知る知らないでは大違い!色んな手法の生みの親【グランビルの法則】を易しく解説♪

グランビルの法則の概要

ダウ理論・グランビルの法則・エリオット波動理論、、、etc.
これらは株やFXを代表する理論・法則ですが、名前くらいは聞いたことあるという方も多いのではないでしょうか(・∀・)?

しか〜し!その中身までしっかり理解できているかと言うと、、、ナカナカ難しいかと思います。
ORZもFXを始めたての頃は何がなんやらさっぱりでした┐(´д`)┌

FX界には数え切れないほどの手法がありますが、どんな手法も元をたどっていけばこういった理論・法則にたどり着くってもんです。

そして、大本の理論・法則を知ることは様々な手法の本質を理解することにも繋がり、それらの手法をより臨機応変に、より効果的にトレードに活かせるようになるはずです♪

何を隠そうORZがみなさんにお伝えしている手法も、「グランビルの法則」のエッセンスをふんだんに取り入れてますからね!

ということで今回はORZの手法の生みの親といっても過言ではない「グランビルの法則」を初心者の方にも分かりやすいように解説してくので、

  • グランビルの法則を知りたい方
  • ORZの手法をより深く理解したい方

ぜひぜひこの記事を読み進めていただければと思いますヽ(•̀ω•́ )ゝ

ORZの手法をまだ知らんぞ〜という方はこちらの記事も合わせてどぞっ(・∀・)っ

 

も く じ !
グランビルの法則を【図解】で分かりやすく解説♪

移動平均線の期間設定はどないしましょ?

ORZの手法とグランビルの法則の関係とはいかに(・∀・)!?

まとめ

グランビルの法則を【図解】で分かりやすく解説(o・∀・)ノ

冒頭でチラ見せしましたが、グランビルの法則は移動平均線ローソク足の位置関係から、4つの買いポイント・4つの売りポイントを見極めるためのものです。

んま、百聞は一見にしかずです。さっそく買いポイントの方から見ていきまっしょ〜

「グランビルの法則」4つの買いポイント

グランビルの法則の4つの買いポイント

「グランビルの法則」買いポイント×4
下降トレンドだった移動平均線が、横ばいor上昇になり価格が移動平均線を上抜けた時
移動平均線が上昇トレンド中に、価格が移動平均線を下抜けた時
価格が大きくプラスに乖離した後、下落するも移動平均線まで落ちず、再度上昇した時
下降トレンドの移動平均線よりも、価格が大きくマイナスに乖離した時

以上4つがグランビルの法則に基づく買いポイントです。
ここで、「なんでこれらのポイントが意識されるんじゃろ(・ω・)?」と気になる方もいらっしゃるかと思います。

実は①〜④が買いポイントとなるのは、それぞれのポイントで市場心理が働くからなのです(・∀・)
ということで、それぞれのポイントでトレーダーがどのような心理を持つのか推察してみましょう♪

① 上昇トレンド先行期
下降トレンドで価格が落ち着いてくると移動平均線が横ばいor上昇に変化し、そこから価格が移動平均線を上抜けてくるといよいよ上昇トレンドへ転換する期待が高まります(´ー`)
移動平均線の上抜けを目安に上昇トレンドの始まりと判断したトレーダーの買いが一気に集まったり、売りポジションを持ってたトレーダーも損切り(買い決済)されるため、価格が上昇しやすく買いポイントの1つと判断されます。

② 上昇トレンド追随期
①のポイントで買いで入ったトレーダーがある程度含み益が出てくると決済し始めるため、価格は一旦下落します。
移動平均線を割るほど下落してくると、移動平均線は上向きなのに価格が下回っている状態、すなわち上昇の期待を持ちながらも割安な価格で買うことができるため再度注文の集まりやすいポイントとなります♪

③ 上昇トレンド安定期
上昇トレンドが安定してくると基本的には買いの勢力が強いわけですが、もちろん途中で決済するトレーダーもいるため上げ下げを繰り返しながら上昇していきます。
ここまで来ると上昇の勢いはなかなか止まらず、移動平均線までは戻らずに押し目を作るので、そこが買いポイントの1つとなります٩( ‘ω’ )و

④ 下降トレンド 乖離からの戻し狙い
最後は下降トレンド中の買いポイントです。
価格には移動平均線へ戻ってくる性質があるため、下降トレンド中に価格が移動平均線から乖離しすぎると徐々に買い始める人が増えて価格が上昇するため、買いで逆張りを狙うことができます♪

以上のような市場心理に加えて、グランビルの法則は世界的に有名な法則であるため、単純に意識するトレーダーの数が多いというのも①〜④を買いポイントたらしめる要因になるわけです(σ゚∀゚)σ

FXをやっていく上で市場心理を理解することは超重要なので、こちらの記事も合わせてご覧ください♪

「グランビルの法則」4つの売りポイント

続いては4つの売りポイントです!

といっても、FXで取引するのは通貨ペアなので、売り反対側の通貨を買うということです。
つまり買いポイントを逆さに見たものが売りポイントになります♪

グランビルの法則の4つの売りポイント

「グランビルの法則」売りポイント×4
上昇トレンドだった移動平均線が、横ばいor下降になり価格が移動平均線を下抜けた時
移動平均線が下降トレンド中に、価格が移動平均線を上抜けた時
価格が大きくマイナスに乖離した後、上昇するも移動平均線まで届かず、再度下降した時
上昇トレンドの移動平均線よりも、価格が大きくプラスに乖離した時

買いポイントをまんま逆さにしただけなので、市場心理についてはこちらでは割愛させていただきます(人・∀・)

世界中のトレーダーが意識する法則を理解しておくことは百利あって一害なしです。
それほど難しい法則ではないので、しっかり抑えておきましょう(・3・)

移動平均線の期間設定はどないしましょ(゚∀゚)?

「グランビルの法則がどんなもんか理解したけど、移動平均線の期間はいくつに設定すればいいの?」
お次はこの部分についてお伝えしていこうと思います(`・ω・´)ゞ

とはいえ、ぶっちゃけ正解の数値があるわけではないので、基本はトレーダーのスタイルによって各々で期間設定をすればOKです!

開発したグランビルさんは日足の200日線で見ていたらしいですし、スキャルのような短期トレードをする方であれば期間は5とかがメインになったり、スイングなど長期的なトレードをする場合は100とか200がメインになると思います。

自分の場合は中期的な流れに乗っかることが多いデイトレーダーですので、期間は20・50・100を使い、1時間足・4時間足の流れに沿ってトレードすることが多いですね(´ー`)

FXをはじめたばかりでどのくらいの設定にすればいいのかわからんって時には、まず誰かのトレードを真似するところから始めればOKだと思います!

自分の設定でも良ければ、こちらの記事↓でより詳細に解説しているのでご参考にしてみてくだされ〜♪

移動平均線の設定は何が正解?ビギナー向けの設定方法と数値を紹介
「移動平均線の設定は何が良いのか?」ビギナーが迷いがちなところを細かくまとめました。 何を設定すればいいのか?なぜ設定したほうが良いのか?何を基準に設定するのか?1つずつ悩みを解消していきましょう(・∀・)

 

ここまでグランビルの法則の概要や期間設定についてお伝えしてきましたが、まだこれだけじゃ具体的にどのようにトレードに取り入れたらいいのか分からないですよね(・∀・;)

ということでお次はいよいよ実践編です!ORZのトレードではグランビルの法則をどのように取り入れているかについてお話していきます♪ご参考アレイᕙ(・∀・)ᕗ

ORZの手法とグランビルの法則の関係とはいかに(・∀・)!?

ではここからは「グランビルの法則」をORZのトレードにどのように取り入れているかをご紹介していこうと思います(`・ω・´)ゞ

買いポイントと売りポイントは表裏一体の関係であることはお伝えしたので、ここでは説明を分かりやすくするために買いポイントに絞って説明していきます!

2つのトレードを例に挙げてご紹介してまいりましょう(/・ω・)/

(例1) 王道「トレンド順張り」トレード
ORZの手法では「長期足で流れの確認、中期足でエントリーポイントの選定、短期足でエントリーの判断」を基本としており、軸となるのは1時間足や4時間足であることが多いです。

今回は4時間足の上昇トレンドで押し目買いを狙う場合を見てみましょう♪

【4時間足】
中期足でグランビルの法則②,③を狙う

自分の場合は、グランビルの法則どおりの②や③のように移動平均線の下や上にズレた位置から狙うというよりは、ズバリ移動平均線から押し目買いを狙います。

②や③ってぶっちゃけ反発するポイントを見極めるのは困難ですし、実際には移動平均線が意識されることもけっこーありますからね♪
言うなれば②と③のあわせ技みたいなもんなので買いポイント⑤としておきましょうか(・∀・)w

グランビルの法則の②と③を意識した買いポイント⑤をエントリーポイントに定めたら、お次は短期足でエントリータイミングを計ります。

【5分足】
短期足でグランビルの法則①を狙う

4時間足では上昇トレンドでも、押し目を作るタイミングで5分足では下降トレンドになってます。

ここで意識するのは買いポイント①です!
下降トレンドから移動平均線を上抜けてくると上昇トレンドへの転換の期待ができるため、ここをエントリータイミングと判断します。

まとめると、中期足で買いポイント⑤(=②+③)を意識して移動平均線から押し目買いを狙い、短期足では買いポイント①を意識して移動平均線を上抜けたタイミングでエントリー判断といった戦略になります♪

このパターンはORZのいつものトレードって感じですが、代表例としてこちらのトレードをご参考あれ〜

 

(例2) 中期足の戻しに乗っかった「短期トレード」
続いてはORZが短期トレードを狙う場合です。短期トレードを狙うときは中期足の流れに乗っかることを意識します(・∀・)

例えば、4時間足が下降トレンドの状態で価格が移動平均線から大きく乖離した場合を見てみましょう♪

【4時間足】
グランビルの法則④

下降トレンド中に移動平均線から大きく乖離すると、グランビルの法則に従えば買いポイント④と判断することができます♪

ただ、トレンドの勢いによっては戻らずにそのまま行ってしまうこともあるため、リアルタイムで④のポイントを見極めるのは難しいというのがORZの印象です(・∀・)

そこでこの場合は④で反発した後に、短期足が上昇トレンドになるまで待って後乗りを狙っていきます。

【5分足】
短期トレンドで押し目買いを狙う

短期足が上昇トレンドに発展してきたら移動平均線からの押し目買い、例の買いポイント⑤(=②+③)でエントリーに踏み切ります♪

まとめると、中期足の下降トレンド中に移動平均線から大きく乖離した買いポイント④での反発を利用して、短期足が上昇トレンドに切り替わってから買いポイント⑤で押し目買いを狙うという戦略ですね!

今回のパターンに近いトレードはコチラッ( ゚∀゚)っ

 

以上がORZ流のグランビルの法則の活かし方になります。

実はこんな感じでORZのトレード手法にはグランビルの法則が散りばめられているのです(・∀・)♪
いままでグランビルの法則の活かし方が分からなかった方は、ぜひORZのトレードを参考にしてみてください!

まとめ

今回は世界的に有名な「グランビルの法則」についての解説でした!

グランビルの法則を知ってるだけで勝てるほどFXは甘くはありませんが、グランビルの法則を理解することは様々な手法の理解を深めることにも繋がります。

また、その背景にある市場心理を読み解き、複数の時間足を用いてより根拠の厚い戦略を立てることができれば、いままで以上に勝率の高いトレードができるようになるかと思います♪

今回はご紹介しきれませんでしたが、ORZのトレード手法ではグランビルの法則だけでなくプラスアルファで複数の判断材料を合わせて期待値の高いトレードをしています。
そしてそれが損小利大のサイクル=トータル収支プラスに繋がっているのです٩( ‘ω’ )و

そんなORZの手法を学んでみたいという方は、指導企画『FX道場』の方で惜しみなく伝授しているのでぜひお気軽に参加してみてくだされ〜♪

あっ、それとこの記事参考になったYO!って方はこちら↓に清き1ポチいただけると泣いて喜びます。

バーン(・ω・)σ == ブログランキングバナー

ORZのFX手法を一から学ベるFX道場開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》ではORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

下記のメールフォームから参加申し込みいただくと、ORZから道場入門についての案内メールが届きます!

参加お申し込みフォーム
必須問い合わせ内容
任意具体的な相談内容
必須お名前(ニックネームもOK)
必須メールアドレス
任意ご職業
任意FX歴
任意トレード環境
任意1年間の運用目標

※ORZがメール見てから順番に返信します。お返事に2〜3日かかる時もあるのでゆるりとお待ちください(´ー`)

┳┻|
┻┳|
┳┻|_∧
┻┳|ω・) マタキテネ~
┳┻|⊂ノ
┻┳| J

コメント

  1. takafumi より:

    こんばんは。
    グランビルの法則をそのまま使っているのではないのですね。
    改善して優位性の高いものにしていると思いました。
    参考にさせていただきます。ありがとうございます。

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      takafumiさん、こんばんは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      記事も参考にしてもらえたみたいで良かったです!
      グランビルの法則は有名なテクニカル法則の1つですが、それを当てはめるだけではなかなか機能してくれないこともあるので、相場に合わせて順応させることが重要なのです^^

      是非参考にしてみてください♪

      ORZ

  2. そら より:

    ORZ先先今回も素晴らしいブログ記事ありがとうございます。
    最近のブルグは多くの気づきがあり大変参考にしていただいています。

    グランビルのG2+G3=G5には感動しました。
    そこで僕の中で勝手にこの手法をORZ5(おつふぁいぶ)手法と呼ばせていただく事にしました(笑)

    ORZ(G2+G3)=ORZ5(おつふぁいぶ)

    G5とが書いてしまうと真面目な方からクレーム来そうなので・・・

    今後もYouTube、ブログ記事楽しみにしています。

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      そらさん、こんばんは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      こちらの記事も参考にしてもらえたみたいで良かったです♪
      ORZ5(おつふぁいぶ)手法、いいネーミングですね(笑)

      動画に起こす時は使わせてもらうかもです( `・∀・´)ノ

      今後もブログや動画も更新していくので、参考にしてみてください♪

      ORZ

  3. みき より:

    尊敬するORZ先生

    こんにちは。
    いつもポイントで先生がどうしたいのかの考えや気持ちが書かれてあるので、
    私も同じに「そう考えればいいのか」と、学ぶことが出来て
    とても分かりやすいです。
    初心者が分からないこと知りたいことが先生の言葉にぎっしりですね。
    プロなのにすごいです。

    今回もノートに纏めて改めて見直していきます。
    (ここ数か月でもう1冊になりました)
    すでにM5が上昇し始めていた場合、グランビルでいうとどこになるのか、
    やはりまだチャートが見えないでいる私には難しいですが、
    読み返し繰り返しですね。

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      みきさん、こんばんは!
      初コメありがとうございます(・∀・)

      ・・す、すごい1冊ノートにまとめちゃうなんて、拙い文章ばかりですが、参考にしてもらえているみたいで嬉しいです^^

      まだまだ今後もいろんなテーマを記事や動画で配信していこうと思うので、合わせて参考にしてみてください♪

      ORZ

  4. 昌明 より:

    こんばんは。少し相談があります

    例えば、30分足、1時間足、4時間足は下降でも、日足で見るとどちらかと言えば上昇傾向のような形もあると思います。

    そう言う場合形が揃っていないのでポジションを持たないのが良い選択なのでしょうか?

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      昌明さん、こんばんは!
      初コメありがとうございます(・∀・)

      そうですね。すべての時間軸の形が揃うことって早々ないので、日足だけ形が違うから見送ったほうがいいわけでもないですね。

      たとえば日足では上昇トレンドを形成しているものの、一時的な急激な下落(戻しの値動き)が入ってて、その値動きが4時間以下の時間足で見ると下降トレンドになっているなんてケースもありますからね〜

      であれば4時間足などの下降トレンドに乗っかって、日足の一時的な戻しを狙うなんて戦略も立てられるので、一概に形が揃っていないから見送ればいいということではないかと思います。

      大事なことは「相場を全体で俯瞰で見た時にどういう状況や流れになっていて、その流れがどこまで継続しそうか」ってところを見極めることだと思います。

      これがマルチタイムフレーム分析の真髄だと思うので、ぜひ昌明さんも身につけてみてください♪
      マルチタイムフレーム分析入門!チャートを見通す”神の目”を身につける方法

      ORZ