勝てるFXトレーダーの真髄【ORZのFX道場3.0】

FXの経験問わず、『5つの極意』と『1対1のメールサポート』でプロニートORZが徹底的に“勝てるFXトレーダー”へと成長させます。

詳細をチェックして無料で申し込み!

よくある質問集!!!(・∀・)v3

ここでは任務提出時に寄せられる、よくある質問をアーカイブとしてまとめております!

・極意のここがイマイチ理解できなかった…
・任務これで合ってるのかわからない…

などなど、極意に関する悩みもここを見ればバッチリ解決♪

是非参考にしながらお悩み解決して、しっかり極意を習得していきましょう!

また、のちに学習する事に関する質問も多くいただきますので、今一度どの極意でどんなことが学べるか見てみて下さい(・∀・)↓

実践の極意とあるように、相場状況認識から実践でエントリータイミングやら決済やらは道場を通じて一通りお教えしています。

いち早くエントリーポイントやらタイミングやらを知りたい気持ちも分かりますが、その判断をするためにも相場認識や時間ごとの戦略(マルチタイムフレーム )が必要不可欠ですし、メールでご説明するのもなかなか難しいので、極意の中で学習していただければ幸いです^^

【道場システムに関するよくある質問】


稽古部屋は「極意」が配布されてから二日後に配布されるものです(・∀・)
極意をより深く理解するための練習問題や動画での解説を用意しております^^

道場スケジュールも確認してみてね!

トレードは手法とかを「知っている」状態ではなく、実際に使ってみて経験して「使いこなせる」状態にするのが理想だと考えてます。

そのために、極意には「任務」という形でアウトプットの場を用意しているのですが、それだけでは物足りない方・任務自体が難しくて悩んでしまっている方用に、極意の内容を使って解ける練習問題とか、動いているチャートでのやり方を体験できる動画とかを「稽古部屋」で提供しているって感じですね♪


道場では壱・相場分析の極意にある「第一の任務」をクリアすると、マイペースに学習の調整ができる「特急コース」の案内をさせて頂いてます(´ー`)
詳しくは任務提出後の返信メールをご確認ください。

道場のスケジュール以下の通りですので、まずはこちらをご確認ください。
道場のスケジュール

「壱の極意」は登録と同時に配信、そこから2日後に「稽古部屋」、「壱の極意」配信から1週間後に「弐の極意」が配信されます。

このスケジュール通りに配信されていない場合は迷惑メールフォルダ・受信設定をご確認の上、それでもない場合はお手数ですがORZに連絡くださいませ。

【壱・相場分析の極意でよくある質問】


SMA(単純移動平均線)を使ってる理由はシンプルかつ見やすいからです(・∀・)
この手法では相場状況を把握するためインジケーターを使い、先の価格を予測するために使うことはありません!
なので今の相場判断ができれば問題ナッシングです♪
移動平均線についてはこちらでも解説してるので参考にしてみてください!
たった3本で14年間FXで稼ぎ続けた。移動平均線の活用方法

20,50,100という期間がORZの経験上意識されやすかったからです(・∀・)
ただ、どの期間設定が勝ちやすいかということはありませんので、ご自身で色々試してみて自分に合う設定を見つけるのもありですよ〜♪

雲以外の線を表示させちゃうとチャートがごちゃごちゃして見づらくなってしまうからです(・∀・)
この手法ではいかにシンプルに相場を捉えられるかが鍵なので、余計なインジケーターは消してます♪
一目均衡表についてはこちらでも解説してるので参考にしてみてください!
一目均衡表の見方!「雲」に注目して使うベシッ(・∀・)σ

ありません(・∀・)
「トレンドの勢い(価格変動)が強ければ厚くなる、弱ければ薄くなる」と理解しておけば問題なしです♪厚さに関してはスマホやPCなどの環境によって違っちゃうので、絶対的な判断はせずに周りと比べて厚いかどうかを見れればOKです^^

極意にあるように、基本的にはSMA100を価格がブチ抜かなければトレンド継続と見るので、その中で雲が転換しちゃってもトレンド継続と判断します(´ー`)


ありません(・∀・)
トレンドの勢いは過去と比べて強いか弱いかという相対的なものなので、パット見で強い弱いを判断していけば問題ありませんよ〜♪ただそのためにも、余計なインジケーターは消すなどしてなるべくチャートを広く見るようにしましょう!

この極意では過去の出来上がったチャートで相場の判断ができていればOKです(・∀・)

リアルタイム分析や、この後どうのような展開になるかの判断には、各時間軸(マルチタイムフレーム)も織りまぜて考えるところなので、その辺の話は【四・時間軸の極意】で学習していきますからね^^

ちなみにトレンド・レンジの判断目的やトレードではどの様に活きてくるのか?こちらでも解説しております!
トレードの超基礎!「相場環境認識」をちゃんと理解しよう!


各時間足でトレンド・レンジを把握して、それぞれの時間足をつなげていくと相場の全体像を把握できますし、細かいトレード戦略を練っていくことができます。
この時間足毎にバラバラな相場状況から戦略を考えていく手法を今後の道場では伝授していきますので、焦らず少しずつ学んでいきましょう(・∀・)
またブログでも複数時間足から戦略立てる方法を解説してるので、予習がてら参考にしてみてください♪
FXチャートの構造を知り、複数時間足の見方&分析方法を習得しよう!!

転換は先の相場を予測してエントリーするものではないので、転換だけでトレードはしません(・∀・)
トレンド・レンジ同様に相場状況の1つとして理解して、各時間足でこれらを判断して相場全体像を掴んでいくためのものになります!

ローソク足がMA100を抜けて固まったところがブレイクと言えます(・∀・)
ただブレイクしてもその先の相場はまだわからないので、このタイミングで先を予測してトレードはしないようにしましょう!
他の時間足も加味してトレード戦略を立てていくことではじめて、転換をエントリータイミングとして活かしていくことができます!
詳しくはこちらの動画を参考にしてみてください(`・ω・´)ゞ
FXのトレンド転換を見極めトレードを優位に

転換はどれか1つの時間足で判断すればいいというものではありません(・∀・)
トレンド・レンジ同様に相場状況の1つとして各時間足で判断して、それぞれを繋げて考えて、相場の全体像を掴んでいきましょう!

↑こんな感じの相場は「戻りの強い下降トレンド」として見ますね(´ー`)
この時間軸だとSMAで捉えきれていないので、上位の時間軸を見たりしますが、その辺の話は【四・時間軸の極意】を参考にしてください。

【弐・順張りの極意でよくある質問集】


実際のエントリーは下位足の5分足を使って細かい値動きを見極めながらエントリーします(・∀・)
この辺は四の極意・五の極意を参照ください。

決して押し目戻り目だけを見ながらエントリーすることはありませんよ〜!詳しくはこちらでも解説してますので参考にしてみてください(`・ω・´)ゞ
FXのエントリータイミング術!!下位足でのベストタイミングの取り方


実際のトレードでは上位足下位足と複数時間足を加味しながら細かい戦略を立ててた上で押し目買い戻り売りをやっていきます(・∀・)

戦略建ては今後の道場で伝授していくので、今は押し目戻り目がそれぞれどういったポイントなのか理解できていれば問題ナッシングです♪
ブログでは道場手法を同じ手法で押し目買い戻り売りトレードを解説してるのでぜひ参考にしてみてください!
押し目買い
押し目買いトレード

戻り売り
戻り売りトレード


その時の相場状況から意識されてるMAを見極める必要があります(・∀・)

意識されてるというのはレジサポラインや他の時間足で見た時にどのあたりに位置するのかなども加味して判断していきます。
今後の道場で伝授する実践的な戦略の立て方を学んでいけば優位な押し目戻り目を選定していく事ができますよ〜♪


上限下限の雲

ここ(・∀・)↑
雲は押し目・戻り目の目安として意識されますが、SMAの方が意識されやすいのでSMAと雲はセットである場合は根拠(そこで反発する可能性)が厚くなるって感じの考えでOKです^^

あんまり単体では使いません。

【参・逆張りの極意でよくある質問集】


一回でも意識されて反発していれば、そこが次の反発ラインとして意識されることは十分あるし、時間軸によっても何回跳ね返ったか?の見方が変わってきます(´ー`)

日足のローソク1本の反発に見えるところが、15分足だといっぱい跳ね返ってるみたいな。
引いてはね返らなければまた引けばいいだけですよ〜(・∀・)

この質問に限らずですが、みなさん一回で・完璧に答えを出そうとしすぎな傾向があります^^

レジサポラインもリアルタイムで完璧に予測するわけではなく、あくまで目安です。
この目安にリアルタイムの動き加味して最終的なエントリーとかの判断をしていくので、その辺は四や五の極意を参照ください。


レジサポラインとて1pipsも誤差なく引けるものでもないですし、多少の誤差は気にしません♪
この「誤差」の判断は損切りの決済逆指値がラインの外(レジスタンスラインなら上・サポートラインなら下)に置ける範囲で判断していきますが、そもそも損切りの幅を何pipsにするかによっても変わってきます。

この辺は仕掛ける時間軸や利益目標によっても違う部分なので、詳しくは次の四・時間軸の極意以降の内容を参照ください。


基本的にはレンジ幅の中で意識されている価格帯での決済になり、利益:損失=2:1のリスクリワードになるように目標利益を設定していきます!

レンジの画像

例えば上の画像であれば、①から売りで入ったら③あたりで抑えられていることが多いのでそこまでとか。
③で買えそうだけど②で上値が抑えられているところが多いから、この幅で2:1に出来なければトレード見送るとかです。

なので、4時間足とかであればレンジの真ん中にもなりますし、15分足など小さい時間足ならレンジの端から端までとか、その時の相場状況や時間足によって決済場所は変わってきます!
この辺は次の極意のマルチタイムフレームの話も関係してくるので詳しくは次の極意を参照ください。


実践ではレンジのチャートだけでなく、上位足の流れや下位足の細かいエントリータイミングなど複数の時間足を見ながらトレードしていきますので、ブレイクするかどうかもある程度見極めていけるようになります!

ここについては今後の極意にて伝授していきます!

ブログでもレンジ相場でのトレードを解説してるので参考にして、実践的なレンジ逆張りをイメージしてみてください(・∀・)
レンジ相場での逆張りは「上位の流れ」に乗っかるべし(・ω・)σ


極意にある通り、レンジ相場では基本的にレジサポからの反発を狙っています。

ORZがレンジブレイクを狙うのは、上位足のトレンドに乗るために下位足のレンジを上位トレンド方向にブレイクした場合だったりしますが、この辺のマルチタイムな話は、次の「四・時間軸の極意」を身につけたらにしましょう♪

【四・時間軸の極意でよくある質問集】


ORZのトレードは分かりやすい相場を狙い・分かりにくければスルーが基本です。
なので、その時に分かりやすい動きをしている時間軸に狙いを定めていければOKです(´ー`)

「分かりやすい」の判断が分からないという方は壱・相場分析の極意を復習してみてください!
ただ、今回の極意にも書いてありますが、初心者のうちからあまり短期の足を見ると翻弄されやすいので、中期が基本的にはおすすめです(・∀・)

【ORZのトレードについての質問】


基本はドル・ユーロ・円・ポンド・豪ドルの5通貨のそれぞれのペアを見ています。

他の通貨も、大きなニュースとかがあったり(政策金利とか)やり易いトレンドを形成したりしていれば、たまにトレードしますが基本は5通貨です(´ー`)


これに関しては正直その時の相場次第です(´ー`)
短期的な相場の動きが分かりやすければ、短期的に攻めますし、長期的な流れが良いならそっち狙うのがORZのトレードですので。

チャンスがなければトレードしない日も当然あります。
ただ、スキャルみたいに1日何十回もトレードすることはないので、多くても1日2回とかが今の上限ではありますね(・∀・)


特に固定して「〇〇時間足でトレードしている」ってことはありません。
その時の相場を短期〜長期までみて、やりやすそうな相場の流れを狙っているに過ぎません(・∀・)

ただ、1日中チャートみれる自分は中期的な時間足(1・4時間足とか)でデイトレードをすることが多いです。
スキャルみたいな早いトレードは疲れちゃうので苦手ですし、日足とかを狙うと1週間とかポジション持つことになったりしますからね!


通貨ペアの強弱・利益までの値幅・過去の値動きからエントリーポイントの信頼度・分かりやすさ・エントリーポイントまでの動き・・・
などなど。

全く同じレベルのチャンスというのはありえないので、これで迷ったことはあんまりないですかね(´ー`)