豪ドル円でモロタはずが…”エントリーシナリオの描き方”を徹底解説!!

平成最後の満月を見ながら今日も夜更かし中。
おっす!オラ、ORZ(おつ)です(・∀・)

今回は久しぶりのトレード解説!本日ポジションゲットした採れたてホヤホヤ豪ドル円でのトレードを振り返っていきます。

最近は、1〜4時間足など中長期足でトレンド相場を展開している通貨ペアも出始めたので「なんとな〜くこの方向性に合わせてトレードすればいいんじゃねえ」と考えている人も多いかと思います。

たしかにトレンド相場では大まかな方向性さえ合っていれば、どこから乗ったとしても最終的にはプラスに転じる可能性も高いです。

んが、しか〜し!実際のトレードでは含み損をじーっと抱え続けることは資金的にも精神的にもストレスがかかる行為ですし、途中で損切まで追い込まれてしまうことも多いです。

だからこそ、なんとなくの方向感や値ごろ感だけで、すぐにポジションを持ってしまうのではなく・・

【AUD/JPY4時間足】(水曜日夕方)
豪ドル円のトレンド相場

奥さん、どこでポジションを持つのが1番お得なのかしら(・∀・)?

といった感じで、出来る限りプラスに転じやすいポイントからポジションが持てるように「エントリーのシナリオを描くこと」が大事なのです。

そこで今回のトレード解説では、ORZが普段のトレードでどのようにエントリーチャンスを待っているか?という「エントリーシナリオの描き方」にフォーカスしてみようと思います!

・FXはじめたばかりでどこでポジション持てばいいか分からない人
・最近のトレードで損切が増えてきちゃっている人

ぜひ参考にしてみてください(`・ω・´)ゞ

おかげさまでブログランキング絶好調です(・∀・)♪
もっとみなさんのお役に立つFXブログを作っていきます!

ブログランキングバナー

この記事参考になったYO!という方はぽちっとクリックお願いします♪

理想のシナリオ展開をイメージしながらチャンスを待とう!

FXトレーダーの皆さんなら毎日のように相場状況をチェックしていると思います。

が、ただぼーっと見守っているわけでは、有利なエントリーポイントを見つけられません。

シナリオ立て

常にORZは相場がどういう動きをしてくれればトレードできるか?という値動きのシナリオを頭の中で描きながら相場を見守ることで、エントリーチャンスを見つけています。

さっそく今回ORZが注目した豪ドル円で考えていきましょう(`・ω・´)ゞ

【AUD/JPY4時間足】(水曜日夕方)
豪ドル円のトレンド相場

移動平均線3本とも上向き&上昇雲が出ていることからも、こいつは立派な上昇トレンドですね。

Twitterで更新した相場早見表でも解説しましたが、水曜日の時点で「豪ドル買い」が強かったので、この流れに乗っかる順張りはありだなぁ〜と考えてました。

こういった方向感の明確なトレンド相場を見つけると、すぐに飛び込みたくなってしまう人も多いことでしょう!

んが、しか〜し!

このような相場の流れにだけ身を任せて飛び込んでしまうと「高値掴み・安値掴み」といって、エントリー直後にすぐ含み損を抱えたり、すぐ損切になる、といった不利なポジションを持たされてしまいがちです。

なので、こんな相場を見つけた時は焦らずに1度深呼吸。。

そして『どこまで戻ってきたら有利なエントリーができそうか?』1度頭の中でシナリオを立ててみるのです╭( ・∀・)و

シナリオを立てるコツとしては、過去の値動きや明確に反発した価格帯から「どこが1番反発が起こりやすい抵抗帯なのか」という視点で相場を分析していきます。

で、今回のチャートを隈なく見ていくと・・

【AUD/JPY4時間足】(水曜日夕方)
豪ドル円水曜日チャート

隊長、移動平均線50で過去に何度も反発していることを発見しました(`・ω・´)ゞ!!!

そこで今回はトレンドの継続移動平均線50で反発する動きがあれば狙っていけるかなというシナリオを立ててみました。

「ORZは普段ゲームしたり漫画を読みながらエントリーまで待ってますよ〜♪」なんてことも言っちゃってますが、一連の相場分析から自分がトレードを狙うにあたって値動きのシナリオをイメージするというのはバッチリやっております(・∀・)bグッ

シナリオ立てのコツは、こちらの記事でも解説しているので良かったら参考にしてみてください♪

1日半待った末、いざポジションゲットや(・∀・)

そして待つこと・・なんと1日半(´゚д゚`)!!!

【AUDJPY/4時間足】木曜日夕方
豪ドル円4時間足

ボラティリティが低く価格が戻ってくるまでけっこう時間かかりましたが・・それでもようやくイメージ通り4時間足の移動平均線50からの押し目買いポイントまで戻ってきました(;`Д´) マチクタビレタ

そこでここからトレードを狙っていくため、具体的な戦略を練っていきます!

【AUDJPY/1時間足】
豪ドル円1時間足

1時間足は移動平均線3本とも上向き&上昇雲からも同じく上昇トレンドを展開中!

ローソク足が移動平均線100を下抜けたり、高値更新が抑えられたり、トレンドの勢いは弱まっている雰囲気があるので、ほぼトレンドの終わりといったところですね。

ただこの価格帯はちょうど前回安値付近でもあることから反発してくれる可能性は高そうなので、これなら押し目買いポイントの後押しになりそう♪

【AUDJPY/日足】
豪ドル円日足

また日足はこれまで下降トレンドを継続していたものの、直近ではローソク足が移動平均線100を上抜けていることからも転換局面を迎えていますね。

移動平均線100は下向きではあるので油断は大敵。ただ目先に抵抗帯にとなるものもなく、長期的に伸びしろは確保されているので問題ナッシング♪

本日の戦略〜〜〜♪
4時間足:上昇トレンド。過去に移動平均線50で何度も反発
1時間足:トレンドのオワリ。でも前回安値ラインが後押し材料なるか
日足:転換相場。目先に抵抗帯になるものはない
戦略:4時間足の移動平均線50からの押し目買い

なので、あとは細かいエントリータイミングを短期足でチェックしていきます!

満を持してエントリーも、ローソク足動かず(;∀;)

ORZが短期足(主に5分足)でエントリータイミングを決める時には、過去の移動平均線の値動きなどを参考にしています。

【AUDJPY/5分足】
豪ドル円5分足

今回のポイントであれば、過去に何度か5分足の移動平均線100付近で価格が押さえられていますね。

逆にいえば、ここを抜けてくれればそのままトレンドが終わりを迎えてくれる可能性も高いので、この移動平均線100をブレイクするかどうかをじーっと見守っていました。

そして、5分足の移動平均線100抜けたことを確認できたので

80.033でポジションゲット(・∀・)

詳しいエントリータイミングのコツは、こちらの記事でまとめているので参考にしてもらえればと思いますが。

今回はボラティリティが低く、値幅が小さかったです。

そのため、5分足の移動平均線100をブレイクするまで待っていても、エントリーの根拠である「4時間足の移動平均線100」の下に損切りラインを置けそうだったのもエントリーを待った要因の1つですね。

【AUDJPY/4時間足】損切り位置
豪ドル円トレード損切り場所

このように損切りをどこに置けるか?あらかじめシナリオを想定しておくと、エントリー後もちょっとやそっとの値動きでは損切にもなりにくくなります。

最近損切が増えている人は合わせて確認しておきましょう!!



そして時は流れ、エントリーから8時間。

どのくらい含み益が増えているか、ワクワクしながらチャートを見てみると(・∀・)!

【AUDJPY/5分足】
豪ドル円5分足

ぜ、ぜんぜん動いてねぇ・・・_(┐「ε:)_

パッと見だとけっこう値動きあるようにも見えますが・・実はボラティリティがめちゃくちゃ下がっていて+3pipすら含み益が出てません(笑)

ORZのTwitter画像

今日はキリスト教国がイースターでお休みなので、ある程度ボラティリティが低くなるのは見越してはいたのですが、まさかこんなにも動かないなんて・・動かざること豪ドル円の如し(;`Д´)

このあと欧州〜NY市場もお休みであることも考えると、急に動き出すことも考えにくいですし、これ以上引っ張ってもしかたないので、今回は、ここで戦略的撤退!!!

豪ドル円決済

というわけで、本日は悲しみの+1.6pipsでファイナルアンサーでございます(´;ω;`)

ORZとしては良い戦略だと思ってたのですが。

・・・相場くん、あなたほんとうにいやらしいですねぇ(´ω`;)

シナリオを描くことで、トレードの精度がグーンと高くなる!

ということで、今宵のトレード解説はいかがだったでしょうか(・∀・)

最後はなんとも歯切れの悪い幕切れになってしまったのが、やや説得力に欠けるところもあると思いますがw

ORZ自身も焦らず1度じっくりシナリオを描くようになってから、トレンドに飛び込むことがなくなったので、結果的に自分のイメージ通りのトレードも増えましたし、そのおかげで余計な損切トレードも減っていきました。

なので最近のトレードで損切が多いなと感じる方、エントリーを焦らずに1度シナリオをイメージすることを意識してみてください。それだけでもトレードの精度を上げていくことができるようになるかと思います。

また具体的なトレードの精度を上げるコツ相場分析のスキルは、FX道場でまとめて伝授しています!

FX未経験の方でもイチから学べるカリキュラムになっているので、興味がある方はお気軽に参加してみてね\(・ω・`)

ではまた次回のFXブログもお楽しみに〜♪

※最新ブログ更新情報はツイッターでお知らせ!
ツイッターでORZをフォローする(・∀・)

ORZのFX手法を一から学ベるFX道場開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》ではORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^
FX初心者・未経験者の方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

下記のメールフォームから参加申し込みいただくと、ORZから道場入門についての案内メールが届きます!

参加お申し込みフォーム
必須問い合わせ内容
任意具体的な相談内容
必須お名前(ニックネームもOK)
必須メールアドレス
任意ご職業
任意FX歴
任意トレード環境
任意1年間の運用目標

※ORZがメール見てから順番に返信します。お返事に2〜3日かかる時もあるのでゆるりとお待ちください(´ー`)

コメント

  1. 林優 より:

    ブログUPお疲れ様です。
    自分は1時間足のMA100からの押し目買いをして損切りになりました。ORZさんは1時間足のMA100からの押し目買いは候補になかったですか?

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      林さん、お疲れ様です(・∀・)
      今回もコメントありがとうございます。

      林さんも豪ドル円でポジっていたんですね!たしかに1時間足のSMA100からの押し目買いポイントも、過去にSMA100で何度も反発していたり、サポートラインが効いていたり、ということで候補の1つではありましたよ〜

      ただ単純に1時間足のSMA100に到達した時は、すでに布団の中で爆睡してたので(笑)

      次の狙い目として4時間足のSMA50まで引きつけるシナリオを考えていった感じです。

      起きている時間であれば1時間足のSMA100も狙っていたポイントだったので、どちらもGOODなポイントだったというスタンスで捉えてもらえればOKですよ〜

      ORZ

  2. Looser666 より:

    道場卒業生です。初コメです。

    18日の深夜にH1・MA100で押し目買いしました。
    その後は価格が行ったり来たりしていたので様子見していましたが、結局損切りになりました。
    早めに撤退すれば少ないながらも利益が残せたところですが、リアルタイムだとその見極めも難しいですね。

    H4についても引いてみると上昇気味レンジの高値圏付近かなと判断していました。上昇トレンドだと正しく認識できていれば確かにMA50まで待つべきところだったと反省しています。

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      Looser666さん、こんにちは!
      初コメントありがとうございます(`・ω・´)ゞ

      Looser666さんも豪ドル円でトレードされていたんですね〜
      エントリーポイントとしては1時間足のSMA100でもぜんぜんOKだと思います!

      ただ、週足で下降トレンド中の戻り売りポイントに差し掛かっていた(→たぶんTwitterでもコメントきていた気がする)ことからも上値が重たいポイントではありました。

      なので1時間足のSMA100,4時間足のSMA50、いずれのポイントで仕掛けていたとしてもLooser666さんも振り返っていたように「早期撤退」しておくのが得策のポイントだったと思います。

      早期撤退orホールドするかどうかは、長期足の相場状況や節目との価格差を判断材料にしてみるといいと思います。

      ぜひ次回はナイスモロタできるようにお互い頑張っていきましょう(・∀・)

      ORZ

  3. yuthinn より:

    こんにちは。たまたま目覚めて、ワタクシもおんなじところでエントリーしました。早朝だったのでまさかかぶるとは。

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      yuthinnさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      そうそう!自分もたまたま朝の4〜5時くらいにパッと目が覚めてしまったので、まさかポジ被りの方がいるとは思ってなかったです(笑)

      「早起きは三文の得」ではないですが、たまには朝早く起きて見るのも悪くないですね(´ー`)

      ORZ

  4. おおむら より:

    こんにちわ(__)
    昨日私はポンド円売り目線で見ていたんですが、ボラティリティ低いしスプレッドがめちゃ広だったんでトレードしませんでした(>_<)
    豪ドル円は週足が上昇の邪魔しそうだと思ったんですが、素直に4時間足の押し目買いで良かったんですね!
    まだまだ分からないことだらけなのでORZさんのブログは毎回本当参考になります!
    次回の更新も楽しみにしてます(^^)

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      おおむらさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(´・ω・)ゞ

      そうですね〜たしかに今回の豪ドル円は週足のSMA50の影響で上値が重たくなりそうなイメージはありました。

      ただ、良くも悪くも週足であることからも何度かはトライしてくれる可能性も考えられたので、早期撤退することを前提に考えればエントリーチャンスとしてはアリかなと考えてました。

      週明けはもう少しボラも上がっていると思うので、改めて今週から頑張っていきましょう〜♪

      ORZ

  5. 昆布茶 より:

    ORZさんこんばんわ(^^)/
    前回のアドバイスありがとうございました!
    あのブログは何度も読んでいましたが、改めて見ると新しい発見がありました。
    簡単に言うと知ってるけどやっていませんでした。
    やってるつもりというか、できてるつもりになっていたことに気づかされました。

    今回の記事で更にやっぱり自分はできていなかったと再確認させて頂きました!
    その後前回のORZさんのアドバイスを読むと凄く腑に落ちた気がします!

    これで結果が変わってくると嬉しいです♪

    いつも本当にありがとうございます!!

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      昆布茶さん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      いえいえ〜!結構な長文でのお返事になってしまったので、むしろ目を通していただけきありがとうございます(笑)

      頭では分かっていても、それを自分の腹にまで落とすには時間が掛かるものですからね、少しでも昆布茶さんのお役に立てたならお返事した甲斐がありました〜

      またなにかあればお気軽にご連絡くださいませ(・ω・`)

      ORZ

  6. 権兵衛 より:

    ORZさん、こんばんは。

    今回の記事もとても参考になりました。

    ここ最近はレンジ相場が多いように思いますが、ORZさんはレンジでトレードされていたのでしょうか?それとも様子見していたのでしょうか?

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      権兵衛さん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      今回の記事もお役に立ててもらえたなら良かったです。

      個人的にはそろそろレンジ相場の解説がしたいので、積極的に狙ろうと考えているのですが、なかなかいい相場に出会えなくて、様子見していることが多いですね。

      ばっちりポジション取れたら解説しようと思うので、お楽しみに〜ん♪

      ORZ

  7. みねふる より:

    ORZさんこんにちわ!
    初コメ失礼しますm(_ _)m
    私はAUDUSD4時間足のMA50での押し目買いで考えてました。
    AUDJPYと似たような動きをしてたので、エントリーシナリオの見立てはORZさんと同じ感じで嬉しかったです(*^^*)
    私はエントリーしなかったのですが、その後AUDUSDはMA50を突き抜けて一気に下落してました。
    通貨ペアの見極め方勉強してるんですがまだうまくいかなくて・・・
    AUD買の中、ORZさんはどのようにしてその中からAUDJPYを選んだんでしょうか?
    長くなってしまいましたが、もし良ければ教えてください!

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      みねふるさん、こんにちは!
      初コメントありがとうございます(・∀・)

      なるほど〜!みねふるさんはAUDUSDの4時間足での押し目買いを狙ってたんですね。
      たしかにAUDJPYもAUDUSDもテクニカル的な相場状況は似たところだったので、判断に迷う部分でもあったと思います。

      今回の判断に関しては、通貨の力関係というよりも個人的にはエントリーの軸となる「4時間足の相場状況」に注目していました。

      たしかにAUDUSDも4時間足は上昇トレンドではあるのでエントリーポイントとしては悪くないと思いますが、相対的に4時間足の相場状況を見比べた時にAUDJPYのほうが各SMAの間隔が広かったり、上昇雲も大きかったことからもこちらのほうがトレンドの勢いが強いと判断できたので、AUDJPYをチョイスしました。

      各通貨の力関係は通貨ペア選びにおいて大事なことですが、あくまで最後のエントリーポイントを決めるのは各相場状況だと思います。なので迷った時にはどちらのほうが「よりトレンドとしての勢いが強そうか」で判断していくといいと思いますよ〜\(・ω・`)

      ORZ

  8. nemo より:

    orzさん、こんにちは。私はnemoといいます。私は最近、FXを始めたばかりで初歩的なものになってしまいますが、私の中での素朴な疑問を質問させていただきます。orzさんの以前のブログで相場で曖昧な判断をするのは人間はAIには負けないという旨のコメントをされていましたが、具体的にどうしてか回答頂けますと幸いです。私はどうしても膨大なデータを蓄積させたAIに勝つのは難しいのではと考えていました。

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      nemoさん、こんにちは!
      初コメントありがとうございます♪

      おそらくこの記事のお話ですかね(・∀・)?

      FXで勝てない原因は思考にあり?15年勝ち続けた考え方を伝授!

      ごめんなさい、言葉足らずだったかもしれません(´Д`)

      単純なプログラムで動いているようなEA(エキスパートアドバイザー)には、パフォーマンス(どれだけ利益を得られるかって感じで使いました)で負ける気はしないって感じを伝えたかったんです^^

      人間はその場の相場状況を捉えた上でトレードしていけるし、チャンスで大きくリスクとって勝負もできます♪

      nemoさんのおっしゃる通り、AI(人工知能)に過去の膨大な値動きデータを学習させたら、人間が気付かないサイクル的・パターン的な必勝ポイントとか見つけてきそうですよね!

      まあ幸いFXはAIとタイマンで勝負するゲームではないので、仮にAIが市場を支配したとしても、その動きにくっついていくことで勝てる(利益を得られる)かもしれませんし(・∀・)

      どちらにしてもORZ的にはそんな悲観的には見てないですよん♪

      ORZ

  9. ラーセン より:

     ORZさん、こんにちは。
     こちらの方に書き込むのは初になります。
    今回記事を読んでいて、私もORZさんと全く同じシナリオを描いてポジションをゲットしていたので、なんだか嬉しくなってコメントしてしまいました。
     ただ、私の場合はキッチリと損切りまで引っ張ってしまいましたが…(笑)
     今回のトレードではORZさんは撤退されていますが、撤退のときは何か条件を決めていますか?
     最近ポジションを取るタイミングやトレードの見立てが悪いのか、レンジ相場を狙って15pips前後の含み益をウロウロした後に逆行して損切り。みたいな感じで利確に至らず連敗が続いております。
     少ないpip数での撤退や利確などについて、ORZさんの条件などがありましたら教えてください。

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      ラーセンさん、こんにちは!
      初コメントありがとうございます(・∀・)

      ラーセンさんもこのポイントでポジれていたんですね!エントリーポイントとしてはいいところだと思っていたのですが、ボラが低くて全然上がっていかなかったので残念でしたよね〜

      ご質問にあった少ないpipsでの撤退や利確の条件についてですが、大きくは3パターンに分かれるかなと考えています。

      ①金曜日の夜にポジション持っている時
      →週明けまで持ち越すと窓開きリスクがあるため

      ②重要指標(雇用統計・各国政策金利の発表)が控えている時
      →値動きが大きくなり、スプレッドが広がりやすく、自分の想定以上の損切額を被るリスクがあるため

      ボラティリティが極端に落ちている時
      →市場参加者が減ることでスプレッドが広がりやすく、自分の想定以上の損切額を被るリスクがあるため

      今回のパターンは③に該当しますが、ボラティリティがあまりにも低い状態は市場参加者が減っていることを意味します。そうなるとスプレッドが広がりやすくなり、自分の想定している損切幅で切れない可能性があるため、こういう時には潔く切ってしまいますね。

      ただ、ボラティリティが低ければすべてポジを切るというルールにしてしまうと、長時間ポジションを保有することができなくなってしまうので、今回のように各地域の市場が閉まっているなど、「明確に市場参加者が減っている要因がある時」だけに限ったルールにしたほうがいいかと思います。

      分かりにくいところとかあれば、追加で解説するのでそのままコメントしてもらうか、「orzneetfx@gmail.com」までメールもらえれば幸いです^^

      ORZ