勝てるFXトレーダーの真髄【ORZのFX道場3.0】

FXの経験問わず、『5つの極意』と『1対1のメールサポート』でプロニートORZが徹底的に“勝てるFXトレーダー”へと成長させます。

詳細をチェックして無料で申し込み!

インジケーター使ってトレンド相場とレンジ相場を判断してみた

こんにちは!孤高のニート星人ORZ(おつ)です(・∀・)

今回はFXトレードをする上で、基本の”キ”とも言える「相場状況(トレンド・レンジ)の判断」をテーマに記事を書いていきたいと思います^^

FXを始めたばかりの方は、相場状況なんて言われても「一体なんのこっちゃ?」という感じだと思いますが・・・安心してください!はいてまs・・・

相場状況って基本的には、トレンド相場とレンジ相場の2パターンしかないのです(・∀・)

(転換相場とか定義できない謎の相場もありますが、そういった場面ではそもそもトレードしないのでまずはトレンド・レンジを判断できればおk)

今日はそもそも相場状況とは何なのか?相場を判断できるとどんないいことがあるのか?というところから、インジケーターを使った具体的なトレンド相場・レンジ相場の判断方法まで、イチから解説していきます!

インジケーターはORZが長年愛用している『移動平均線(20・50・100)』『一目均衡表』を用いるので、こちらも合わせて読んでみると分かりやすいかと思います(o・∀・)ノ

たった3本で15年間FXで稼ぎ続けた。移動平均線の活用方法
一目均衡表は「雲」に注目!その理由・活用方法とは?

相場状況を正しく判断できればこそ、根拠のある戦略が立てられます!
すでに知ってるよって方も、復習がてら参考にしてみてください(`・ω・´)ゞ

相場状況って、そもそもなんですの?

相場状況とは、その名のとおり相場がどんな状況にあるかのことで、その状況を値動き(ローソク足)の特徴やインジケーターなどを駆使して把握することが「相場状況の判断」ということです!

相場には大きく分けて2つの状況があるので、まずはこの2つをしっかりと覚えていきましょう(´ー`)

1つ目は通貨ペアの力関係がどちらか一方に傾き、「上がり続けてる」または「下がり続けてる」といった状況のトレンド相場です。

2つ目はトレンド相場とは反対に、通貨ペアの力関係が持ち合い、方向性がない状況のレンジ(持ち合い)相場です。

トレンド相場・レンジ相場のイメージは下の画像のような感じですね。

トレンド相場とレンジ相場のイメージ

通貨も身の回りの物価などと同じで、基本的に買いたい人(需要)が増えて、売りたい人(供給)を上回れば価格は上がっていきます。逆に売りたい人が増えて、買いたい人を上回れば下がっていきます。

トレンド相場は、ある通貨を買いたい(もしくは売りたい)人がたくさんいるという状況なので、天秤が一方に傾き、更にその値動きに乗って利益をあげようとする傾向が強くなり、相場はどんどん高値や安値を更新していきます。

反対にレンジ相場では、買いたい人も売りたい人も同じくらいで、天秤が釣り合っているような状態になるので、値動きは方向性がはっきりせず、高値・安値を更新しないで、ある一定の価格帯を上がったり下がったりするというわけです。

相場を判断することのメリットやいかに

では、それらの相場状況を判断できるようになると何が嬉しいのかというと、各相場状況に適した戦略が立てられるようになります(`・ω・´)ゞ

FX初心者あるあるですが、グイグイ上がり続けてる相場なんかを見て「とりあえず飛び乗っときゃ勝てるっしょ」みたいに安易に考えてトレードしてしまいがちです。

そして、これが案外当たったりすることもあって、FX楽勝〜ってノリだけで続けていくと当然ラッキーパンチが当たり続けるわけもなく、例外なく負けトレーダーへの仲間入りを果たしてしまうというわけなんですね(・∀・;)

相場を正確に捉えられれば、避けるべき相場では期待値の低いトレードを回避することができます。

さらには、トレンド相場やレンジ相場を認識したうえで、その中でもリスクを抑えつつリターンが大きく見込める、いわば期待値の高いポイントで勝負していけるようになるってわけなのです(・∀・)!

とはいえ、なかなかイメージ湧かない方もいらっしゃるかと思うので、具体例としてこちらのトレード解説記事をご参考にしてみてください。

トレンド相場で押し目買い60pips狙ってみた(・∀・)っ
レンジ逆張りは”節目の重なり”に注目!!逆張りトレードで40pips狙う

それでは、いよいよ具体的な相場の判断方法について解説して行くとしましょ〜

具体的なトレンド相場の見極め方法!

初心者の方はこちらの動画から見てもらえると、全体像を理解した上で学習を進められるかと思います♪

YouTubeでも好評配信中

まずはトレンド相場を見てみましょう。
トレンド相場の判断は以下の3つのポイントを順番に見ていくとバッチリと判断できます^^

  • ① 移動平均線3本(期間2050100)がクロス
  • ② 移動平均線3本(特に移動平均線100)が上下どちらかに傾いている
  • ③ 一目均衡表の上昇雲or下降雲が形成されている

これらのインジケーターの法則が揃うと、まごう事なきトレンド相場と判断できるのです(・∀・)

百聞は一見にしかずということで、実際のチャートを見てみましょう。

どう見ても右肩上がりのチャートなので、パッと見で上昇トレンドと判断できるかもしれませんが、インジケーターを根拠に細かく分析していくと、

画像左側で、まず移動平均線(SMA)20・50・100がそれぞれゴールデンクロスしています。
更にゴールデンクロスと同時に一目均衡表が下降雲(青雲)から上昇雲(赤雲)に切り替わり、上昇を示唆しています。

この時点で「これから上昇トレンドが発生するかも・・・」と考えられますが、まだ明確な上昇トレンドと断定するのはちょっと早いのです。

このあともみ合うような展開になることも全然ありうるので、もうひと押しの判断材料として、移動平均線3本(特に移動平均線100)がしっかり傾いてからトレンドと判断するようにしてるってわけです(・ω・)

この判断方法はローソク足がある程度上がってきてから上昇トレンドと判断することになるので「もっと早く判断してエントリーしないともったいない!」と感じるかもしれません。

がしかし、トレンド発生の初期を捉えるのは逆行リスクが高いし、トレンドというものは基本的に「継続するもの」と考えらえるので、じっくりと判断を待ってからでも遅くないとORZは考えているのです。

1回のトレードで何百pipsも狙う必要はないですし、トレードする目的は『最終的に勝ち越すこと』なので、目先の利益を求めて期待値の低いトレードはしないよう心がけていきましょう!

トレンド相場をしっかり判断できるようになったら、『トレンド相場での仕掛け方』を解説したこちらの記事も読んでみてください(`・ω・´)ゞ

FXで『押し目・戻り目』を見極める方法とエントリー判断

レンジ相場の見極め方法!

次にレンジ相場の具体的な判断方法をご紹介していきます(´ー`)
こちらも動画を用意しているので、よかったら先にご覧ください♪

YouTubeでも好評配信中

レンジ相場の判断で注目すべきところは以下の4つのポイントです。

  • 移動平均線100が横ばいで方向感があまり無い
  • 高値安値で反発し一定範囲内をウロウロしている
  • 上昇雲下降雲の転換を繰り返している
  • ④ ローソク足が移動平均線・雲を抵抗とせず、すぐに抜けている

レンジ相場では、通貨の力関係がもち合う形となっているため、移動平均線のゴールデンクロスもデッドクロスも、雲の抵抗も効果が薄くなります。

これらの条件が揃うと明確なレンジ相場だと判断することができますが、基本的にレンジのサインは順不同で現れます(´ー`)

ただトレンド相場の判断は移動平均線100の傾きがキーになっているので、レンジ相場を判断する際には移動平均線100が横ばいであることはしっかり確認しておきましょう。

てことで、実際のチャートのレンジ相場を見てみましょう。

先ほどのトレンド相場と違い、SMAと雲とローソク足が絡みまくっててごちゃごちゃした印象を受けますね^^;

リアルタイムで判断するとなると上の画像の場合は、安値→高値→安値・・・と来たあたりでレンジ相場だと判断できるでしょう(´ー`)

レンジ相場と判断したら価格の反発ポイント(高値or安値)を目安にエントリーすることができます♪

レンジ相場でのより詳しい仕掛け方については、こちらの記事にまとめてあります。

レジサポラインの引き方と手法3段活用!

分かりやすく高値・安値で反発しているレンジ相場を、特に「ボックス相場」なんて読んだりしますが、ボックス相場では逆張りトレードでウハウハできる可能性が高まりますヽ(•̀ω•́ )ゝ

上の画像では高値から安値の間が300pips弱あるので、反発を確認したあとに仕掛けたとしても100pips以上は取れそうですよね(・∀・)ウハウハ

てなわけで、以上が相場状況を把握する具体的な方法でした。

まとめ

さて今回はORZ流の『インジケーターを用いた相場の判断方法』について解説してみました。

トレンド・レンジの判断ポイントをおさらいすると、

トレンド相場

  • ① 移動平均線3本(期間2050100)がクロス
  • ② 移動平均線3本(特に移動平均線100)が上下どちらかに傾いている
  • ③ 一目均衡表の上昇雲or下降雲が形成されている

レンジ相場

  • 移動平均線100が横ばいで方向感があまり無い
  • 高値安値で反発し一定範囲内をウロウロしている
  • 上昇雲下降雲の転換を繰り返している
  • ④ ローソク足が移動平均線・雲を抵抗とせず、すぐに抜けている

てな具合でしたね(・∀・)!

トレードに慣れてくるとおろそかになりがちな部分ですが、相場状況によって仕掛け方も変わってくるので、相場分析を正しくおこなうことはトレードの非常に重要な部分となります。

ここでつまづいてしまうと、その後いかに立派な戦略を立てたとしてもうまくいかなくなってしまうので、毎度気を引き締めてやってきましょう。

今回は初心者の方にもわかるように噛み砕いて解説したつもりですが、FX道場の方ではさらに詳しい解説や、課題を解いたり添削を受けながら理解を深めていくことができます。

一人ではなかなか不安だってかたはぜひFX道場へのご入門もあわせてご検討してみてください(`・ω・´)ゞ

それでは次のFXブログもお楽しみに♪

ORZのFX手法を一から学ベるFX道場開催中!!

アップデートによってさらなる進化を遂げたFX指導企画《真・ORZのFX道場3.0》では、ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

楽しくスムーズに学習を進め、きちんと理解を深めていただくために、道場生さんしか見れない特別な解説動画も設置!

FX初心者・未経験者の方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

下記のメールフォームから参加申し込みいただくと、ORZから道場入門についての案内メールが届きます!

参加お申し込みフォーム

※このメールフォームからお申し込みいただくと、ORZがメールを見てから順番に返信するため2〜3日かかる場合がございます

「さっさと入門したいぜッ!」という方はこちらからどうぞ→【早く道場へ入門したい方用のお申し込みフォーム】(自動対応)

必須問い合わせ内容
任意具体的な相談内容
必須お名前(ニックネームもOK)
必須メールアドレス
任意ご職業
任意FX歴
任意トレード環境

※返信が来ない場合は
①アドレス間違い
②迷惑メールに届いちゃってる
等の可能性がありますのでご確認お願いします。

ORZからの返信が届かない場合は、お手数ですがGmailで再度お試しください(・∀・)

ORZTube(・∀・)にてタメになるFX動画配信中!

YoutubeでもFXの勉強ができる動画を随時更新ちう(´ω`)

どれもわかりやすく簡潔に解説しているので、片手間に楽しくFXのアレコレを知ることができる動画をたくさんご用意しております!

下記のページにてオススメ動画をランキング・ジャンル別に分けて紹介しているので、興味のある方はCheck(σ・∀・)σ

→FX動画まとめ!人気ランキングもあるお(・∀・)

今すぐYoutubeへGoしたい方はコチラ〜!

コメント

  1. FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

    昆布茶さん、こんにちは!
    コメントありがとうございます(・∀・)

    たしかにクロス円の日足は、いずれも年始の暴落時の価格あたりが直近の最安値になっていることからも、一旦底をついて跳ね返ってくる可能性は十分に考えられますね。

    また中期的な視点では一旦深めの戻しが入ることも考えられるので、SMA100などの深い戻しを待つか、そこまでの戻しの動きを狙うのもありだと思いますよ〜

    今週もモロタできることを祈っております!

    ORZ

  2. FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

    takafumiさん、こんにちは!
    朝早くのコメントありがとうございます(・∀・)w

    動画もご視聴いただけたみたいで嬉しいです!
    また時間ある時にレンジverの動画なども作るつもりなので、楽しみにしていてくださ〜い♪

    ORZ