脱・ポジポジ病!期待値の低いポイントを見送るコツと考え方

みなさん、こんばんは!6月もおそらくニート、ORZです(・∀・)

先週まで続いていたユーロ売りトレンドはすごかったっすね~~!
かなりイケイケな勢いのあるトレンドだったので、トレンディニートであるORZも密かにモロタしておりました♪

また、道場生さんからも数多くのモロタ報告をいただき、道場生さんと一体となってトレンドの波にのっかてるみたいで嬉しい限りでございます(*´ω`*)♪

今週も相場を攻略して、みんなでいい波乗れるといいですね〜(・∀・)!

が!が!しかし!!

多くのモロタ報告をいただく一方、こんなご質問もいただきます。

 

道場生さん
道場生さん

ORZさん。こんばんは。トレンド相場でモロタすることもできるのですが、余計なところでポジポジしてしまい利益が残りません。どうすればいいでしょうか?

 

なるほど、ポジポジ病ですね。
特にFX初心者の方にとっては、頭を悩ませる問題の一つですねえ(;´Д`)

相場環境を把握できるスキルが身につくと、今までどっちに動くか方向感がさっぱりだった相場が少しずつわかるようになってきます。

すると、相場環境の認識に自信が持てるようになって理想的なエントリーポイントを見極めずに、なんとなく「上がりそう」or「下がりそう」という方向感だけで判断してエントリーしてしまう・・・

これがFX初心者の方によくありがちなポジポジ病のパターンではないかと思います(´ー`)

ただ、勝率100%を維持するなんていうのは到底無理な話で、どんなに凄腕のトレーダーが理想的なエントリーポイントを厳選してポジションを建てたとしても負けてしまう時は負けてしまいます。

勝ち負けを繰り返しながらも、利益を着実に残していくには「損をする機会を減らし、利益を獲得する機会を増やす。」

つまり損小利大を徹底するということが大切というわけですね(・∀・)bグッ!

損小利大は単純に負けトレードの損失を一定に抑え、勝ちトレードの利益を一定以上に伸ばすことだと受け取られがちですが、負ける確率が高そうな期待値の低いポイントでのエントリーを見送り、余計なトレードを減らして損失を抑える、ということでもあります。

トレードの中で、見送るというがポジショニングの選択肢の一つであることを理解し、身につけることができればポジポジ病の克服にも繋がりますし、結果として利益を残しやすくなってきます♪

本日はポジポジ病を克服する考え方やエントリーを見送る一例をトレード解説とともにを紹介していきますので、克服のためのいいお薬にしていただければと思います♪

では行ってみよ〜(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

 

トータルで利益を残すなら、エントリーポイントを期待値の高いポイントだけに厳選しよう!

そもそもポジポジ病は「勝ちたい、利益が欲しい」という心理が起因しています。

もちろんお金を稼ぐためにFXをやっているので、
早く利益を稼ぎたいと思うのは至極当然ですわね(・∀・)

しかし、いくらポジポジとエントリーを繰り返していても、テクニカル分析の精度がよくならなければ勝率は改善しませんし、損小利大のトレードも実現できません!!

早くFXで稼ぎたい気持ちを押し殺してポジポジ病を克服するためには、
エントリーポイントを期待値の高いポイントだけに
厳選することが大切なのであります(・∀・)

期待値が高いポイントというのは、
つまりテクニカル的な根拠や裏付けが強いと判断できるポイントのことです。

例えば、テクニカル的な根拠が強い80%のポイントと、根拠が弱い20%のポイントが10回あると仮定してみましょう♪

ポジポジ病トレーダー
すると、ポジポジ病の人はこの全てのポイントでエントリーしてしまうのです(;・∀・)

これら全てでエントリーしてしまうとトレードの勝率が低くなってしまい、たとえ損小利大を徹底できていたとしてもトータルで利益が残りにくくなってしまいます。

反対にトータルで利益を残せるようにするためには、

勝てるトレーダー
10回のエントリー機会のうち、全てのポイントでトレードするのではなく、より期待値の高いポイントにエントリーを厳選していくことが大切です。

テクニカル的な期待値の高いポイントではリスクを抑えながら仕掛け、反対に期待値の低いポイントではエントリーを見送ったり、深追いせずに利食いを早めたりすることで、負けトレードを減らしていけばトータルでプラスになりやすくなってきます♪

ORZも毎日のように相場と向き合っていく中で、単純にチャンスとなりそうな相場を探すだけでなく、そのチャンスがどれだけ期待値が高いか?という視点でポジションを建てるべきかどうかを判断しています(・∀・)

トレードには買う・売るというポジションの他に見送るというポジションがあるのだ!
という認識でいると、根拠の弱いところでのエントリーをしっかり見極めて見送れるようになりますので、時には見送り判断をすることが大切であることを覚えておきましょう(`・ω・´)ゞ

エントリー根拠に確信が持てなくなったらアッサリと見送り判断しちゃおう( `ー´)ノ

ではここからはORZのトレードに沿って、解説していきます!

まずはいつも通り相場分析をしていきましょう。

ユーロ円:1時間足
EURJPY1時間足

こちらは1時間足。

下降トレンドからMA100をローソク足がブレイクしてますので転換といったところですね。

ここから上昇の勢いが続きそうなら、短期足の流れに乗っかれないかと考えました(・∀・)

ユーロ円:15分足
EURJPY 15分足

こちらは15分足。
移動平均線3本とも上向き&上昇雲も出ており、上昇トレンドと判断できます。

MA100が押し目のポイントとなっていて、前回高値を更新しながら上昇していますね。
この流れに乗るのであれば、起点となっているMA100とサポートラインが重なるところあたりが理想的といった感じでしょうか♪(・∀・)

ここまでで1時間~15分で短期トレードで狙う場合の目安が見えてきました。

次は上位足の相場状況を確認して、短期の上昇を妨げる抵抗帯などのお邪魔虫がいないかチェックしておきましょう!!

ユーロ円:日足
ユーロ円日足


V字回復(゚∀゚)!!

日足はレンジ相場から安値をブレイクして下落した後、移動平均線との乖離を埋めるかのように戻しが入ってきていますので直近の流れは上昇傾向にあると考えて良さそうですね。

ユーロ円:4時間足

EURJPY4時間足

4時間足では、移動平均線が3本とも下向き&下降雲も形成しているので下降トレンドですが、直近のローソク足は大きく上昇しておりますので、短期的にMA50あたりをターゲットに戻しが入っている展開といったところですね。

中期的には流れが下落トレンドなので、仕掛けるにしても深追いはせずにMA50手前あたりを決済目標にしてモロタしちゃったほうがよさそうですな♪(・∀・)

今回の戦略
日足:弱い下降トレンドで流れは下向きだが直近はMA20との乖離を埋める値動き
4時間足:下降トレンドで直近の値動きは戻りの展開。
1時間足:ローソク足がMA100をブレイクして転換中。
15分足:移動平均線が3本とも上向き上昇トレンド。

シナリオ:
15分足のMA100とサポートラインが重なるポイントまで価格が落ちてきたらポジションゲッツを狙う。

 

難しいことは要らない。ベストなポイントまで待つのみ。

戦略が決まれば、あとは細かい値動きを確認していきます。

ユーロ円:5分足
EURJPY5分足
こちらは、5分足になります。

直近の価格はグイグイと上昇してますので、ローソク足が15分足のMA100まで落ちてきてサポートラインに価格が抑えられる展開がくるのを待ちます(・∀・)

んが、しかし・・・

ユーロ円:5分足
EURJPY5分足

うーん、、、

思ったよりも早く価格が落ちてきてしまい、サポートラインとMA100が重なるかどうかが若干怪しくなってきました。

でもまあ、もう少し様子見していればサポートラインに価格が抑えられてローソク足がウヨウヨ横ばいになってる間にMA100が追いついてくるでしょう、、、、

EURJPY下落


あらやだ〜(・∀・;)

サポートラインもあっさりブレイクして一気に下落してしまいました。笑

MA100まで価格は落ちてきていましたが、サポートラインを割っていることを考えると、高値更新の勢いが弱まっていることも考えられますし、MA100が押し目として機能するかも確信が持てなくなってしまったので今回はエントリーを見送ることにしました。

さすがにMA100だけを基準にというのはエントリーの後押しが少なすぎますしねぇ(;・∀・)

ん~~~、

全然くやしくなんてないんだからっ!!(; ・`д・´)

まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。

エントリー判断は、やはりトレーダーにとっての永遠のテーマですねえ・・・(;´~`)

あまりにもリスクに対して消極的になりすぎてもポジションがとれませんし、
逆に期待値があまり高くないところでポジポジとしていたらいつまでも利益は残せません。

トータルで利益を残すためにも損なポジションを掴まされないように、見送るべきところは見極めていかないとですね(´・ω・`)

見送るべきかどうかの判断は、その時々の相場状況やテクニカル的な根拠がどれくらい揃っているかによっても変わってくるので、それを見極めるためにはテクニカル的な知識や経験が必要にはなってきます。

ですが、いざエントリーする際に見送りポジションという選択肢を意識するだけでも見立てたポイントまでエントリーを待つことができるようになり、余計な負けトレードを減らすことができるのではないでしょうか^^

ポジポジ病がなかなか克服できないよ~~~(;´Д`)
と悩んでいる方はぜひ次回のトレードから意識していっていただけたら嬉しいです!

それでは次回のFXブログもお楽しみに〜♪

ORZのFX手法を一から学ベるFX道場開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》では
ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、
実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、
興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

真・ORZのFX道場で学べる6つの極意とは?

下記のメールフォームから参加申し込みいただくと
ORZから道場入門についての案内メールが届きます!

※ORZがメッセージを見てから返信しますので
2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

参加お申し込みフォーム
必須問い合わせ内容
任意具体的な相談内容
必須お名前(ニックネームもOK)
必須メールアドレス
任意ご職業
任意FX歴
任意トレード環境
任意1年間の運用目標

メールアドレスお間違いなければ、こちらにチェックを入れて送信じゃ〜(・∀・)♪

コメント

  1. ピロ より:

    お疲れ様です。
    最近調子良かったのですが、ポジポジ病と熱くなってしまい、損切り嵐になってしまいました。
    この記事読んでまた、一から出直しです!

    • neetfx より:

      ピロさん、お疲れ様です!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      たしかにトレードが上手くいってるときほど、ついつい調子に乗って、相場にのめり込んでしまうんですよね〜。自分もそれで何度もやらかしちゃったことがあるので、お気持ちはわかります(笑)

      たた、そこでやられっぱなしのまま突き進んでしまうか、一度立ち止まることができるか、ってところが運命の分かれ道なんじゃないかと思いますヽ(´ー`)

      ピロさんはしっかりと立ち止まることができているので、あとはここから度立て直していけば問題ないと思うので、その意気で来週からも頑張っていきま〜しょい!!

      ORZ

  2. hana より:

    orzさん、こんにちは!
    hanaです。最近損切り祭りになってしまい、勝率のあるポジションなのか、無理矢理理由付けして出来る相場と勘違いしてエントリーしているのか、、、。良くわからなくなっていました。

    わかりやすい相場、わかりにくい相場(見送り)、しかし、相場環境に応じて戦略を変えるべき相場。

    ん〜 わからない…(´ー`)

    例えば、短期で逆張りする場合は20%の勝率なのでしょうか?

    20%と80%の相場とは、、、orzさん…わからないです。。・゜・(ノД`)・゜・。

    • neetfx より:

      hanaさん、こんばんは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      ケースバイケースになってしまうところではありますが、簡単にいうと1つの根拠だけで決めてしまうことが20%の勝率しかないポイントというニュアンスですね。

      たとえば1時間足がトレンド相場を展開していて、SMA20の押し目買い局面を迎えているとします。なにも見ずにそのサインだけを信じてトレードしてしまっている状態は『20%の勝率』っていう表現に近いですね(*´ω`*)

      だって上位足の相場状況は逆行しているかもしれないし、短期足の値動きを見ずに、1時間足のローソク足の値動きですべて決めようとしているわけですからね。

      もっと勝率をあげること(リスクや後押し材料を探すこと)をしていれば、そのポイントが意識される可能性っていくらでも上げられますよね?

      そうやって自分が納得できる根拠をあつめてトレードに臨むことが80%の勝率のポイントでトレードするってことですね(´д`)

      基本に忠実に・・・根拠を集めながらトレードしていってもらえればと思います!

      ORZ

  3. sawaguchi@fx より:

    師匠何時もプログ記事参考にさせて頂いております!
    自分も一時期酷いポジポジ病末期患者で、もはやトレードでは無く感情のままに勝敗関係なく欲望エントリーしまくってました。資産を増やす目的が変わってエントリーに執着しちゃうんですよね。
    今は道場で学んだおかげでほぼポジポジ病が完治かな?くらいに改善しましたし、資産が少しずつ増えて負けが減りました。環境が判らなければエントリーしない事ですね!

    • neetfx より:

      sawaguchi@fxさん、こんばんは!
      いつもブログ遊びに来ていただきありがとうございます(`・ω・´)ゞ

      ポジポジ病ってまさにその通りだと思います。トレードを重ねていくことで、いつの間にか目的がすり替わる、または見失ってしまって、トレードすることに執着してしまうんですよね。ほんとうにトレードの七不思議といっても過言ではないですね(笑)

      もちろん一気に直せることに越したことはないですが、まずは自分もその症状にかかっているかもって気づくことが改善への第1歩なんだと思います。貴重な体験談をありがとうございました(*´ω`*)

      ORZ

  4. Hajime13 より:

    ORZ先生 記事のアップありがとうございます。いつも楽しみにしております。
    自分も資金が安定して増えていかないのは、いいトレードのあとの無駄なトレードの多いポジポジ病が原因だと思っております。特に、1日1回トレードしないと仕事をしていないような錯覚に襲われて
    無理やり根拠を作ってエントリしているような場合もありました。
    根拠が弱い20%のポイントのトレードと根拠の強い80%のトレードの区別が
    初心者にはなかなか難しいと思うのですが、テクニカル的な根拠を積み上げて判断する以外には、
    経験値的な勘で見送るべきトレードがわかってくるものなのでしょうか?

    • neetfx より:

      Hajime13さん、こんばんは!
      記事アップも楽しみにしていただけているみたいで嬉しいです(´ー`)

      >>1日1回トレードしないと仕事をしていないような錯覚に襲われて

      たしかにこの感覚は納得感がありますね(笑)
      いい意味で相場では仕事の意識なんて持たずに、サボれる人が勝てるのかもしれないですな(*´ω`*)

      >>経験値的な勘で見送るべきトレードがわかってくるものなのでしょうか?

      エントリーするポイントって明確に言葉に直せるんですけど、見送りって実際にその時の値動きを見ながら判断することが多いので、明確にこうなったり見送るって言葉になおしづらいんですよね。

      強いて言うなら、自分の思い描いたシナリオでなければひとまず見送りでOKだと思いますよ〜(´ー`)

      ORZ

  5. ヤスヤス より:

    ORZ先生こんにちはです。
    僕はスマホでの取引なので、以前はかなりのポジポジ病に陥っておりました…まだ通貨単位が少なかったのでマイナスが少なくすみましたが、さすがに先生の道場を卒業をして、やっと少額ですがリアルトレードを始めるまで、怖くてデモトレードから離れられない自分がおりました(^_^;)
    でも、少額ながらも吹っ切れたのは、ORZ先生から教わったリスクの取り方のお陰だと思います。
    損切りはこのトレードにおいての必要経費(先生のいうところの入場料)的な思いでラインを引くと自分なりには何とか受け止められるようになりました。
    ただ…唯一ですが、ポジポジで…はないとは思うのですが…、エントリーのやり直しは、してしまいます。
    ここから落ちる、上がると踏んでピョコンと切られると再度してしまいます…が大概はダメですね…もちろん再度損切り幅を設けて2度目だけですが今後はこういったことも気を付けます。

    • neetfx より:

      ヤスヤスさん、こんばんは!
      コメントありがとうございます(´ー`)

      そうですね〜!たしかにポジポジ病をなおすための考え方の1つが「リスク管理」に意識を向けることだと思います。このトレードでいくら損してもいいかを毎回意識していれば、下手なポイントでは手を出さなくなりますからね(*´ω`*)

      目指せ損小利大!トレード前に損切チケットを買うべし(・∀・)
      http://xn--fx-ph4angpet59xn23a.jp/?p=35015

      その思考はこれからも持ち続けていきましょうね〜♪

      ORZ

  6. かめっぽい より:

    いつもお世話になっております。
    コメントはなにやら久しぶりになりましたが、ブログ&Twitterは毎回参考にさせていただいております。
    ありがとうございます。

    自分もポジポジ病にかかりやすくって再発するたびに、ORZさんの言葉を戒めにしてます。

    「まずは生き残れ。」今回のこのセリフ、グッと来ました(〃ω〃)
    そうですよね、チャンスを見極めて、まずは生き残りたいです。

    • neetfx より:

      かめっぽいさん、こんばんは!
      お久しぶりのコメントありがとうございます(・∀・)

      毎回ブログ&ツイッターも参考にしていただけているみたいで嬉しいです!

      >>「まずは生き残れ。」今回のこのセリフ、グッと来ました(〃ω〃)

      まじまじと言われると照れますな(笑)
      でも、相場も人生も生き残ってなんぼですからね!長生きトレーダーを目指して一緒に頑張っていきましょう♪

      ORZ

  7. ところ天 より:

    こんにちは~いつも楽しく勉強させていただいてます♪
    ORZさんのブログは、移動平均線・雲・サポレジ・高値・安値のダウ理論でいたってシンプルに解説していただいてますので、ものすごく手法的にも覚えやすく再現しやすいのですが、他にエリオット波動やロウソク足の形状(包足・はらみ)なども注意してるのでしょうか?また斜めのトレンドラインからの反発エントリーなども初期の記事では見られたのですが現在も意識してたりはするのでしょうか?お聞かせいただければ幸いです(´∀`*)

    • neetfx より:

      ところ天さん、こんばんは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      トレンドラインやプライスアクションなども意識することはありますが、基本は移動平均線+一目均衡表がメインです♪
      あまり多くのインジケーターやラインなどを表示させると、それぞれに矛盾が生じてくることもありますからね!

      そこまで過剰に意識しすぎずに、「シンプル伊豆ベスト」でトレードしてみてくだされ〜♪
      ORZ