)ゞ

そもそもFXのエントリー根拠とは?

さっそくですが、「FXのエントリー根拠」と言えばみなさん何を思い浮かべますか(・∀・)?

エントリーの根拠とは?

こういった1つ1つの要素は、もちろんFXでエントリーするための根拠と言えるでしょう。

ただ、いかにキレイな押し目だろうと、キレイなダブルトップを形成していようと、それだけを根拠にトレードして勝てるのかと言われると・・・

FXがそこまで簡単でないことは、トレード経験のある方ならご存知かと思います。

ORZも初心者の頃は、目の前のトレンドに飛びついてみたり、ダブルトップなどのチャートパターンに飛びついてみては、何度も痛い目にあってきました_:(´ཀ`」 ∠):

そうして失敗を繰り返して、『各時間足の役割を意識した上で、相場を捉えること』こそがFXのエントリー根拠と言えるのではないか、というのがORZのたどり着いた結論になります。

と言われても、抽象的すぎて何を言ってるのかサッパリ分からないと思うので、これから詳しく解説していきますよ〜(((((((っ・ω・)っ

各時間足の役割を意識して、相場を捉えよう

いつもブログをご覧いただいてる方はご存知かと思いますが、ORZは「マルチタイムフレーム」といって、様々な時間足で相場を見て戦略を立てています(・∀・)

【動画解説あり】初心者向けにマルチタイムフレーム分析を徹底解説
こんばんは!プロニート・デイトレーダーのORZ(おつ)です(・∀・) 今回は「マルチタイムフレーム(MTF)分析」について書きます。 マルチタイムフレーム分析とは、長期足〜短期足まで複数の時間のチャートを見て、期待値の高い方向性...

詳しくは上記のページで解説してますが、端的に言うと、

軸となる時間足でエントリーポイントの選定上位足で流れの確認下位足でエントリータイミングを計る

といったように、各時間足ごとに違った役割で相場を見て、戦略を立てる感じですね(・∀・)

例えば、1時間足を軸にする場合は、日足で流れを確認して、5分足でタイミングを取る。
5分足を軸にする場合は、1時間足で流れを確認して、1分足でタイミングを取る。みたいな感じ。

なぜこのような戦略の立て方をしているのかと言うと、単に「反発しそうなポイントを捉える」だけよりも、「大きな流れに乗っかり」かつ「反発しそうなポイントを捉え」かつ「反発した直後に後乗りする」方が、単純に勝てる可能性が高いからです。

「1時間足の押し目買い」だけよりも、「日足はレンジ相場で上昇中」かつ「1時間足の押し目を狙い」かつ「5分足のダブルボトムでエントリー」の方が、勝てる可能性が高いのはなんとなく想像がつきますよね。

あとは、1つの時間足だけを見て戦略を立てエントリーしてしまうと、潜んでいるリスクに気づけなかったりするからです。

例えば、1時間足上昇トレンドで押し目買いを狙ってみようかと考えたときに・・・

複数の時間足を見た場合

このように、1時間足の上位足に当たる日足も確認すると、目の前に壁となるレジスタンスラインが待ち構えているというリスクに気づくことができます。

初心者のうちは「1時間足のトレンドだけ見ていきなりエントリー!」とか、「ダブルボトムを根拠に買い!」みたいな仕掛け方をしてしまう気持ちも分かります(´ー`)

それで勝てちゃうこともありますが、長い目で見て勝ち越すためには、より優位性の高い戦略を立てる必要があり、相場を多角的に分析することは必須になってくるわけなんですね(`・ω・´)ゞ

根拠が足りなければ、思い切って見送るべし

また、FXで勝ち越していくためには、「勝ちトレードを増やすよりも、負けトレードを減らすほうが簡単」だともORZは考えています(・∀・)

初心者のうちは資金が増える経験をすると、トレードすることが楽しくなってきたり、初心者でなくても、なかなか勝率が伴わない中惰性でトレードを続けてしまってる方もいるかもしれません。

「お金を増やすこと」が目的であるはずのFXが、楽しさや執着心から「トレードすること」自体が目的にすり替わってしまうのは、FXあるあるの一つです(˘ω˘ )

もちろん楽しみつつ勝てるに越したことはありませんが、やはり負けが先行してしまうと結局楽しくなくなってしまうんですよね。。。

そんなときの対処法としては、自分の中で最低限これだけの根拠が揃わないとトレードしない、とルール化しておくことで、負けトレードは減らしていけるかと思います(o・∀・)ノ

ORZの場合は、先に紹介した「マルチタイムフレーム」を元に戦略を立てることで、少なくとも短期・中期・長期と3つの根拠は持つようにしてます。

もちろんそれだけではなくて、時にはファンダメンタルズ的な要因も戦略に取り入れたり、

押し目買いを狙うとしたら、単に移動平均線から狙うのではなく「移動平均線+レジサポライン」など、なるべく多くの根拠が集まるポイントに絞ることで、より高い優位性をもってトレードしています。

市場参加者と同じ所でトレードすべし!勝てるエントリーポイント解説!
皆さんこんばんわ、FXニートORZです(・∀・) 今回はFXで勝ちやすいエントリーポイントについて値動きの仕組みの観点から解説していこうと思います。 このブログやFX道場でも伝授してるように、FXで勝つためにはテクニカル分析やチ...

根拠が多く集まるポイントに絞るほど、トレード頻度は減っていきますが、目的は「トレードすること」じゃなくて「お金を増やすこと」なのを忘れずに、結果にコミットしていきましょうᕙ(・∀・)ᕗ

実践例!ここを根拠と考えて戦略を立ててる

ではでは、実際にORZがどんな風に相場を見て戦略を立てているのか、実践例を見ながら解説していきましょう(・∀・)!

まずは軸となる中期足、今回は1時間足でエントリーポイントを選定しました。

【とある日のEURJPY/1時間足】

あまりきれいな形ではないですが、高値安値を更新しつつ、移動平均線が上向きで、上昇雲も出ているので、上昇トレンドと判断できる相場状況。

単にMA50だけではなく、何度か反発実績のあるレジサポも被ることから、エントリーポイントの候補としてはかなりいいのではないでしょうか(´∀`)

ただ、まだこの時点ではあくまでも「エントリーポイントの候補」です。早まっていきなりエントリーするのではなく、続いては上位足で大きな流れを見ていきましょう!

【EURJPY/4時間足&日足】

4時間足も日足も明確な上昇トレンドですね。
これなら大きな上昇の流れにも乗っかる形での買いエントリーとなるので、根拠として厚みが出てきました♪

これほどの根拠が揃ってればすぐにでもエントリーしたい気持ちになるかと思いますが、とどめに短期足で細かい値動きを確認していきます٩( ‘ω’ )و

【EURJPY/5分足】

1時間足MA50あたりで、ダブルボトムを形成し、抵抗としての働きがあるネックラインMA50を抜けてきたので、上昇の勢いが出てきたと判断してここでようやくエントリー!

このトレードについて詳しくはこちらの記事↓で解説してるので、興味ある方はご覧ください。

押し目買いで損失リスクを抑えながら爆益狙う時に使える利確戦略をご紹介。
みなさんこんばんは。 ニートだけど意外に部屋はキレイ、FXトレーダーORZです(・∀・) 突然ですが、みなさんは押し目買い(または戻り売り)をする際、利確目標をどのようにして決めていますか? 以前ブログでお話したことがあるかと...

さて今回は、エントリーに至るまでの「根拠」にフォーカスして戦略を見ていきました。

細かく見ていくと、5つの根拠を持って戦略を立てているのに気づけたでしょうか?

  • 1時間足MA50
  • 1時間足レジサポライン
  • 日足&4時間足は上昇の流れ
  • 5分足ダブルボトムのネックラインブレイク
  • 5分足MA50ブレイク

こんな感じで各時間足の役割ごとに、見るべきポイントを変えながら、より多くの根拠を持てるポイントに絞っていくことで、優位性の高い戦略を立てることができるわけなんですね(・∀・)

今回はテクニカル的な要素だけでしたが、通貨の強弱だったり、ファンダメンタルズ要因なども加味していくことで、より戦略に厚みが増してくるので、徐々に知識を増やしていきましょう♪

まとめ٩( ‘ω’ )و

FXのエントリー根拠というのは1つだけでは弱いですし、かといって、むやみにかき集めればいいというものでもありません。

各時間足の役割を意識しながら、その時間足の役割に沿って相場を捉え、各時間足がうまく繋がったときに始めてエントリーに至るべきだと思います(`・ω・´)ゞ

根拠が多いポイントに絞るほどトレード頻度は少なくなってしまいますが、戦略としての優位性は高いトレードができるようになるはずです!

FXをやる目的は「トレードすること」ではなくて、「お金を増やすこと」なのをお忘れなく。

また、勝ちトレードを増やすよりも負けトレードを減らす方が簡単なので、根拠が薄ければ「見送る」判断もできるようになっていきましょう。

とはいえ、一人でやってると目的を忘れてることに気づけなかったり、自分では根拠が十分だと思ってても客観的にはそうとは言えないなんてこともあるかと思います。

そんなときは、お気軽に【FX道場】の方を頼ってきてください♪

FX道場では、トレードの添削なども受け付けているので、自分では気付けないことも客観的な意見を得ることができます♪

興味ある方は下記フォームからお気軽にご参加いただければと思います(・∀・)

ORZのFX手法を一から学ベるFX道場開催中!!

アップデートによってさらなる進化を遂げたFX指導企画《真・ORZのFX道場3.0》では、ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

楽しくスムーズに学習を進め、きちんと理解を深めていただくために、道場生さんしか見れない特別な解説動画も設置!

FX初心者・未経験者の方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

下記のメールフォームから参加申し込みいただくと、ORZから道場入門についての案内メールが届きます!

参加お申し込みフォーム

※このメールフォームからお申し込みいただくと、ORZがメールを見てから順番に返信するため2〜3日かかる場合がございます

「さっさと入門したいぜッ!」という方はこちらからどうぞ→【早く道場へ入門したい方用のお申し込みフォーム】(自動対応)

必須問い合わせ内容
任意具体的な相談内容
必須お名前(ニックネームもOK)
必須メールアドレス
任意ご職業
任意FX歴
任意トレード環境

※返信が来ない場合は
①アドレス間違い
②迷惑メールに届いちゃってる
等の可能性がありますのでご確認お願いします。

ORZからの返信が届かない場合は、お手数ですがGmailで再度お試しください(・∀・)

ORZTube(・∀・)にてタメになるFX動画配信中!

YoutubeでもFXの勉強ができる動画を随時更新ちう(´ω`)

どれもわかりやすく簡潔に解説しているので、片手間に楽しくFXのアレコレを知ることができる動画をたくさんご用意しております!

下記のページにてオススメ動画をランキング・ジャンル別に分けて紹介しているので、興味のある方はCheck(σ・∀・)σ

→FX動画まとめ!人気ランキングもあるお(・∀・)

今すぐYoutubeへGoしたい方はコチラ〜!

コメント

  1. たつ より:

    いつも有益な記事をありがとうございます!

    ひとつ質問です。
    MAをエントリー根拠の1つと考える際、現在値とMAが接近するのに
    ・値が動いてMAに近づいていく
    ・時間が経過してMAが近づいてくる
    の2パターンがあると思うのですが、orzさんはどちらの方が信頼度が高い…等の違いをお持ちですか?

    当たり前ですが、MAでの反発を狙う時にどちらのパターンでも反発する時もあればスルーする時もありますが、「あえて言うならこっちが強い」みたいなのがあればご教授願います。
    よろしくお願いします!

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      たつさん、コメントありがとうございます(・∀・)

      非常に難しい質問ですが、状況を考えると

      ・値が動いてMAに近づいていく→価格が戻している局面
      ・時間が経過してMAが近づいてくる→少し保ち合いになってる局面?

      って感じかなーと思いますが、そもそもMAをエントリー根拠にする押し目買いや戻り売りは価格が狙い目のMAに近づいたところからの反発を狙う手法ですからねー。

      今回の選択肢で言うと前者はセオリー通りの押し目買い・戻り売り。

      んで後者はどちらかというとトレンド中の保ち合いのブレイクを狙ったやり方になるんじゃないかなーと感じました。

      そうなると手法そのものが違うのでどちらの信頼度が高いとかはちょっとお答えできないですね(・∀・;)

      ※ORZはどちらも気にせず狙います。

      ORZ

      • たつ より:

        御返事ありがとうございます。
        orzさんがどちらも気にせず狙われるなら、そんなに深く考える必要なしと思っておきます(^^)
        確かに、結局は多くの投資家がそのMA接近に優位性を感じるかどうかが大切なのでしょうから、前者は押し目等の値ごろ感、後者は底堅さ感…とそれぞれ1つの優位ポイントだと取れる気がしてきました。
        いずれにせよ、気になるMAに接近した時は注意深く見ます。
        ありがとうございました(..)