FXのエントリータイミング術!!下位足でのベストタイミングの取り方

生まれ変わったら、お酒のコードネームで呼ばれたい。
いまだに黒の組織からの勧誘を待ち続けてる、ORZです(・ω・`)

さて今回のテーマは「下位足でのエントリータイミングの取り方」です!

というのも、こんな感じの質問メールをよく道場生さんからいただくわけなんです。

質問(・∀・)!

FX道場で修行したおかげでORZさんと同じポイントでトレードできるようになりました!ただいいポイントでトレードしたはずなのに、なぜかいつも損切りになった後に狙った方向に動いてしまいます(;゚Д゚)

ORZさんはどうやってエントリータイミングを見極めてるんですか?なにかコツがあれば教えてください!!

う〜む。たしかに毎回のように損切りされた後に見立て方向に動いてしまうなんて・・なんだか怖い話ですよね。

「もしや誰かにポジションを監視されているのでは?」と、恐る恐る後ろを振り返ったことがあるのはORZだけではないはず(・∀・)w

でも、実はこれ黒ずくめの組織の陰謀でもなければ、ましてや妖怪の仕業でもなく・・単純に「エントリーが早すぎる or 遅すぎる」ことで、ベストなタイミングからズレてしまってることがほとんどです。

そこで、今回はORZが普段のトレードで意識している下位足を使ったエントリータイミングの見極め方法をまとめていきます。

下位足でエントリータイミングを見極めていけば、こういった逆行しやすいポイントでのエントリーは回避できるようになるので、結果的にエントリーの精度も改善し、トレードの勝率も上がっていくかと( `・∀・´)ノ

・いまいちエントリータイミングの取り方に自信が持てない方
・そもそもどこでエントリーするのが正解なのか分からない方

などなど、エントリーにお悩みの方、良かったら参考にしてみてください♪

概要編:上位足の反発タイミングは、下位足の「相場の転換点」

FXのエントリーポイントといえばトレンド相場での押し目買い・戻り売りレンジ相場での高値・安値圏からの逆張りなど、節目での反転を狙うことが多いんじゃないかと思います。

で、こういった反発ポイントに到達したらエントリータイミングを逃さないために「イチ早くポジション持たねば・・」と焦ってしまう人が多いのではないでしょうか?

たしかにその焦る気持ちよ〜く分かります(笑)

ただ、大前提としてどれだけ市場で意識されている「節目=抵抗帯」であっても、ほんの数秒でV字反発するなんてことはほぼないです。ほとんどの場合、その節目でじっくりと揉み合った末に反発が起こります\(・ω・`)

なぜかというと、上位足が節目の価格帯で反転する時には「下位足では相場の転換が起こっている」から!

上位足と下位足の関係性

これは「マルチタイムフレーム分析」といって「各時間足同士が拡大・縮小している関係」になっていることを理解している方にはおなじみの考え方だと思いますが。

下位足の相場転換がトリガーとなって、はじめて上位足の節目での反発が起きます。

つまり、ちょっと価格が大きく動いただけならまったくエントリーを焦る必要なんてないのです。

で、この下位足が転換するまでの過程を細かく分けると、3つの段階に分かれます!

エントリータイミング

①価格の戻し:節目付近に価格が戻ってくる段階
②もみ合い:節目付近で行ったり来たりする段階
③転換点:反発の勢いを確認する段階

ORZは③の転換が起きる「予兆」をエントリータイミングにすることで、ベストなタイミングでポジションを持てることが多いです( `・∀・´)ノ

では、具体的にどうやってORZが転換の予兆を掴んでいるのか?どんなモノをエントリーのトリガーにしてるのか?

次いってみよう(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

テクニック編:エントリータイミングは「転換の予兆」を狙う

下位足での転換点の予兆を掴むために、ORZは下位足でチャートの法則やパターンが崩れるタイミングを狙っています。

・過去に意識されている移動平均線のブレイク
・ダブルトップ・ダブルボトムのネックライン割れ
・レジサポラインを突き抜けたタイミング

具体的にはこの3つのタイミングですね!さっそく順番に一緒にみていきましょう(・∀・)

過去に意識されている移動平均線のブレイク

まずは移動平均線に関する法則で、これは主にトレンド相場で現れる法則(´ー`)

トレンド相場中の移動平均線は、トレンドラインと同じような感じで市場で意識されている反発ポイントを見つけることができます。

トレンド相場中の移動平均線

市場参加者の大多数は過去の値動きや明確に反発した価格帯といった規則性ある価格帯(=節目)で新規注文や決済判断をおこなう傾向があります。

これは普段のトレードでも誰もが当たり前のようにやっていると思います。移動平均線であれば過去に反発している回数が多いほど、節目としての期待値も高くなります。

そのため注目が集まっている節目を抜けてしまった場合には、大きく突き抜けるような値動きになることが多く、短期的なトレンドが崩れる可能性が出てきます(´ー`)

移動平均線のブレイクアウト

そこで短期足の相場状況でトレンド相場を展開している時には、過去に意識されている移動平均線を突き抜けたタイミングを狙っていくことで、その後ぐいーんと大きく値が動く可能性の高いタイミングを狙っていくことが多いです。

詳しい移動平均線についての解説は、過去のFXブログでもおこなっているので「移動平均線ってなんですの?」という方は参考にしてみてください♪

たった3本で14年間FXで稼ぎ続けた。移動平均線の活用方法
こんばんは!時速2kmで移動する点PことORZ(おつ)です。 今回は、ORZがFXトレードで長年使い続けて来た相棒「移動平均線」をテーマに、移動平均線とは何なのか?と言うところから、期間設定や実践トレードでの活かし方まで、徹底解説いた...

ダブルトップ・ダブルボトムのネックライン割れ

続いてはチャートパターンの法則で、これは主にトレンド相場の前回高値・安値付近、またレンジ相場の高値圏・安値圏において現れる法則(´・ω・`)

ダブルトップとダブルボトム

トレンド相場の前回高値・安値付近やレンジ相場の高値圏・安値圏といった天井や底値付近では、それまでの流れから一転して、相場の方向性が変わる瞬間があります。その相場が反転する局面でよく表れやすいのが「ダブルトップ・ダブルボトム」です。

ダブルトップ・ダブルボトムはM字とW字を形成している「ネックライン」を上抜け・下抜け(ブレイク)することで、相場反転の可能性が高くなる傾向があるため、ネックラインを割れるかどうかが注目すべきポイントになります。

ダブルトップとダブルボトムのネックライン

そこで短期足でトレンド相場の高値・安値付近やレンジ相場を形成している時には、ダブルトップ・ダブルボトム形成後のネックライン抜けを狙っていくことで、その後ぐいーんと大きく値が動く可能性の高いタイミングを捉えることができるというわけです。

詳しいチャートパターンについての解説も、過去のFXブログでもおこなっているので「ダブルトップ・ダブルボトムって聞いたことな〜い」という方は参考にしてみてください♪

ダブルトップ・ダブルボトムを上手に活用してチャートを攻略する方法!
今回は超有名チャートパターンである「ダブルトップ・ダブルボトム」についてお話します^^ 動画でもサクッと見れるので、概要を掴むにはこちらがおすすめ! ダブルトップ(ボトム)は、FXのチャートに最も現れやすい値動きのパターンだ...

レジサポラインを突き抜けたタイミング

最後は、短期足の相場にも現れる節目のレジサポライン。これはトレンド・レンジ・転換いずれの相場状況でも考えられるパターンです(・∀・)

レジサポラインは上方向や下方向への値動きに対する抵抗となって、上昇・下降の勢いを抑えたり、支える価格帯のことを言います。このレジサポラインは多くの投資家に注目されている価格帯で、方向性が決まれば、大きく動く可能性が高いポイントの1つです。

そのためレジサポラインを抜けた後の値動きを味方につけることができれば、その後自分の見立てた方向への値動きを後押ししてくれる可能性も高いです!

レジサポラインのブレイク

そこで短期足の相場状況でレジサポラインを突き抜けたタイミングを狙っていくことで、その後ぐいーんと大きく値が動く可能性の高いタイミングを捉えることができるというわけです。

具体的なレジサポラインの引き方は、過去のFXブログでもおこなっているので合わせて参考にしてみてください♪

レジサポラインの引き方と手法3段活用!
こんばんは(・∀・) 今日もひとりローソク足と戯れています、ORZです! ( ノД`)シクシク… ・・・さて、ぼっちがお送りする今回のブログは、FX初心者の方にぜひ知っていただきたい「レジスタンスラインとサポートラ...

実践編:下位足の転換は、ほかの判断材料が重なるタイミングを狙う

では、実際のFXトレードでどうやってエントリータイミングを捉えればいいのか、を最後お話して本日の講義は終わりっ!

もちろんその時の相場状況にもよるので、見立てた方向に100%ぐいーんと伸びていくで、とまでは言い切れませんがw

これらチャートの流れや法則が崩れるタイミングが重なっているほど、それだけ市場での注目度も高くなっている、ということなのでブレイクした後に大きく動きやすいので、結果的に見立てた方向に動くエントリータイミングになることが多いです。

ま、百聞は一見にしかず(・∀・)

具体的なエントリータイミングの判断方法は、パラパラ動画で確認していきましょう!

エントリータイミングの動画表紙

また仕掛ける前段階で自分のエントリーシナリオに反した時は「見送りパターン」ということで華麗にスルーしちゃってOKです!

実際にORZがエントリーを見送ったトレードも、こちらの記事で解説しています!

脱・ポジポジ病!期待値の低いポイントを見送るコツと考え方
みなさん、こんばんは!6月もおそらくニート、ORZです(・∀・) 先週まで続いていたユーロ売りトレンドはすごかったっすね~~! かなりイケイケな勢いのあるトレンドだったので、トレンディニートであるORZも密かにモロタしておりました♪...

じっくりとエントリータイミングを見極めていけば、逆行しやすいポイントでのエントリーは回避できるようになるかと思います!

ぜひ皆さんも実際のトレードで活用して、エントリーの精度を上げていきましょう( `・∀・´)ノ

まとめ:細かいタイミングの前に、まずエントリーポイント探し

ということで、今回のFXブログは「エントリータイミング」についてまとめてみました〜(・∀・)

    ①上位足の反発ポイントは、下位足の転換点になっている
    ②エントリーは、下位足の法則・パターンが崩れるタイミングを狙う
    ③下位足の転換点は、ほかの判断材料が重なるタイミングを狙う

もちろん上位足のローソク足数本を眺めるだけよりも、下位足をつかってエントリータイミングを図ったほうがより細かいエントリー判断ができるようになります。

実際のトレードに取り入れてもらうだけでエントリー精度は格段に上がっていくことでしょう。

んが!あくまでエントリータイミングの見極めは勝算を数%上げるための、いわば最後の仕上げ的なモノです。

どれだけ細かいエントリー判断ができるようになっても、そもそもチョイスするエントリーポイントが見当違いだったら本末転倒になってしまいます(´゚д゚`)ガーン

なのでこれからFXを勉強される方、もっとFXを上手くなりたい方、細かいエントリー判断と合わせて、相場把握やエントリーポイントについての勉強も合わせてはじめてみるといいと思います!

普段のトレード解説でもエントリーについて解説していますが、そもそもORZの相場把握やエントリーポイントの選び方は、過去のFXブログ内でもまとめているので良かったらトレードの参考にしてみてください♪

たったこれだけ!14年勝ち続けたシンプルなFX手法を公開
10年以上勝てているFX手法を誰でも使えるように詳しく解説しました!とはいっても難しいものではありません♪トレードでも何でもそうですが本質的なものは案外シンプルなものです。いまも手法選び迷っている方、参考にしてみてくだされ。

またいきなり1人で頑張れる自信がないということであれば、ORZもFX指導をしているので良かったら参加してみてください!!

ではでは、次回のFXブログもお楽しみに〜ん_(┐「ε:)_

※最新ブログ更新情報はツイッターでお知らせ!
ツイッターでORZをフォローする(・∀・)

ORZのFX手法を一から学ベるFX道場開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》ではORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

下記のメールフォームから参加申し込みいただくと、ORZから道場入門についての案内メールが届きます!

参加お申し込みフォーム
必須問い合わせ内容
任意具体的な相談内容
必須お名前(ニックネームもOK)
必須メールアドレス
任意ご職業
任意FX歴
任意トレード環境
任意1年間の運用目標

※ORZがメール見てから順番に返信します。お返事に2〜3日かかる時もあるのでゆるりとお待ちください(´ー`)

コメント

  1. takafumi より:

    おはようございます。
    今回の記事も大変勉強になりました。
    パラパラ動画が面白かったです。
    エントリーポイントの判断はじっくりと
    待つことが大切だとわかりました。
    ありがとうございます。

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      takafumiさん、おはようございます!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      エントリータイミング参考にしてもらえたみたいで良かったです^^
      節目付近で急に反転するケースのほうが稀ですし、じっくりと見極めることでエントリーの精度も上がっていきますからね〜

      ぜひ実践トレードでも焦らずに「待つ」ことを意識してみてください♪

      ORZ