目指せ損小利大!トレード前に損切チケットを買うべし(・∀・)

回転寿司ではマグロを食すことに罪悪感を感じます。ORZです(´Д`)
貧乏性なんですかね、かっぱ巻きのほうが個人的には落ち着くんですよね。

さて、遅くなっちゃってゴメンナサイ!
前回の記事では読者さんからのお悩み相談ってことで、FX界の永遠の謎。
「なんで人は損小利大を実現することができないのか?」これをテーマに語ってきました!

いろいろと書きたいことがあったり、上手い例えがないか?探したりしてたら遅くなってしまいましたが・・・お待たせしました!本日はついに解決編です(・∀・)!

usdjpy_0707_m5_6

カンタンにいうと、実際にポジションを持っている時、

損を小さくしたい勢力」と「利益を大きくしたい勢力

この2つが同時に心の中に存在して、心の支配権は「損を小さくしたい勢力」に奪われている。

だから自分たちはここでポジションを切る選択肢を選んでしまうわけなんです(´Д`)

ってことは・・・
ポジション持っている時に「利益」のことだけを考える、もっといえば損失のことを一切考えることがなくなれば、自分たちは確実に損小利大に近づくのです。

では具体的にはどうすればいいか?ここからお話をスタートしますよ〜♪

トレード前には損切チケットを買っておくべし(・∀・)

orz_maind_7

前回の記事でもお話してきたように、ポジションを持っている時に損失くんのことが心の中にある限り、利益くんの意思は反映されないわけですからね!トレード中に損切くんのことを考えなくなれば、自分たちは利益くんの言うことだけを聞くことできるようになるのです!

だからこそ、やるべきことは1つだけ!

「1回のトレードの損失額を先に決めておく!」

これだけで十分なんです(・∀・)

0905_con_tickets

イメージとしては、「このトレードでは2000円分の損失を覚悟します!」という損切チケット(損切額)をトレード前に購入してから、トレードに参加するっていう感じです(・∀・)

これならすでに損失額分のお金は手元から無くなってもOKってことを大前提にトレードしているわけですからね!

usdjpy_0707_m5_8

たとえ赤いラインに到達しても、それは目には見えない損切チケットの価値が単なる紙切れとしてなくなっただけ!そうやって割り切ってしまえば、そもそもトレード中に含み損を抱えるという感覚もなくなるわけです(゚д゚)!

含み損がなくなってくれれば、赤いラインに到達するまでの値動きはぜんぶ自分にとってはプラスの値動きに見えているわけですから、ひたすら利益を伸ばすということだけに専念できるようになるわけです。

そう!これで誰もが損小利大のトレードができるようになれるのです(´ー`)

え、これだけでいいの?それならオイラにも出来るじゃん!
よっしゃ、これで栄光の扉に向って一直線!ほんじゃまた来週〜\(・∀・)チャンチャン



と、終わりにしたいのは山々ですが、やっぱり現実はそんなに甘くなくてw

なぜかっていうと、人間は誰しもあらかじめ損するリスクを受け入れることがとっても苦手な生き物なんです。

usdjpy_0707_m5_9

だってそもそも損なんてしたくないんですからね(´・ω・`)

頭ではポジションを持つ前に、先に損失額を決めたほうがいい!っていうのはわかっていても、損失グループの誘惑はなかなか頭の中から離れてくれず、損切りを決めるのを避け続けてずーっと後回しにしちゃったり、自分で損切ラインを決めたとしても、本当にそこまで損失を許容できなかったりするわけです(´Д`)

やり方が分かっていても、これじゃ絵に描いた餅で終わってしまうのです。
じゃあもうちょっとだけ深堀りしてみましょう!

・・・なんで自分たちは事前に決めた損失金額をバシッと守ることができないんでしょう?

自分が思うにきっと「トレードでリスクを受け入れること」を正しく認識しているかどうかだと思うんです(´Д`)

トレードのリスクを受け入れて、損失グループを追い出す!

ここまで話してきたように、
先に損切チケットっていう参加費を支払った上で、1回1回のトレードに参加する!

これさえ守っていれば、誰でも損小利大は実現することができるようになるんです!

でもこれをやったほうがいい!ということは分かりつつも、人間は損するリスクを受け入れることが嫌いな生き物なので、なかなか行動に移すことができないというジレンマに揺れてるってわけです。

ということは、リスクを受け入れることさえできるようになれば、誰もが自信を持って損小利大の道が切り開けるというわけです(・∀・)

ではでは、なんで自分たちは「先に損切チケットを買う」というリスクを受け入れることができないのか?

自分が思うにきっと「先に予算を決めておくこと」と「リスクを受け入れること」、この関係をきちんと知っているか否かの違いなんじゃないかと思います(´ー`)

カンタンにいうと・・・
先に予算を決めておかないと、人はリスクを受け入れることも、ましてや利益を伸ばすこともできないんですよ〜!

リスクを受け入れる。実はこれって当たり前のことなのよ(・∀・)

リスクを受け入れるなんて言葉を聞くと、少〜し怖いイメージもあると思いますが、

実は身近なところでも自分たちは予算を決めた上で、リスクを受け入れるってことをやっているんです!

たとえば、ORZには縁もゆかりもありませんが、
回らない高級なお寿司屋さんに行った時のことを妄想してみてください(´ー`)

ま、きっとこんなイメージのお店でしょう。そのお店にはメニューも、価格表もなくて、いわば大将さんのお任せで料理が出てくるみたいな感じです!

さて、突然ですがここでクエッションタイム!

この時、このお店で自分がいくら支払うのか?予算のことをまったく大将に伝えていなかったら、どうでしょう?

せっかく高級なお寿司屋さんに来ているのに、きっと「自分のお財布の中身で足りるどうか?」お金のことばかり心配になってしまうんじゃないでしょうか。

orz_nounaimaker_0908

そうなってしまったら・・・もう頭の中は「いかに安く済ませるか?」ってことばかり考えてしまいますよね。かっぱ巻きとかお稲荷さんとか、いかにも自分でも支払えそうな安く済むもの(リスクが低いもの)ばかり頼んでしまうんじゃないでしょうか(・∀・)

つまり、せっかく美味しいお店にいったのに、先に予算を決めておかないと「いかに安く済ませるか?=損を小さくするか?」ってことばかりを考えてしまって、ゆっくり食事を楽しむこともままならなくなってしまうのです。

ではこんな時、皆さんならどういう行動を取るでしょうか?

dog_1mannen

きっと恥を捨てて、あらかじめお店の大将に、
「1万円くらいの予算でお任せします(・∀・)」
と、あらかじめ予算を決めるんじゃないでしょうか?

こうすればお金のことは一切気にせずに、そのお店のお寿司をゆっくり楽しむことに専念できるようになりますからね!

orz_maind_5

このことからもわかるように、人間は誰しもいくら支払えばいいのか?わからない状態。

もっといえば、支払う金額を決めるのを後回しにしてしまうと、まったくリスクを受け入れられず「損しないための行動」を取ってしまうのです。またこいつらに心の中を支配されちゃうってこと!これではしっかりと美味しいものを食べることが出来なくなっちゃいますからね(´Д`)

だからこそ、あらかじめ自分で支払う予算を決めることは、目先の損益を気にせずに(お寿司を食べるとか利益を伸ばすとか)自分のやりたいことに専念できるようになるために必要不可欠な行動なのです!

〜ここまでのまとめ〜
・人間誰しも予算を決めることを後回しにしがち!
・予算決めを後回しにすると、結果的に「損しない行動」を取ってしまう。
・あらかじめ予算を決める。これがやりたいことに専念する近道。

つまり、トレードでも一緒!損小利大を達成するためには、自分たちはあえて1回のトレードで使う金額(損切チケット)を先に決めることは通らなくちゃいけない道なのです(・∀・)

ほんじゃ最後に、そんな1回のトレード金額(損切チケット)はいくらに設定しておくのが最適なのか?このあたりの話をして、今日のお話を終了したいと思います(´ー`)

損切チケットは自分のお財布から出せる範囲に収める。

orz_maind_10

このことからもあらかじめ損失チケットを買うこと、つまり1回のトレード金額を自分で把握しておけば、もはや「損を小さくしたい勢力」が付け入る隙は一切なくなりますからね!これで「利益を大きくしたい勢力」が自分の心の政権を独占してくれるので、おのずと含み益を伸ばすことに専念できるってことです(・∀・)

とはいえ・・・1個だけORZから注意点があります!

それは自分のお財布(口座資金)に合わせて、損切りチケットを設定するってことです(´ー`)

いくらこの損切チケット(損失額)を自分で把握していたとしても、そもそも自分のお財布(口座資金)では支払えないような適当な金額を決めていたらまったく意味ないのです!だって10万円の資金でトレードしているのに、損切金額を9万円を設定しちゃったらどうでしょう?実際のお財布で考えたら、そんな大金を本当に支払えるでしょうか(・∀・)?

だからこそ、見えない自分のお財布(資金)に見合った適切なチケット金額、もっといえば自分が実際に支払うことが出来る金額に設定することがはじめは大切だと思います!

ORZが提案する目安としては、10万円から100万円を目指す企画でも紹介したように、
1回の損失チケット(損失額)は、自分の全資金の5〜7%に収める
まずはこれをベースに考えていくのがベターだと思います!

たとえば、資金10万円でスタートするのであれば・・・

資金10万円×5%=5000円

5000円くらいの損失チケットにしていけばいいってわけです(・∀・)

詳しい計算ツールは、ここでも紹介しているのでpipsやらロット数やら上手く調整しながら、自分のお財布に合った損切チケットを見つけてくだされ〜♪

ってことで、今回は普段のORZのトレードに対する考え方についてまとめてみました〜♪

結局、FXはセンスがなくちゃ勝てない!」>(´Д`)

みたいな情報もネット上でウヨウヨしてますが、「あくまで勝てる人は勝ちやすい考え方を、負けちゃう人は負けやすい考え方をしている。」たったそれだけの違いだと思っています!それは自分自身がどん底のニート時代から右往左往してきた中で知り得たことです。

だからこそ、1つ1つ必要な知識さえ身に着けていけば誰でも勝ち組トレーダーを目指していける!そう自分は信じています(・∀・)

ぜひこれからFXを始めようと考えている方は、ただ自らの直感に頼って「上がるか・下がるか」という賭け事のようにFXを考えずに、しっかりと知識に基づいた根拠のあるトレードを実践していけるように学習してみてください!!

もちろんこのFXブログでも様々な知識についての記事を書いておりますし、FXをイチから学校みたいに体系立てて学びたい!ということであれば、FX道場でも伝授していますので、お気軽に活用してみてくだされ(´ー`)

ではでは、次回のFXブログもお楽しみに〜ん♪

無料でORZのFX手法が学べる、
《真・ORZのFX道場》を開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》では
ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、
実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でもご参加いただける企画になっていますので、
興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

真・ORZのFX道場で学べる6つの極意とは?

参加ご希望の方は下記のメールフォームから申し込みしていただくと、
ORZから道場入門についての案内がメールで届きます^^

※ORZがメッセージを見てから返信しますので
2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

参加お申し込みフォーム

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

FX経験:
1年間のFX運用目標:


※最新のブログ更新情報をメールで通知してほしい!という方はコチラ(・∀・)
↓↓↓


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,097人の購読者に加わりましょう


無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)

メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)

コメント

  1. 海坊主 より:

    ORZさん乙です( *´艸`)ナンチャッテ
    なるほど、最初にトレード料金を払って参加していると考える事が大事なのですね“〆(゚_゚*)フムフム
    後は自分の見立て通りならばモロタで、チケット取られたら元々支払っていた金額なので気にせず、赤ペン先生の補習受けた後に、チケット料金の設定をして、補習による相場分析の見直し、からのエントリーですね( *˙ω˙*)و グッ!
    思い切ってポジれるように、いっそのことレートを1/10にして、チキントレードが克服出来るように頑張ってみます( º言º)カッ
    とは言っても、相場分析が甘いとチケット代がかさむだけなので、分析スキルのレベル上げをせねばε-(`・ω・´)フンッ

    • neetfx より:

      海坊主さん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(`・ω・´)ゞ

      今回の記事も参考にしてもらえたみたいでよかったです!
      そうそう!ついつい誰しもがけちん坊になりがちなのですが、何でもかんでもケチケチしていると結果的に全然楽しめない、だからこそ損切チケットを買う覚悟を持つことが大事ってことです(・∀・)

      ま、といっても海坊主さんも仰っているように1日に何十枚もチケットを買っていたら、お財布にいくらお金があっても足りないですからね!ちゃんと相場分析しながらどこでチケットを買ったらいいか?っていう目を養うことが重要なのです!

      ばっちりポイントは押さえることができているので、あとは実際のトレードでもこのあたりを意識してみてくだされ!ご健闘をお祈りしておりま〜す♪

      ORZ

  2. torikami より:

    ORZ先生こんばんは!
    今回のブログは首を長くして待ってました。
    損小利大を頭ではわかっていてもなかなか実行出来ないので、目下最大の問題です。
    毎回、逆指値は入れてますが、ご指摘の通りこれを事実上のリスクとして受け入れていないのだと思います。だから逆指値があるのに含み損になると損を大きくしたくなくて、途中で決済してしまうのです。するとその後見立て通りに行くという…泣(自分の見立てに自信がない、というのが一番イケナイ!)逆指値は毎回トレードのためのチケットを買っていると考えるのですね。それで逆指値のラインまではまだ損ではない…これがストンと腑に落ちたら一歩前進でしょうか?頑張ります!

    • neetfx より:

      torikamiさん、こんにちは!
      ツイッターにもお返事いただきありがとうございます(・∀・)

      今回の記事楽しみにしていただけていたみたいで…そう言ってもらえるといろいろとたとえ話を試行錯誤した甲斐がありましたよw

      内容はバッチリ理解してもらえているみたいで、読み込んでいただけた通りで問題なっしんぐです。

      誰しも損したくないからどうにもケチケチっしてしまうのですが、それでは利益を伸ばすことを楽しめないですからね!トレード中には利益を伸ばす可能性だけを考えられるように、損切のことは前もってチケットを買って参加したっていうことでトレード中に考えるのをやめるのが大事ってことです!

      ここまで理解していればあとは実際のトレードで体現するだけっす!ただ、いきなり高額なチケットを買おうと思うと、やっぱりけちん坊症候群がぶり返してしまうと思うので、まずは「自分のお財布に優しいチケット代」からチャレンジしていきましょう♪

      ORZ

  3. やすノン より:

    ORZさんこんばんは^ ^
    お寿司屋さんの例えは『なるほど!確かに自分もそう思う!』と共感しました^ ^
    いつも例えがわかりやすいのですんなり頭に入っていきます(`・∀・´)
    やはり損切りに引っかかってしまうとチキショーと思ってしまいますが、それを『この程度の損失ですんで良かった』とリスクを受け入れることができればいいってことですね✨
    これでプロスペクト理論にも打ち勝てるんですね(^-^ )

    • neetfx より:

      やすノンさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(・∀・)
      今回の喩え話は我ながら上手く言えたなと自画自賛してますw

      そうそう!まさにその通りっす!同じ「損切に遭う」っていう出来事であっても、ちょっとした発想の違いで受け止め方は全然変わるってことです!このちょっとした考え方で宿敵「プロスペクト理論」に打ち勝つこともできるようになりますので、ぜひお試しあれ〜♪

      ORZ

  4. aki より:

    ORZさんこんにちは。
    たしかに、20pipの手数料ないし、参加料を払って相場に参加していると思うと気持ちがラクになりますね。毎トレードにドキドキしたりビビりが入ったりして、喜怒哀楽になるのは早く卒業したいと思います。ポジ持ったら指値して、放置。pcを閉じるという荒業を今は実践しています(笑)
    今後ともよろしくお願い致します。

    • neetfx より:

      akiさん、こんばんは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      そうそう!その発想っす!よくよく考えれば当たり前のことなんですけど、ついつい自分たちは参加費を払わずにケチってトレードに参加しちゃいがちなんですよねw

      でも、トレード前からケチケチしていると、トレード中の考えもケチケチしちゃいますからね!そこはしっかりと参加費を支払って参加しよう!ということなんです。良かったら参考にしてみてください♪

      akiさんのご健闘をお祈りしておりま〜す(´ー`)

      ORZ