トレードの超基礎!「相場環境認識」をちゃんと理解しよう!

食欲の秋、読書の秋、ニートの秋!どうもORZ(おつ)です(・∀・)

今日は初心に帰って相場環境認識についておさらいしていきたいと思います!

環境認識はその名の通り、今の相場状況がどうなってるのか把握すること。トレード前に今の相場がトレンド相場なのかレンジ相場なのか判断するやつですね!

「トレンド・レンジは知ってるよ!」という方も多いかもしれませんが、「なんでトレンド・レンジを判断するのか?」をちゃんと理解してる人は少ないのではないでしょうか(´ω`)?

意外とトレードの中での環境認識の重要性やどういった目的があるのか理解せずにトレードで勝つ方法ばかり身につけようとしてる方も多いかと思います。

特にFXを初めて間もない方だと、上昇トレンドで買う・下降トレンドで売るといったように相場環境そのものがトレードの根拠だと勘違いしてる方も多いはず

これではトレンド・レンジの判断が完璧だとしても、実践では全く結果が出ないなんことにもなりかねません。

FX道場でも環境認識は相場を知る段階として伝授してますが、トレンド・レンジがエントリーするためだと勘違いしてる方もちらほら見かけますからね。

なので今回はトレンド相場・レンジ相場を判断する環境認識について、その役割や重要性、実践ではどんな意識で相場を判断していけば良いのか?みっちり解説していきます(`・ω・´)ゞ

トレンド・レンジなど基本的な事は学んだけどトレードがうまくならない!といった方は是非とも参考にして頂ければと思います!

相場環境認識とは?

相場環境認識は今の相場状況がどうなってるのか把握するというもの。

・目的地へ行くためにはまず自分がどこにいるか知る
・ゲームで敵キャラが強ければ弱点は何かまずは知る
・目標を達成するためにはまずは自分に何が足りないのかは知る

何でもそうですが、何かをするためにはまず現状把握が必要ですよね。

トレードでも同じで買うか売るかどっちが勝ちやすいのか、まずは今の相場状況を把握する必要があります。

いわばトレードの一番最初のステップですね(´ω`)

判断方法はインジケーターを使ったりラインを使ったりと色々ありますが、ORZは移動平均線3本(20,50,100)と一目均衡表のを使って判断しております♪

相場環境認識

詳しくはこちらの記事で解説してるので参考にしてみてください♪
インジケータでトレンド相場とレンジ相場を正しく判断!

相場環境認識の真の役割

で、今回のお話するのはトレンド・レンジの見極め方ではなく、なんでトレンド・レンジを見極める事が大事なのか?について。

トレードするためには「どこでエントリーするか」というエントリーポイントを選定することが必要です。

例えば相場が上昇トレンドだからという勢いだけに任せてトレードすると、ローソク足が少し下落するだけで含み損になったり損切りになったりしますよね。

相場の勢い任せのトレード

こうした高値掴み・安値掴みにならないために、なるべく逆行しないところから仕掛けるという事がトレードでは必須です。

高値掴み・安値掴みについて詳しくはこちら!
脱、高値掴み!FX初心者は『相場の勢い任せ』から抜け出そう(・∀・)

で、この「どこから仕掛けるか」というのは、トレンドで最適なエントリーポイントもあれば、レンジで最適なエントリーポイントもあるように、相場状況によってポイントが異なってきます。

このブログを読み込んで頂いてる方ならおなじみのトレンド押し目戻り目・レンジ高値安値というやつですね♪
FXで『押し目・戻り目』を見極める方法とエントリー判断

押し目買い

エントリーポイントを押し目戻り目に選定するのか、高値安値に選定するのかは今の相場がどういう状況なのかをまずは把握する必要があります。

そのためにまずは相場がトレンド相場・レンジ相場という相場状況の判断をしていくのです♪

これが本来の相場環境認識の目的(・∀・)

【初心者に多い勘違い】相場認識したらエントリー!

んがしかし!

こうした環境認識の目的をちゃんと理解してる人ってなかなかいないんですよね。

特に初心者さんに多いのですが、エントリーポイントを選定せずに『上昇トレンドで買う・下降トレンドで売る』という相場状況そのものを根拠にしたトレードをしちゃってる人は要注意ですね。

相場状況は”今の相場状況”であり”未来の相場状況”ではありません。

もちろん『トレンド相場は一定期間継続する』など相場毎に性質はありますが、これはあくまで可能性の話。その後もその相場が続くという確証はどこにもありません(゜-゜)

例えばゴールデンクロスも、後から上昇トレンドを見ると確認できますが、実際にゴールデンクロスしたタイミングでエントリーしても上昇トレンドにならないことが多いっすよね(´ω`)

ゴールデンクロスで買うと負ける

結果的に上昇トレンドはゴールデンクロスしてるけど、リアルタイムでゴールデンクロスが上昇トレンドになるわけではないということです。

「上昇トレンドで買う」の様な相場状況そのものを根拠としたトレードはほとんどギャンブルであり、勝つことは難しいでしょう(´ω`)

『相場環境認識→エントリーポイント選定→エントリー』という、

「相場環境認識はエントリーポイントを選定するために相場を知るという1つ手前の段階」だということを理解してないとこんなトレードになってしまうのです。

初心者から抜け出すには考え方を変えよう!

ここが、特に初心者さんは気をつけてほしいのですが…

相場状況だけでトレードしてる人は、相場環境そのものを根拠としたトレードが間違ってるということすら気づけてない事が多いです。

上昇トレンドで買うというトレードで負けると、ほとんどの初心者さんは「自分はトレンドの判断方法が下手なんだ」という考えになります。

そしてインジケーターや理論をあれこれ使って、いかに目の前の相場がトレンドかどうか見極めようとするのですがどうにも勝てず、よくある悩みの

「過去相場なら判断できるけど、リアルタイムだとトレンドの判断ができない」
「微妙な相場はトレンドと判断して良いのか?」

など今の相場がトレンドなのかレンジなのか完璧に定義することで躓いてしまうのですね(´ω`)

『相場環境認識→エントリー』だと、トレンドと判断できればトレードできるという考え方なので、相場がトレンドかどうか、0か100かでしか考えれなくなってしまうのです。

トレンドの判断を完璧に定義してしまう

これではどれだけ相場状況を見極められたとしても一向にトレードで勝つことはできません。

特に知識ばかり詰め込んで頭でっかちになってる人に多いかもしれませんね。

まずはここの考え方を改め、

・相場環境認識はエントリーポイントを選定するため
・相場環境認識は今の相場状況を判断できれば問題ない
・『相場環境認識→エントリーポイント選定→エントリー』

ということを理解しましょう!

何事も使い方や目的を理解しなければ、高性能なインジケーターや理論ばかり詰め込んでも活かすことはできないですぞ(・3・)

相場判断に拘らなくても勝てる!

『相場環境認識→エントリーポイント選定→エントリー』

この考え方でトレードできると、判断がおおまかでもエントリーポイントさえ選定できれば利益を上げることはできます。

勝ってる人のトレードを見て「なんでそんなところで勝てるの?」みたいなトレードってありますよね。

あれは未来の相場が読めてるとかではなくエントリーポイント選定ができるからです(・∀・)

例えばORZのFX道場生さんからよくある質問で、

「移動平均線20とローソク足は下向きだけど、移動平均線100は上向き。これは上昇トレンドですか?」というのがあります。

※FX道場では移動平均線3本が上向きだと上昇トレンドだと定義してます。気になる方はこちら!
【真・ORZのFX道場】具体的なFX手法をORZから直接学べます!

この質問も『環境認識→エントリー』=『上昇トレンド→買う』という考え方から来る悩みです。

上昇トレンドと判断できるなら買うというトレードを想定してるからですね。

上昇トレンドの判断

この場合、考え方としては、

相場状況:全体的には上向きだけど、直近の値動きは下落。
トレード:もしローソク足がMA100付近で押し目をつけるなら買う、MA100を抜けるなら見送る。

という感じですね(・∀・)

上昇トレンドかどうかを定義することが重要なのではなく、相場状況を把握して、どのあたりから仕掛けられそうか?を見極めることが重要なのです♪

エントリーポイント選定できれば無敵!

どう判断したら良いかわからないという相場は大まかに判断して、「どこから仕掛けられそうか?」という視点で戦略をたてていくスキルを身に着けていきましょう!

とはいえ、判断しづらい状況の相場だとエントリーポイント選定も難しくなるので、キレイなトレンド相場・レンジ相場という基準を自分の中で持っておき、なるべくキレイなトレンド・レンジに近い相場に絞ってトレードすることをおすすめします。

まとめ

今回のお話をまとめると、

【初心者にとっての相場認識】

『環境認識→エントリー(上昇トレンド→買う)』

相場環境そのものがエントリー根拠になってしまってる。その結果→上昇トレンドかどうかを完璧に定義しなきゃいけないという0か100かで悩んでしまう。

【本来の相場環境認識】

『環境認識→エントリーポイント選定→エントリー』

トレードの中での相場認識は、エントリーポイントを選定するためにまず相場を知るというもの。エントリーポイントが決まればトレードできるので、相場認識はおおまかでも問題なし。

といった感じですね!

今まで相場認識したらすぐエントリーだと考えていた人は是非ともこの機会にトレードを見直していきましょう!

とはいえ、実際にトレードするには他の時間足を確認したり、エントリーポイントを細かく選定したりと色々なスキルが必要です。

こうしたトレード一連を体系立てて、FX道場では細かく指導してるので、興味ある方は覗いてみてください(・∀・)

ORZのFX手法を一から学ベるFX道場開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》ではORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

下記のメールフォームから参加申し込みいただくと、ORZから道場入門についての案内メールが届きます!

参加お申し込みフォーム
必須問い合わせ内容
任意具体的な相談内容
必須お名前(ニックネームもOK)
必須メールアドレス
任意ご職業
任意FX歴
任意トレード環境
任意1年間の運用目標

※ORZがメール見てから順番に返信します。お返事に2〜3日かかる時もあるのでゆるりとお待ちください(´ー`)

コメント

  1. よし より:

    いつも有意義なブログありがとうございます。
    今回のお話はすごく深いですね。自分にも心あたりがあるような。。。
    環境認識をして、上昇トレンドなら、買う方向に考える。が、たとえば、道場で習ったSMAまでかりに押してきたら買うかもしれない。今はそのSMAまで、押しをつける動きをショートも可能(上昇トレンドだけど)。一例でこんなふうに考えたりしますが、これは、環境認識→エントリー思考になりますか?うまく伝わってなかったらすみません。

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      よしさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます♪

      その考え方なら問題ありませんよ〜(・∀・)

      要は「どこから仕掛けれそうか?」という優位なエントリーポイントがどこかを考えることができていれば大丈夫です♪
      実際に上昇トレンドだけで買っちゃうことが問題なだけで、上昇トレンドで買うという目線を持つこと自体は何も問題ありません♪

      ORZ

  2. takafumi より:

    こんばんは。
    エントリーポイントを正しく判断できるためには自己流ではダメで、
    最終的にはスキルのある方から学ぶのが一番かもしれないと思いました。

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      takafumiさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます!

      自己流でも正しく学べば問題ないですよ(・∀・)
      結局正解なんて無いので、ただ買った負けただけでなくどういう根拠があってトレードするのか?根本の部分まで納得できればスキルは身につきますからね!

      ただ遠回りしないためとか、自分だけの視点ではなく他の人の視点も取り入れてみるという点では人から学ぶとより早くスキルアップするかもしれませんね!

      ORZ