市場参加者と同じ所でトレードすべし!勝てるエントリーポイント解説!

皆さんこんばんわ、FXニートORZです(・∀・)

今回はFXで勝ちやすいエントリーポイントについて値動きの仕組みの観点から解説していこうと思います。

このブログやFX道場でも伝授してるように、FXで勝つためにはテクニカル分析やチャートを読み解くスキルが必要ですが、勉強してるうちに相場を難しく考えてしまい、値動きを追いかけることだけに集中しちゃうのはFXあるあるかと思います。

特に真面目な性格の人はテクニカル分析を完璧に身につけることこそが勝つ秘訣だと思い込み、理論やインジケーター武装するものの、実践で勝てないなんて経験があるのではないでしょうか。ORZにもそんな時期があったな…(´ω`;)

FXは簡単に勝てるものではないので身構えちゃうお気持ちはわかりますが、値動きの本質をちゃんと理解してなければいくら難しいスキルを身に着けたところで実践で活かすことはできません。

なので今日はテクニカル的な話から一旦離れて、為替相場の値動きというものを今一度おさらいし、トレードで勝てるエントリーポイントについて解説していきます。

値動きや相場の根本的な仕組みというものを理解していれば、勝てるエントリーポイントを知ることができますし、あっさり利益を上げることができるとORZは思います♪

現に相場にくっついて行くだけというORZの手法でも利益を上げることができてますからね(・∀・)

どれだけFXの勉強をしてもなかなか実践で勝てない!という方はぜひ参考にしてください(`・ω・´)ゞ

FXは”皆と同じところでエントリー”が基本!

まずは利益が出る仕組みを超簡単におさらい。

FXで勝つためには「テクニカル分析を用いて値動きを見極める!」みたいに考えてる人も多いと思いますがもっとシンプルにいきましょう。

利益を出すには人が買うところで自分も買う・人が売るところで自分も売る。これだけです(・∀・)

値動きは買う人が多ければ価格は上昇↗、売る人が多ければ価格は下落↘するように人の売り買いで日々動いてます。

”値動きは需要と供給のバランス”なんて言い方もされますが、このあたりは難しいので初心者さんは、価格は売り買いの多い方に動くとおぼえておけばOK。

であれば、今の相場の中で市場のトレーダーがどこでエントリーするのか?を見極めることができればFXは勝つことができるのです。市場のトレーダーが買うところで買う、売るところで売るだけです。

利益が出る仕組み

テクニカル分析は値動きがどっちに行くのかを見極めるのではなく、市場参加者が売り買いしそうなポイントを見つけていくというのが本来の目的です。専業トレーダー、機関投資家、デイトレーダー、皆勝ててる人はこのポイントを見つけるのが上手なだけで別に値動きが読めるわけではありませぬ(・∀・)

勝てるトレーダーが、ゆっくりな値動きは「市場の皆も迷ってるんだな(´ω`)」とか、急激な値動きの後の戻しは「一気にエントリーして一気に利確したな( ゚Д゚)」という感覚でチャートを見ることができるのは日頃から市場の売買というものを意識しているからでもあります。

もちろん経験を積まなければ身につけることができませんが、勝てるトレーダーの相場観や裁量はこの感覚でチャートを見ることができるかどうかが特に関係してるとORZは思います(・∀・)

FXで勝てない人は値動きを追いかけることにこだわりすぎ説

ただ勝てない人はテクニカル分析を勉強しているうちに、値動きの本質を忘れてしまい値動きを見極めようとしがちです。その結果値動きを見極めるために余計に難しく考えてしまうのですね(´ω`)

もちろんトレードにおいて知識やスキルは必要ですが、それだけで頭でっかちになるとどうやって価格が動く方を予測するのか?という考え方になっていきます。ORZにもそんな時期があった…

値動きを追いかけるだけ

値動きを追いかけるという意識になってしまってるため、知識やスキルも間違った使い方のまま身についてしまいます。

例えば、本来テクニカル分析は「今は相場が上がってるよ〜」という事実を教えてくれるだけのものなのに、「買うタイミングだよ〜」というサインではありません。「インジケーターが上昇を示してるから買う!」なんてトレードは初心者さんにありがちですよね。

そしてトレードで勝てないと、より完璧に値動きが読めるインジケーターや手法を探すという、値動きを見極めることばかりにハマっていくのです(´ω`)

ただ冷静に考えてみると、プロのトレーダーが「インジケーターが上向いてるから・上昇トレンドだから」という理由だけでトレードするはずが無いですよね。

市場の他のトレーダーはエントリーしてない所で自分だけエントリーしても思い通りに価格が動くはずが無いですし、思い通りに動かないので勝てるはずがありません。

「エントリーしても絶対逆行する」という人は値動きを追いかけるのではなく、自分と同じところで市場のトレーダーもエントリーするのか?という視点で客観的に見る意識を持つとテクニカル分析をより活用していけるかと思います。

市場の売買を考える

このテクニカル分析の本質というのは動画で解説してみましたので、いくら勉強しても勝てないという人はこちらも是非参考にしてください(`・ω・´)ゞ

市場参加者が買う所・売る所とは?

ここまでのお話をまとめると、FXは今の相場状況で市場のトレーダーたちはどこでエントリーするのか?ということを判断できれば勝てるという感じですが、、、

この市場のトレーダーがエントリーするところは正直ORZもどこなのかはっきりとはわかりません(・∀・)b

ただ、相場では比較的売り買いが集まりやすいポイントがあり、トレンド相場では押し目戻り目・レンジ相場では高値安値になります。このブログではもうおなじみですね♪

相場で意識されるポイント

もちろん他にも売り買いが集まりやすいポイントはありますが、押し目戻り目&高値安値一番シンプルなので初心者さんにはオススメです。

なんで押し目戻り目&高値安値なのか?

市場のトレーダーはなるべく安く買って高く売りたい、高く売って安く買いたいのが基本的な市場心理なので、自ずと押し目戻り目に注文は集まりやすくなります。

大口投資家は逆張りを仕掛けてくるとか難しい話も聞きますが、見極めようとしたところで完璧に見極めることはほぼ不可能なので気にしすぎなくてもいいとORZは思いますね(˘ω˘ )

また、”押し目戻り目が勝ちやすいということがトレーダー達の間で常識のようなものになってるから注文が集まりやすい”ということも言えます。

FX初心者さんがチャートをみても、今の価格が割安なのか割高なのかは判断できません。ただ割安割高が判断できなくても、トレンドの押し目戻り目が勝ちやすいということを知っていれば、テクニカル分析を用いて押し目戻り目でエントリーします。

”勝ちやすいと言われてるから押し目戻り目を狙う”という人の注文も集まってくるということですね。

こういった市場心理から押し目戻り目&高値安値は注文が集まりやすく、エントリーポイントとして最適なのです♪

注文が集まる仕組み

・FXで勝つには市場の注文が集まりやすいところでエントリーする。
・市場の注文が集まりやすい場所は押し目戻り目&高値安値。

本やネットでも言われてる基本的な事だと思いますが、自ら難しく考えて負けてしまうのが人間という生き物。というか人間の脳のスキを突くかのようにFXはうまく出来てるなとつくづく思います…( ’ω’)

ちょっと哲学チックな話になりかけましたが、市場の注文が集まるポイントという意識をもってチャートと向き合っていきましょう(`・ω・´)ゞ

勝つためには目線を市場のトレーダーと合わせることが大事

最後に市場の注文が集まりやすいポイント(押し目戻り目・高値安値)はどうしたら見つけられるか?というお話。大事なのは市場のトレーダーと同じ目線で相場を見るという意識を持つことです。

この同じ目線を持つために大事なこと事を3つお話します(・∀・)

まずは相場状況について正しい知識を持つこと。

仮に押し目戻り目を理解してても、トレンド相場じゃない相場をトレンド相場と判断してしまうと根本の相場観からずれちゃうのでトレードはうまくいきません。他のトレーダーがトレンドと判断しない相場を自分だけがトレンドだ!と高らかに宣言していても意味がないということです。

なので初心者さんや全くトレードに勝てないという人は、一度基本に戻ってトレンド相場とは?レンジ相場とは?というところを見直していきましょう(`・ω・´)ゞ

2つ目に、インジケーターもなるべく使われてるものを使うこと。この理由からORZは世界で一番使われてる移動平均線を使って相場状況の判断をしています(・∀・)

特殊なインジケーターを使ったところで、自分だけしか使ってないとなればそのインジケーターは優位とはいえません。

もちろん他のインジケーターでも市場と同じ目線を持つ事ができれば問題ありませんが、そのためにはまずちゃんと理解してから使う必要があります。移動平均線ならそこまで難しくないですし、初心者さんにもおすすめですね♪

移動平均線については動画でも解説してるので参考にしてみてください(`・ω・´)ゞ

3つ目に、相場は大きい時間足のほうが意識されるという意識を常に持つこと。5分足よりも1時間足、1時間足よりも日足と時間足は大きいほうが方向性や価格帯が意識されます。

これには色々な理由がありますが一番は、資金力のある大口のトレーダーや企業、銀行などが5分足とかあまり見ず、より大きな時間足をみて値動きを判断するからです。

で、この資金力のある市場参加者が大きい時間足を見ているという意識があることで、個人トレーダーも大きな時間足を意識する、というメカニズムになってます。

時間足

細かい値動きはエントリー・決済判断で見たとしても、必ずトレード全体を考える時は1時間足や4時間足をベースにしていきましょう!

大きい時間足の流れを意識してトレードしていくにはマルチタイムフレームといった複数時間足をみてトレードを考えるすきるを身につける必要があります(`・ω・´)ゞ

市場のトレーダーと同じ目線を持つために
・相場状況について正しい知識を持つ
・よく使われるインジケーターを使う
・相場は大きい時間足のほうが意識されるという意識を持つ

まとめ

今回の様はお話は実際にトレードで勝てるようになってくるとなんとな〜く理解してくるものでもあるので、最初はなかなか理解しづらいかもしれません(´ω`)

ただもしテクニカルで迷った時、混乱した時は「市場のトレーダーと同じところでトレードする」という根本的な仕組みにもどってチャートと向き合ってみてください。

FXの知識やスキルは人が売り買いするポイントを見つけるため、という意識を持つだけでも無茶なトレードはなくなりますし、冷静にチャートを見ていくことができるのでは無いでしょうか♪

また、自分の考えや知識が市場と同じなのか?なんてお悩みの方や、市場と同じ目線を効率よく身につけたい!というかたはORZのFX道場でも基礎の基礎から現役トレーダーのORZが伝授してますので、ぜひご参加ください(・∀・)bグッ

ではでは次回のブログもお楽しみに((((((っ・ω・)っブーンッ

ORZのFX手法を一から学ベるFX道場開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》ではORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

下記のメールフォームから参加申し込みいただくと、ORZから道場入門についての案内メールが届きます!

※ORZがメッセージを見てから返信しますので2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

参加お申し込みフォーム
必須問い合わせ内容
任意具体的な相談内容
必須お名前(ニックネームもOK)
必須メールアドレス
任意ご職業
任意FX歴
任意トレード環境
任意1年間の運用目標

コメント

  1. 林優 より:

    みんなと同じ所でエントリーできているか考えると言う考えはなかったです。これからはエントリーする時に考えます。
    最近夜涼しいですね。

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      林さん、こんばんは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      たしかに意識していないとつい忘れてしまいがちな視点ですよね〜

      ぜひ今後のトレードで意識してみましょう( ´ ▽ ` )ノ

      ORZ

  2. フキラウ より:

    お疲れ様です。

    ハッとさせられる話でした。
    エントリー根拠を探すうちに、複雑に考えてしまいます。
    自分の型が出来てないってことですね。

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      フキラウさん、お疲れ様です♪
      コメントありがとうございます(・∀・)

      エントリーはいろんなことに気を遣うせいで、勉強を進めるとドンドン深みにハマってしまいがちですが(笑)

      結局、どのインジケーターやテクニカル分析も「市場で意識されている節目」を見つけるための手段でしかないですからね〜

      本質を見失わないように、日々相場分析していきましょう( `・∀・´)ノ

      ORZ

  3. takafumi より:

    おはようございます。
    説明も画像もとてもわかりやすいですね。
    シンプルでこれだけでも勝てるような気がします。
    ありがとうございます。

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      takafumiさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      記事も参考にしてもらえたみたいで良かったです!
      ぜひトレードにお役立ててもらえればと思います^^

      ORZ