テクニカル分析の基礎、ダウ理論を知れば負けトレードが少なくなるお!

皆さん、こんにちは!
今日も相変わらずニートやってます。ORZです(・∀・)

今回のFXブログでは、テクニカル分析の基礎である「ダウ理論」についてご説明します(´ー`)

ダウ理論は相場に対する根本的な意識を唱えた理論ですね!

「理論」と言うと仰々しいんですが、なんてことはなく、相場(チャート)ってこうゆうものだよねと定義してくれているだけですお(・∀・)

とは言え、この基本がわかっていることがトレードの勝ち負けを左右することにもなりますので、ぜひ知っておきたい基礎知識ですな!
トレンド相場の画像

例えば、上の画像はいつぞやのユーロ円1時間足チャートですが、ダウ理論を知っていればどちらの方向へと動きやすいのか?どのあたりでポジションを建てれば期待値を上げていけるか?

といったチャートから分かる基本的な情報を、スススッと分析できるようになります♪

しかし、ダウ理論は株価に対しての理論だったり、100年以上前に言われていることですので、基本はおさえつつも現代のFX(為替)に置き換えて考える必要があると思うので、ここではORZの考えとミックスして解説しております(・∀・)

FXってどこでトレードすればいいのか全然わらないんだよね、って感じの初心者さんから、ダウ理論勉強したけど忘れたわっていうベテランさんまで、FXをトレードするなら必要不可欠な基礎知識だと思うので、ぜひぜひ見ていってくださいな(´∀`)

 

そもそもダウ理論ってなんですの?

FXをトレードしている方ならアメリカの「ダウ平均株価」「ウォール・ストリート・ジャーナル」という言葉は、一度は聞いたことがあると思いますが、これらを開発・創刊したのがチャールズ・ダウさん、という人物で、このダウさんが唱えた相場に対する理論が「ダウ理論」です!

ちなみにチャールズ・ダウさんはこんなお方(画像ひだり)
チャールズ・ダウのイメージ

ヒゲだけ見るとトイプードルに見えてくるよ(・∀・)ラーメン食べづらそうだね!

この立派なヒゲからも伝わってくるかと思いますが、金融業界にとってかなり偉大な人物です♪

そしてこのお方が唱えたダウ理論は以下の6つの基礎から構成されています。

1.相場の値動きは全ての材料を織り込む
2.相場のトレンドには3つの波がある
3.トレンドは3つの段階を形成する
4.トレンドは複数の指標によって確認されるべき
5.トレンドは出来高にでも確認されるべき
6.トレンドは明確な転換シグナルまで継続する

このように、ダウ理論は主に「トレンド」についての理論になっているんですよね(´ー`)

ダウ理論を学ぶ = トレンドについて学ぶといってもいいかも知れません♪
トレンドの基礎が分かれば、相場の方向性がだいぶ読めるようになるので勝率も上げていけるはず!

というわけで1つ1つ見ていきましょう^^

ダウ理論の基本。1.相場の値動きは全ての材料を織り込む。

ダウ理論の根底には市場価格は全ての事象を織り込んでいるという考えがあり、これはつまり市場価格(チャート)の値動きは各国の経済状況や政策金利、更には自然災害や戦争など、価格が変動するあらゆる材料の表れである、という考えです。

そもそも「相場の値動き」というものは「通貨の価値」の変動であり、基本的には投資家たちの買いたい売りたいという需要と供給のバランスで動いています(・∀・)

簡単なイメージとては身の回りのモノの価格と一緒ですね!
買いたい人がいっぱい増えれば、価格は上がっていき、売りたいモノが増えれば価格は下がっていきます。

そして各国の経済指標や政策金利は、その国の世界的な信用や、金利による需要に直結するので当然、為替の値動きにも影響しますし、中央銀行・政府の発言や自然災害、戦争などによっても価格の変動が起こるわけです(´ー`)

例えば最近のドル円相場はこんな感じで値動きしています!

【ドル円相場 1時間足】
USDJPY_1h_0726

これを踏まえた上で『相場の値動きは全ての材料を織り込む』という理論は何を言っているのかと言うと・・・

相場の値動きの正体は、こうした価格が変動するあらゆる「材料」によって投資家心理が影響を受け、その投資家たちが行った取引の『結果』である。という事です^^

つまり、チャートには全ての値動きに影響する材料がすでに反映されているので、今後の値動きを予測するためにはチャートを分析するのが重要であるって感じですね!

これはテクニカル分析の元となった理論です^^

自分が実際にトレードする際に経済指標などのファンダメンタルズ分析をあまり気にしない理由もこの理論にあてはまります(´ー`)

ファンダメンタルズを完全無視しているわけではないですが、大きなニュースや指標発表時には価格が動いた後に分析して乗っかればいいと考えています。

ダウ理論を知ると、トレンド相場が見えるようになる!

第一の理論でチャートを分析するのが大事やでってことでしたので、当然その他の5つの理論もチャートについて、特にトレンドについて説いてます。

ここでダウさんが考える「トレンド」についてちょっと見ていきたいと思います♪

ダウ理論では、トレンドについての定義があり、重視しているのは高値・安値の切り上げ・切り下げです(´ー`)

トレンドの定義

・高値、安値が両方とも切り上げていくことで上昇トレンドとなる
・高値、安値が両方とも切り下げていくことで下降トレンドとなる
・高値、安値の切り上げ、切り下げが逆転することでトレンドの転換となる

画像で見てみましょう↓
ダウ理論の高値・安値切り上げの図

高値、安値が切り上がっている赤いライン部分が上昇トレンド、四角で囲ってある部分で高値が切り上げらられず、安値が切り下がっているので転換、そのあとの青いラインは高値、安値が切り下がっているので下降トレンドと判断するというわけです(´ー`)

ダウ理論では、直近の「高値」「安値」がトレンドの判断材料になり得るので、こうした高値・安値付近が売買のサインとして意識される事が多くなります。

それではダウさん的なトレンドの定義がわかったところで、その他の理論を詳しくみていきましょう♪

2.相場のトレンドには3つの波がある

ダウ理論では以下の期間でトレンドを分類をしています。

1年から数年続く「長期・メイントレンド」
数週間から数ヶ月程度の「中期・二次トレンド」
1時間から数週間の「短期・小トレンド」

分かりやすく画像にするとこんな感じでしょうか。

ダウ理論の3つの波

黒い長期的な上昇の流れの中に、赤い上昇トレンド青い下降トレンドを持つ中期の流れ、そしてその直線1つ1つにも短期的な赤い矢印の上昇トレンド・青の下降トレンドが内包されているわけです。

一言でいうならばマルチタイムフレームですな(・∀・)
→FX初心者の鬼門。マルチタイムフレーム分析を身に着けよう!

相場は基本的にフラクタルな構造をしているので、切り取る時間によってどこをどの期間にもできちゃうから1年だから長期とか、そういうのは覚えんでも良いのですが、チャートには長期・中期・短期という3つの流れがあり、それを意識するというのは非常に重要ですね(・∀・)

なぜかというと、例えば5分足(短期)が下降トレンドだからという理由だけで売りポジションを持ってしまうと、下の画像のように中期的な上昇トレンドの「戻り」なだけかもしれないので、こういうところでトレードしてしまうと勝率を下げてしまうんですよね!

FX_dau_5


FX_dau_4

FXでトレードする際は、常に自分がどの波に沿ってトレードしているのかを意識することが重要ってわけですな♪

短期なら、中期的な流れに飲み込まれる前にチャチャッとエントリー・決済を行ったり、長期を狙っているなら多少の戻りは気にしないでポジションを長く保有できるようにロット調整したりしましょう(・∀・)

3.トレンドは3つの段階を形成する

この理論はトレンドの構成要素の話って感じですね!

ダウさんはトレンドは先行期・追従期・終焉期という3つの段階があると説いています。
明確に先行期・追従期・終焉期という名前ではないですが、だいたいそんな意味ですのでここではこれでいきます(・∀・)

先行期では、クソ上手い投資家が仕掛ける時期で、後から見て天井・大底になる部分のことです。

追従期は色々な投資家がこの流れに乗りたいと考え、乗っかってくる時期でトレンド真っ最中の部分。

終焉期は先行期で仕掛けた投資家の利食い場所で、トレンドの終わりの部分です。

ダウ理論トレンドの構成要素

もう少しファッションとか身近な感覚で考えると分かりやすいかも。

トレンドというのはその言葉通り、ブーム(流行)のことですので、まずはイケてる人たちが先取りし、そのあと流行に敏感な人〜普通の人がどんどん追従して、みんながブームだ!ってなっている時には、イケてる人たちは次のトレンドを追っているって感じですね(・∀・)

こう書くと、みなさんイケてる人(クソ上手い投資家)を目指そうとしますが、ぶっちゃけ天底捉えらえる人は希少種だと思ってます♪
しかも、リターンが大きいですが、先が見えない中での先行投資ですので当然リスクが大きくなります。

FXは大きく利幅を取るのを競う競技でもないですし、ORZ的には流行を後乗りで乗っけてもらい、終焉がくる前にサササッと売りぬけるくらいのが良いと考えてますね(・∀・)実際そうしてますし。

ORZの普段のトレードはこちらを参考

ま、逆張りが得意な人もいますし、トレードスタイルに合わせるべきだとは思いますが、こんな感じでトレンドの構成要素がわかっていると、戦略的にトレードを考えられるようになるかと思います^^

6.トレンドは明確な転換シグナルまで継続する

4.トレンドは複数の指標によって確認されるべき
5.トレンドは出来高にでも確認されるべき

この2つの理論は、ダウ理論が「株式投資」の理論なので、FXだとちょっと当てはまらない部分かなと思いますのでスルーしてもOKだと思ってます(´ー`)

というわけで、ここからは「6.トレンドは明確な転換シグナルまで継続する」の解説!

先ほど書いた通り、トレンドというのはその言葉通り、投資家の間で買いor売りがブーム(流行)になっているということですので、慣性の法則のごとく基本は「続いていくもの」です(・∀・)

ダウ理論の6

ORZが順張り(トレンドフォロー)をするのもこの理論の通りですな。
上の画像のように、ちょいちょい戻ってくることはありますが(赤丸の部分)、そこは気にせずにトレンドに乗っかって利益を引っ張る方がお得だと考えてます。

何かしらのキッカケでトレンド(ブーム)になっているわけですから、その要因が否定されたり、ブームに乗ってた投資家たちが満足して決済するまでは続いていくと考えられますからね♪

んで、その「転換のシグナル」はどこなのかというと、ダウさん的には先ほどのトレンドの定義が崩れたところであると唱えています(・∀・)

トレンドの定義
・高値、安値が両方とも切り上げていくことで上昇トレンドとなる
・高値、安値が両方とも切り下げていくことで下降トレンドとなる
・高値、安値の切り上げ、切り下げが逆転することでトレンドの転換となる

ちなみにORZ的には、FXのチャートは株式よりも流動性が高くもっとなだらかな値動きをするものだと考えているので、高値安値の切り上げ・切り下げよりも移動平均線で平均値を重要視していますね(´ー`)

その辺の話はこちらをどうぞ
→たった3本で14年間FXで稼ぎ続けた。移動平均線の活用方法

ダウ理論はあくまでチャートの基本を提唱したもの

ここまででダウ理論の6つの基本理論を解説してきましたが、トレンドの定義とか各理論をそのまんま当てはめて考えるのではなく、FX用に、しかも自分自身のトレードスタイルなどに合わせて考えることが大事なのです(´ー`)

とはいえ、トレンドの構成要素や3つの波とか、トレンドがどこまで続くのか?みたいなチャートの基本はその通りだと思いますので、これを知っているだけで1つレベルの高いトレードが可能になるのではないでしょうか♪

トレンド相場の画像

冒頭のユーロ円1時間足の画像ですが、ダウ理論を知った今なら

・1時間足のチャートでは高値・安値を切り上げているので上昇トレンドである
・基本的にトレンドは続くものなので上方向へ推移する可能性が高いか?
・ただ、もっと長期の日足の単なる戻しの一部分か?となるとトレンドの終焉部分か?

などなど、トレードを戦略的に考えられるようになったのではないでしょうか!

今回はあくまでダウ理論そのもののお話だったので、お次は実戦トレードでどんな感じでダウ理論を使っていくのか?
ってところを書いていこうと思います(・∀・)

追記:ダウ理論エントリー手法編、完成しました〜

ダウ理論を応用したデイトレード手法!基本から分かりやすく解説してみた
読者の皆さま、こんばんは^^ 好きな言葉は「中の上」ORZ(おつ)です! 今日のFXブログは、第一回ダウ理論の解説から時間経っちゃいましたが、第二回!ダウ理論解説です(・∀・) 今回はORZがいつも実戦で使っている「ダウ理論...

それでは次のFXブログもお楽しみに♪

 

※最新のブログ更新情報をメールでお知らせしてます!
更新情報を受け取る!

ニートがゆる〜く運営中!FX道場でサポートします(´ー`)

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》では
ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、
実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でもご参加いただける企画になっていますので、
興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

真・ORZのFX道場で学べる6つの極意とは?

参加ご希望の方は下記のメールフォームから申し込みしていただくと、
ORZから道場入門についての案内がメールで届きます^^

※ORZがメッセージを見てから返信しますので
2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

参加お申し込みフォーム
必須問い合わせ内容
任意具体的な相談内容
必須お名前(ニックネームもOK)
必須メールアドレス
任意ご職業
任意FX歴
任意トレード環境
任意1年間の運用目標

メールアドレスお間違いなければ、こちらにチェックを入れて送信じゃ〜(・∀・)♪

コメント