順張りで勝ちやすい『押し目買いと戻り売り』とは

こんばんは!おつです。
久しぶりのFXブログ更新です^^;

今日のFXブログではFX初心者の方にはぜひ知っておいていただきたい、『押し目買い』、それと『戻り売り』について解説していきたいと思います。

FX初心者の方でも比較的勝ちやすいといわれている「トレンド相場での順張り」ですが、その順張りトレードで、よりリスクが低いポジションを建てるためのトレード方法が、押し目買い・戻り売りです。

先日書いた「FX初心者必見!SMA&一目均衡表の相場状況の見極め方法」の記事と同じくらいFXの基本中の基本ですが、FXをやる上で欠かせない知識だと思いますので、押し目と戻り売りってなに!?という方はぜひ覚えていってください^^

まずは押し目買い・戻り売りの基本から書いていきます!

押し目買い・戻り売りとは??

押し目買い・戻り売りとは順張りでトレードする時に、相場がトレンド方向へブレイクアウトした直後を狙うのではなく、少し戻しが入ったところでポジションを建てるトレード方法です。

押し目買い・戻り売りには主に以下の2つのメリットがあります。

・ブレイクアウトを狙ったトレードより獲得できる値幅が大きい場合がある
・高値掴み・安値掴みしてしまうリスクを回避することができる

相場が急激に動いた時に、トレンドだ!と判断してすぐポジションを建てると、高値掴み・安値掴みしてしまうというリスクがあるんですよね^^;

ではそもそも高値掴み・安値掴みってなんでしょうか?

高値掴み・安値掴みとは?

高値掴み・安値掴みは、その名の通り、高値・安値近辺でエントリーして、そのあとすぐ相場がエントリーした方向の逆に動き、含み損を抱えてしまうことを言います。

前回高値・安値をブレイクアウトした相場を狙う人は、ポジションを保有した直後に含み損になってしまった、という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

通常はトレンドが明確なのであれば、基本的にその方向に沿ってポジションを建てれば、優位性が高いのは間違いないのですが・・・

むやみに上がっているからという理由だけでポジションを建てると、買った瞬間に下がってしまったり、逆に急速に下がった直後にエントリーしてポジションを建てた瞬間に上がっていってしまう。ということにもなりかねません。

それを避けるためにも相場に少し戻しが入るのを待って、ポジションを建てるのが、押し目買い・戻り売りというわけです^^

osime-modori

押し目買い・戻り売りのあるあるパターンを覚えよう!

押し目買い・戻り売りでは既に上昇・または下降した相場が「どこまで戻すか?」と分析するのが基本になります。

自分の場合はSMA2050・100を使ってテクニカルを見ていますので、相場の流れを見ながらこの3本のラインいずれかを押し目買い・戻り売りのポイントとして見ています。

まずは下の画像を見てみてください^^

modoriuri-point

こちらはGBP・USDの一時間足チャートですが、ローソク足は移動平均のMA20とMA50まで戻しながらも安値を切り下げて下降トレンドを形成しています。

このようにチャートを見ると、
ローソク足が移動平均線から大きく乖離したあとよりも、戻り売りでトレードしたほうがリスクも低く、なおかつ獲得できるpips数が大きくなるというのがよくおわかりいただけるかと思います^^

この相場では、MA20(赤線)もひとつのサポート(抵抗)としてみることはできますが、より信頼度の高いサポートポイントはMA50(青線)となっています。

過去の流れを見ることで、
どの移動平均がサポートポイントになる可能性が高いのか?というのがわかることも多く、トレンドが明確な時はそこまで価格が戻したらエントリーしよう!とある程度のシナリオを描くことができます。

また、損切りすべきポイントも明確にルール化しやすく、自分の場合そのサポートポイント(移動平均線等)をブレイクした-20pips付近で設けるだけなので、迷わず損切りすることができます。

それでは次も、別の相場パターンで押し目・戻り売りポイントを見てみましょう。

eurusd30osimepoint

こちらはEUR・USDの30分足のチャートです。
ここではMA50とMA100が押し目買いのサポートポイントとなっていますね。

上昇トレンドでも、下降トレンドでも、
目安となるのはMA20・MA50・MA100のいずれかがサポートポイントになるのですが、どれが明確なサポートポイントになるかについての指標はありませんので、その時のトレンドの勢いに合わせて判断します。

正確なポイントは神のみぞ知るところです^^;

相場の勢いが強い時は、MA20・MA50などの直近の移動平均が押し目買い・戻り売りポイントになることが多く、トレンド相場でも、相場の勢いがあまり強くない時はMA100あたりまで深く戻して押し目買い・戻り売りポイントになることになることがあります。

既にMA50などを割って、MA100まで価格が戻そうとしている局面であればMA100で押し目買い・戻り売りを仕掛ける、ということもあります。

エントリーのサインというよりは、あくまで押し目買い・戻り売りの目安となる指標ですので、損切りポイントを仕掛けた上で、トレンドに良いポイントで乗る方法として利用してみていただければと思います!

それでは次回のFXブログもお楽しみに♪

無料でORZのFX手法が学べる、
《真・ORZのFX道場》を開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》では
ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、
実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でもご参加いただける企画になっていますので、
興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

◼︎道場企画の詳細はこちら
真・ORZのFX道場とは??道場システムを一挙解説!

参加ご希望の方は下記のメールフォームから申し込みしていただくと、
ORZから道場入門についての案内がメールで届きます^^

※ORZがメッセージを見て、直接返信いたしますので
返信まで2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

FX経験:
ご職業:
運用資金:
1年間のFX運用目標:
トレードするデバイス:


※最新のブログ更新情報をメールで通知してほしい!という方はコチラ(・∀・)
↓↓↓


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,048人の購読者に加わりましょう


無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)

メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)