ダウ理論を応用したデイトレード手法!基本から分かりやすく解説してみた

読者の皆さま、こんばんは^^
好きな言葉は「中の上」ORZ(おつ)です!

今日のFXブログは、第一回ダウ理論の解説から時間経っちゃいましたが、第二回!ダウ理論解説です(・∀・)

今回はORZがいつも実戦で使っている「ダウ理論を応用したデイトレード手法」について書いていきたいと思います。

やはり、理論とかを知っていてもそれを実戦で使いこなせなければ、あんまり意味ないですからね!

読んでくれた方がこの手法を実戦トレードで使っていけるように、詳しく解説しますYO(・∀・)YO

そもそもダウ理論ってなに?という方は前回の第一回ダウ理論解説をご覧ください。

 

ダウ理論はテクニカル分析の基礎となっているものですし、FXをトレードしていくには割と必要不可欠なんですが、いきなり「〜理論」と聞くと堅苦しくて拒否反応がでてしまう方もいるかと思います・・・

安心してください!ORZもです(・∀・)

ここでは堅苦しいのは抜きにして書いていきますし、ぶっちゃけ実際のトレードで使えれば元の理論をそこまで知らんでもOKですので、理論とか拒否系の方もぜひ参考にしていただければと思います^^

ダウ理論のおさらい

とは言え、ダウ理論について全くの0知識では流石に何言ってるのか分からないと思いますので、ちょっとおさらいです。

偉大なダウさんが提唱したダウ理論は主に相場の『トレンド』について定義したもので、次の6つから構成されています。

1.相場の値動きは全ての材料を織り込む
2.相場のトレンドには3つの波がある
3.トレンドは3つの段階を形成する
4.トレンドは複数の指標によって確認されるべき
5.トレンドは出来高にでも確認されるべき
6.トレンドは明確な転換シグナルまで継続する

4,5に関してはFXでは中々応用できる場面がないのでORZ的にはスルーしても大丈夫だと考えております。

3に関してもどの段階か?というものは後でチャートを見返した時に分かるもの、でもあるので今回はスルーしちゃいましょうかね(´ー`)

またトレンドについても以下の定義がされています。

トレンドの定義
・高値、安値が両方とも切り上げていくことで上昇トレンドとなる
・高値、安値が両方とも切り下げていくことで下降トレンドとなる
・高値、安値の切り上げ、切り下げが逆転することでトレンドの転換となる

 
定義も完璧にチャートに当てはめようと、ローソク足1本分の細かい動きまで見ちゃうと、全然当てはまらない場面が出てくるので、俯瞰的に「流れ」を見ていくのがベターですね(´ー`)

高値・安値の切り上げ・切り下げ

 

お久しぶりの方もダウ理論について、だいたい思い出せましたかね(・∀・)?
全然何言ってんだか分からねンだわ・・・って不安な方は第一回目の解説を見に行ってね!

では、これらの理論や定義をORZは実戦の手法としてでどのように使っているのか、書いていきたいと思います(´ー`)

ダウ理論を応用したエントリーポイント

ORZ的にダウ理論は主に、トレンド相場での押し目買い・戻り売り手法として使っています(・∀・)

ダウ理論のトレンドの定義として高値安値の切り上げ・切り下げがありますが、この更新ポイントがレジサポラインとして機能することが多くなるので、ここをエントリーポイントとして見ています。

高値・安値の切り上げ

 

具体的には上の上昇トレンドの画像では、サポートラインに当たったところを押し目としてエントリーって感じですね★

更新ポイントをブレイクアウト手法で捉えるのもありですが、ブレイクのだましを回避しつつトレンドの波に乗っかれる、押し目・戻り目をエントリーポイントとする方がORZ的には得意ですね(´ー`)

実際のチャートを見てみるとわかりますが、けっこう意識されるポイントで勝率も高くなります♪

トレンド相場のレジサポライン

そして、このポイントでエントリーするためのテクニカル分析もダウ理論を元にして考えることができるので、お次はそこを見ていきましょう!

ダウ理論の手法!スッテプ1.チャートをテクニカル分析

まずは「1.相場の値動きは全ての材料を織り込む」という理論を元にチャートを分析していきます(・∀・)

ORZはデイトレーダーですので、主に30分足 – 4時間足のトレンドを捉えております。

あとファンダメンタルズをガン無視しる訳ではなく、この後発表される重要経済指標などは必ずチェックしていきます♪

ポジション持ってすぐに重要指標があってはテクニカル分析が無に帰す感じになっちゃいますからね(´ー`)

で、ダウ理論は「トレンド」についての理論ですので、チャートもトレンドを判断していく訳ですが、先ほど書いたようにダウ理論が定義しているトレンドって、結構大雑把にしか判断できないんですよね。

ORZはどうしているかというと、移動平均線の特に期間100を基準にトレンドを判断しております♪

簡単にいうと、ローソク足100本分の平均値が上向き下向きに推移している状態であれば、トレンドとみて良いのではないかなって感じです(・∀・)

詳しくはこちらをどうぞ

ダウ理論の手法!スッテプ2.マルチタイムフレーム分析

ステップ1でトレンド相場と判断したら「2.相場のトレンドには3つの波がある」という理論を元に、自分がどの波に乗っかりトレードするのか?を把握し、他の波の状態も分析していきます。

ORZが考える3つの波は以下の通り

長期:日足・週足
中期:1時間足・4時間足
短期:30分以下の足

具体的にはいつぞやのトレードブログを例に見てみましょう(´ー`)

例えばステップ1で1時間足をトレンド相場と分析し、このトレンドでトレードしようとする場合。

1時間足
豪ドルドル1時間足

中期的なトレンドですね!この時の戻り目は主に移動平均線の50(青)を見ていますが、ちょうどそこが前回安値を更新した部分で「レジサポライン」と考えることもできますので、このをエントリーポイントと定めます。

したら、この時の長期と短期も分析していきます(´ー`)

日足
豪ドルドル日足

 

5分足
豪ドルドルエントリー前

ここまでのテクニカル分析を整理すると
日足の長期的なレンジのなかで、1時間の中期的な下降トレンドが発生、その戻しで5分足の短期的な上昇トレンドが発生って感じですね(´ー`)

ダウ理論の手法!スッテプ3.トレードのシナリオを描く

ここまで分析できたら、トレードのエントリーから決済までをデザインしていきます(・∀・)
このブログでもちょいちょい出てくる「シナリオを描く」ってやつですね♪

詳しくはこちら。

先ほどのステップ2の続きですが、1時間足の下降トレンド中の戻り目をエントリーポイントとした場合。

ダウ理論「6.トレンドは明確な転換シグナルまで継続する」を元にすると、5分足が上昇トレンドですので、このトレンドが下方向へと転換してくれないとエントリーできませんね(・∀・)

ダウ理論の定義で転換を見てもいいですが、何度もいうように結構大雑把にしか見れない定義ですので、ORZが転換を判断するのは主に反転のチャートパターンですね♪

詳しくはこちらをどうぞ

また、日足はレンジ相場で、前回の安値(サポートライン)まで40pipはあるから、そこが1時間足のトレンドの転換ポイントとなり得るので、そのあたりまで引っ張れたら決済しようかな、と考えられますね(´ー`)

そしたらエントリーから決済まで考えられたので、その考え通りに動いてきたら素直にエントリー・決済ボタンをポチッと押せばOKです♪

ちなみに実際のトレードの続きはこちらをどうぞ

ダウ理論を応用した手法まとめ!

こんな感じで、ダウ理論を元にテクニカル分析→エントリーポイント選定→エントリーのタイミング〜決済までのトータルデザイン(シナリオ)まで考えることが、ORZ的なダウ理論を応用したデイトレード手法です^^

ありがとうダウさん、あなたが考え出した理論は100年以上たった今、ニートがカスタマイズしてバリバリ現役で使っているぜよ!!

チャールズダウ

あとはトレンドを判断しエントリーポイントを決める時間軸を変えれば、スキャルピングからスイングまで、あらゆるトレードスタイルに応用できると思いますので、デイトレーダー以外の方もぜひお試しあれ(´ー`)

そのほか、資金管理方法や具体的な相場分析の方法、時間軸の概念などは《FX道場》の方で詳しくお教えしております^^

今回何言ってるあまり分からなかったFX未経験者の方も基礎の基礎から学んでいくことができるので、お気軽にご参加いただければと思います(・∀・)♪

それでは次回のFXブログもお楽しみに!

※最新のブログ更新情報をメールでお知らせしてます!
更新情報を受け取る!

無料でORZのFX手法が学べる、
《真・ORZのFX道場》を開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》では
ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、
実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でもご参加いただける企画になっていますので、
興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

真・ORZのFX道場で学べる6つの極意とは?

参加ご希望の方は下記のメールフォームから申し込みしていただくと、
ORZから道場入門についての案内がメールで届きます^^

※ORZがメッセージを見てから返信しますので
2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

参加お申し込みフォーム
必須問い合わせ内容
任意具体的な相談内容
必須お名前(ニックネームもOK)
必須メールアドレス
任意ご職業
任意FX歴
任意トレード環境
任意1年間の運用目標

コメント