正しい通貨ペアの選び方!通貨ペアの力関係を見極める(2)

こんばんは!ORZです(・∀・)

昨日の「FXで通貨ペアを選ぶ時のコツ!通貨ペアの力関係の見極め方(1)」の記事で、
理想的な通貨ペアが「最も買われている通貨」と「最も売られている通貨」の
組み合わせであることをお伝えしました^^

まだ記事をご覧になっていない方は、
昨日のFXブログもご覧ください♪

昨日は基本的な概念の解説だけで終わってしまったので、
今日は続きで「理想的な通貨ペアの選び方」を解説していきます!

理想的な通貨ペアの組み合わせを知るために、
まずは各国の通貨がどの通貨に対して買われていて、
どの通貨に対して売られているのか、という
力関係を確認していくところから始めます。

「最も買われている通貨」と「最も売られている通貨」は
いわば、通貨の中の「主役」です。

今回はORZがどのように理想的な通貨ペアを
探しているのかを理解していただくために、
主要通貨ペアのUSD・EUR・JPY・AUD・GBP・CHF・CADを比較して、
実際の相場状況の中から、最も有利にトレードできそうな
主役となる通貨ペアを見つけていきたいと思います!
(※本来ならNZDも含めたいところですが、説明が余分に増えそうなので省きます^^;)

それでは、一つずつ順を追ってみていきましょう(・∀・)

通貨ペアの選び方①
まずは対ドルで通貨ペアを比較していく!

まず、主役通貨を見つけるために
USDの通貨ペアを全て表示して、それぞれの相場環境(上昇・下降トレンドorレンジ)が、
どのような展開になっているのかを確認していきます。

クリックで拡大表示できます(・∀・)
通貨ペアの選び方

ここでは自分が基本的にトレードの軸としている、
中期軸の4時間足をベースに、各相場のチャートを表示させています。
もしスキャルなど、短期的な時間軸で狙う場合は、
5分足や15分足などの短い時間足で
各相場の全体の流れを見るようにしてください(´ー`)

ここでの現在の相場状況は、

EUR/USD = 下降トレンド(ドル買い)
AUD/USD = 下降トレンド(ドル買い)
GBP/USD = レンジだが上昇気味(ドル売り傾向)
CHF/USD = 上昇トレンド(ドル買い)
USD/JPY = レンジだが上昇傾向が強い(ドル買い)
USD/CAD = 上昇トレンド(ドル買い)

これらの状況を見てみると、
USDは比較的、GBP以外の通貨から買われていて
力関係上、かなり強い通貨であることがわかりました。

唯一ドル売りっぽいのはGBP/USDですね。
こちらはレンジ相場ですが、直近の値動きは
GBP買いに動いているため、
わずかにGBPの方が強そうです(・∀・)

この時点で最も強い通貨ペアがわからなければ、
JPYなどの主要通貨でも力関係をチェックしてみましょう!

現時点でUSDに対して明確にドル買いを示しているのは
EUR、AUD、CHF、CADの4通貨になりますので、
次に、この中から「最も売られている通貨」を見つけていきます^^

通貨ペアの選び方②
候補通貨を軸に通貨ペアを比較する!

最も売られている通貨を見つけるために、
この中で「候補となる通貨」を選んで
その通貨を軸に他の通貨ペアと比較します(・∀・)

候補となる通貨は、ドル買い傾向が最も強そうな通貨を
チャートに表示されたテクニカルを見て選びます。

この中で特にドル買い傾向が強そうな通貨は、
最も綺麗な下降トレンドを描いているAUDですね(・∀・)

AUDUSD

他の通貨ペアと比べてみても、
MAも一直線に売り方向へ伸びていて、
長く分厚い下降雲も形成しているため、
明らかに下降トレンドであることがわかります。

AUD/USDがテクニカル的に強い下降基調にあるということは
それだけAUDが他のペアに対しても強く売られている
可能性が高いということでもあります^^

というわけで、
次はAUDのクロス通貨も確認していきましょう(・∀・)

クリックで拡大表示できます!
aud2

現在のAUDを取り巻く相場環境は、

AUD/USD = 下降トレンド(豪ドル売り)
EUR/AUD = 上昇トレンド(豪ドル売り)
GBP/AUD = 上昇トレンド(豪ドル売り)
AUD/CAD = 下降トレンド(豪ドル売り)
AUD/CHF = 下降トレンド(豪ドル売り)
AUD/JPY = 下降トレンド(豪ドル売り)

なんと!!

全ての通貨に対して豪ドル売りになっています(・∀・)
つまりAUDは全通貨で最も売られている通貨だったということですね!

ここまでわかれば、最も買われやすい通貨はUSDとGBPのどちらかなので、
トレードを仕掛けるならAUDを売ってUSDかGBPを買えば、
比較的リスクの低い順張りが可能になるということになります^^

JPY・CHF・EUR・CADに関しては、どの通貨が強いか弱いかが
現時点では不明確ですが、これらの通貨は少なくとも、
USDよりは弱く、AUDよりは強いということがわかります。

ここまでを整理してみると、

tikarakankei3

上図のような力関係になっています(´ー`)
さらにUSDと拮抗しているGBPの通貨ペアも見てみましょう。

gbp

GBPに関連する通貨ペアの相場環境は、

GBP/USD = レンジだが上昇傾向(ポンド買い)
GBP/JPY = レンジだが上昇傾向が強い(ポンド買い)
GBP/AUD = 上昇トレンド(ポンド買い)
GBP/CHF = 上昇トレンド(ポンド買い)
EUR/GBP = 下降トレンド(ポンド買い)
GBP/CAD = 上昇トレンド(ポンド買い)

GBP/USDはレンジなのですが、直近の値動きでみれば、
上昇傾向にあるため、ポンド買いが優勢であることが考えられます。
GBP/JPYも同じくMA100が横ばいでレンジなのですが、
GBP/USDに比べて明らかにドル買いが強いですね。

ここまで確認してGBPが
最も強く買われている通貨であることが
改めてわかりました(・∀・)

この力関係をわかりやすくドラマのキャストで例えるなら、
GBPが主役で、USDはGBPのライバル。
そして、ヒロインが最も売られているAUDです。

それ以外の通貨は脇役ですが、
JPYは比較的強い位置にあるので、
名脇役といったところでしょうか(´ー`)笑

kankeizu

あとはこの中からより詳細なテクニカル分析を行って、
チャンスとなりそうなポイントを見つけていくことで
通貨間の力関係を活用したトレードが可能になります(・∀・)

ここまで、解説が長くなってしまいましたが、
理想的な通貨ペアを見つける流れを
イメージとして掴んでいただけたでしょうか??

理想的な通貨を見つける時は、
今の相場の主役が、どの通貨なのか?そしてヒロインはどの通貨なのか?
という視点で最も買われている通貨と最も売られている通貨を探すことで、
通貨選びも楽しめるかと思います♪

ぜひ皆さんも次回のトレードをするときに
チャレンジしてみてください^^

通貨ペアの選び方③
ボラティリティーの高い通貨から
爆益を狙えそうな通貨ペアを見つける!

最後に、通貨の力関係とは別の方法で、
通貨ペアを簡単に選ぶ方法をご紹介して終わりたいと思います(´ー`)

通貨ペア選びの目的はあくまで、
通貨ペアの特性を生かして「効率的に利益を上げること」ですよね。

効率的に利益を上げるなら、
値動きが激しい通貨ペアでトレードすれば
サクッと短期間で大きな値幅を狙うことができるので、
単純に値動きが一番激しい通貨を探すのも
通貨選びをする上での一つの基準になると思います^^

値動きの激しい通貨を探すには、
「ボラティリティーの変動率」を見るのが、
一番シンプルで簡単な方法です。

「ボラティリティー」とは為替レートの変動幅のことで、
自分もよくこのFXブログのなかで、

「今日はボラが低いですね・・・」とか
「なんじゃ!このボラの高さは(゚Д゚)」みたいなことを言っていますw

FXトレーダーにとってボラティリティーはです。

自分自身もボラティリティーの高さは
通貨ペア選びをする上で、力関係と同じくらい重要視しています。

そもそも、どんなに力関係上、有利なトレードができたとしても、
為替レートの相場が動いてくれなければ、
残念ながら、大きな利益を稼ぐこともできません(´Д`)

つまりボラティリティーが高い通貨ペアというのは、
それだけ値幅も大きくトレーダーにとっては
利益が上げやすくなるのです!

市場のボラティリティーを調べる方法としては、
証券会社のレート情報で確認するのが一般的ですが、
個人的にオススメなのはMyfxbookの為替レート情報や
Yahooの通貨ペア別ボラティリティ・ランキングです。

Yahooのボラティリティ・ランキングは時間ごとに値幅の大きく変動した通貨ペアを
ランキング化しているため、直近の値動きの中で、
どの通貨が最も変動したのかを見つけるのに優れています。

yahoo

今日で言えば、ポンド/円とユーロ/豪ドルのボラティリティが高くなっていますね^^
どちらも比較的、ボラティリティーの高い通貨ペアなので、
大体トップの方にランクインしています。

ちなみに、このFXブログの中でも
自分が注目している主要通貨の為替レート情報が
なんと通貨別で確認できるようになりました(・∀・)

◆通貨ペアごとのボラリティティー表はこちら

このページでは、通貨ペアのボラティリティーを確認しやすいように、
リアルタイムの通貨別のボラティリティを表にしてあります^^

メニューバーからいつでも見ることができますので、
よかったらそちらも今後活用していっていただけると嬉しいです(´ー`)
メニューバーの「ORZ注目の経済指標」の中の「ボラティリティ表」に入っていますので
ぜひこちらも活用してみてください♪

tuukapairrank

ここでは各通貨ごとのボラティリティを、
1分足〜月足まで、pips単位で確認ができますので、
どの通貨ペアが一定期間内にどれくらいの値幅で
変動したのかがパッと見でわかりやすくなっています。

ボラティリティーの高い通貨ペアを探して、
その中から力関係を見ていけば、
効率よく通貨ペア選びができるかと思います(´ー`)

ぜひこれら方法も活用して行ってみてください!

それでは次回のFXブログもお楽しみに♪

※最新のブログ更新情報をメールでお知らせしてます(・∀・)
更新情報を受け取る!

無料でORZのFX手法が学べる、
《真・ORZのFX道場》を開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》では
ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、
実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でもご参加いただける企画になっていますので、
興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

真・ORZのFX道場で学べる6つの極意とは?

参加ご希望の方は下記のメールフォームから申し込みしていただくと、
ORZから道場入門についての案内がメールで届きます^^

※ORZがメッセージを見てから返信しますので
2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

参加お申し込みフォーム

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

FX経験:
ご職業:
運用資金:
1年間のFX運用目標:


無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)


メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)

コメント

  1. わこぴ より:

    orzさん こんにちは!
    たまにブログ覗いてます!←

    質問なのですが、【まずは対ドルで通貨ペアを比較していく! 】の項目内のCHF/USD=上昇トレンド(ドル買い)と記載されていますが、これは「CHF買いUSD売り」ではないですか?

    間違っていたらごめんなさい!w

    • neetfx より:

      わこぴさん、いつもブログ見ていただきありがとうございます!
      そしてご指摘ありがとうございました・・・!
      画像作るときに間違ってCHF・USDにしちゃってました^^;

      正しくはUSD・CHFなので「USD買いCHF売り」が正解になります!
      誤解させてしまって申し訳ないですm(_ _)m