FXで大損しないために!損切りのメリット&実践方法

こんばんは!今年も蚊にくわれていない・・
蚊すらも寄り付かない男、ORZです(´ー`)

いや〜、昨日(8月16日)のドル円相場では、なかなか激しい値動きが見られましたね!

一時的に99円台まで落ちたので「2ヶ月ぶりの安値!」なんてニュースにもなっていたのですが・・・

昨日、午後9時半くらいUSDJPY5分足 チャート画像
8/16のドル円チャート

10分ほどで50pips以上の激しい上昇を見せていますね!
ここを起点にそのまま上がっていき、今日の午後のドル円相場は101円台まで達しています^^

FXでは「ドル円が初心者向けの通貨ペア」なんてよく言われますが、こうした値動きを見ると、それももしかしたら一昔前までの話かもしれませんね(´Д`)

相場も常に変化を続けているので、意識高い系ニート・トレーダーとしては常に勉強していかなければと思っております♪

『ORZのFX道場』の方も自分の学びを反映させてアップグレード作業を進めていますので、乞うご期待です(・∀・)!

さて!前置きが長くなってしまいましたが今日のFXブログは、すべてのFXトレーダーにとって必須のスキルである『損切り』について、解説をしていきます^^

損切りについては去年がっつりと解説した記事を書いたのですが、だいぶ埋もれちゃっているので今回改めて損切りに対する考え方から、実際の損切り方法について
リライトしました(´ー`)

長くなっちゃったので目次をどうぞ^^;

FXトレードする際は必須!?損切りとは何ぞや??

損切りとは一般的に「含み損」となっているポジションの損失を確定(決済)し、それ以上の損失を防ぐことを損切りと言います。

FXはポジションを決済して初めて実際の資金が増えたり減ったりしますので、決済注文を出さない限りは損にも利益にもなりません!

ですので、FX初心者の方はポジションを建てたあと大きく含み損になったとしても「利益になるまで待って、そこで決済すれば良いじゃん(・∀・)♪」と考えてしまいがちですが・・・

損切りの考え方

この考え方はリスクが高いのでNGです( ゚Д゚)!

FXでは自分の予測に反して損失方向へと大きく値動きしてしまった場合は「このポジションはダメだな」と見切りをつけて、傷が浅いうちに損切りをするべきなんです!

なぜかと言うと、含み損というものは放っておくと資金が一発でなくなってしまうような『大損』するリスクを含んでいるからです(´ー`)

実は、かく言う自分もFXを始めたばかりの頃に「んま、そのうち戻ってくるだろ(・∀・)」と何の根拠もなく含み損を保有しつづけてしまい、気付いた時にはもう手遅れ・・

資金の大半を吹っ飛ばすような大損をするという苦い経験をあじわってます^^;

ですので、FXでトレードする際は必ず損切りが必要だという事を、まずはしっかりと覚えておいて下さい!

それでも損切り出来ない人は、しない方が有利だと考えている?

おそらく、FX初心者の方でも、ここまで書いてきた「損切りは大切」といった事は書籍やネットを通じて1度は見た事があると思います。

昔の自分を含め、それでもなお損切りが出来ない方は損切をしない方が有利だと考えてしまっているのではないでしょうか。

確かにポジションを持った後、予想に反して価格はマイナス方向に動いてしまったとしても、相場はずーっと一方向に動き続ける事はないので、決済せずにひたすら含み損に耐え続ければ、大抵のポジションはいつかプラスに戻ってきますよね。

しかし!このようなトレードを勝ち続ける事ができるトレードと考えて、そのまま続けていってしまうと・・・

長期的なトレンド転換だったり、経済的重大ニュースなどで含み損のまま戻ってこない時が必ず来てしまいます^^;

最近の相場でいうとイギリスのEU離脱の国民投票などがあげられますね。

6/23 イギリス国民投票発表時のポンド円 1時間足
国民投票時のポンド円チャート

もしこの時「買い」ポジションを持っていて、逆指値も入れず損切りしないでいたら、2000pips以上の含み損になっている値動きです^^;

FXのポジションは、いつまでも持っていられる訳ではなく証拠金が一定以下になってしまうと『強制ロスカット』となり強制的に含み損を決済されてしまいます・・

こうなってしまうと、資金の大半が吹き飛んで大損。
もはや再起不能です(´Д`)

当然、損をしたくてFXをしている人はいないので、持っているポジションが含み損になれば「損切りしたくない(損を確定したくない)」という心理になってしまいがちなのもわかりますが・・・

損切りをしないトレードというのは数十万・数百万といった自分の運用資金を全て失う可能性を残してトレードしているのと同じだと思ってください!!

ポジションを建てる際は必ず逆指値を設定して1回のトレード毎に『損失リスクを限定』するべきです(´ー`)

いつかは必ずくらうであろう損失リスクを、なるべく小さく限定できればFXで勝ち組みトレーダーへと一歩近づけるはずですね♪

それでは続いて、損切を徹底した上で「いかに勝つか」を考えた場合の
損小利大のトレードについて書いていきたいと思います!

大損を回避して損小利大のトレードを!

FXで勝率にこだわってしまい損切りしない方もいますが、例えばマイナス20pipsで損切り、プラス60pipsで利確という損 < 利益になるようなルールでトレードした場合・・・

10戦3勝7敗(勝率30%)で勝率自体は悪くとも40pips稼げている計算です。

損切りで負けが続いて勝率が悪くとも、実は結果的に利益を残す事は可能なんですね^^

これが損小利大のトレードルールで、トータルで勝つという考え方です(´ー`)

自分はこうした損小利大のトレードを続けて、FX歴10年以上の今でも勝ち続ける事ができています^^

より詳しく損小利大を知りたい方はこりらも参考にしてみてください!
FX初心者が利小損大を抜け出してFXで勝てるようになるには!?

syouritu

FXは勝率にこだわり全勝する必要は全くなくて、損切りによって勝率が下がるのはむしろ必然なのです!

例のように「20pips」と決めて逆指値を入れれば、相場が予想に反したとしても、いくら損するのかが丸わかりですね(・∀・)

損切りを設定せず一体いくら損するのか分からない状態でトレードするよりも精神的にもずっと楽になるはずです♪

さらに、ボラティリティ(変動の大きさ)が高く大きく値動きをしている相場であっても損失は最大でも20pipsのみ!と考えれば大きな利益を狙ってトレードを仕掛けていけるはずです!

実践!大損しない損切りの設定方法

ここまでのお話で損切りの重要性やメリットは分かっていただけたかと思いますが「損切りの大切さは分かってるけど方法が分からないのよ!」
という方も多いと思いますので、最後に実際のトレードではどのように損切りを設定していくべきか書いて締めにしたいと思います^^

まずは大前提として、トレードの際はエントリー前にトレード戦略(シナリオ)を描き、あらかじめ損切りポイントを想定してエントリーと同時に逆指値を入れるようにしましょう。

やはりポジションを持った後に、どこに損切りを設定しようかと考えると「今いくら利益が出ているし・・」といった目先の値動きや、欲などに左右されがちですので、ポジションを建てる前の冷静な頭で戦略を考え、ポジションを持った後は逆指値で自動的に損切りがされるようにしておきましょう^^

また、エントリーした瞬間に相場が大きく動く可能性も十分に考えられます。

特に経済指標の発表時や要人発言などでは一瞬で100pipsくらいは簡単に動いてきますので要注意です!

EURJPY5分足
損切りEURJPY09

買いでエントリーした瞬間、上の画像のように急落・・
なんて考えるとゾッとしますが「いつ・どんな事が起こるのか」正確には誰にも予想つかないのが相場ですので、これも実際に起こり得ることなのです。

ですので、エントリーと同時に逆指値を入れる癖をつけていきましょう^^

損切りはエントリーの根拠がなくなるところに設定しよう!

自分のトレードは基本的にはトレンドフォロー、移動平均線を抵抗と見て押し目買い・戻り売りを狙うスタイルですので、これを例に説明していきたいと思います。

ポンドドル 1時間足
損切りポイント 0929

移動平均線が3本とも下向きの下降トレンドなので前回意識されたMA50での戻りを待って戻り売りを考えたとします。

この場合「MA50が上値の抵抗となり得る」という事がエントリーの根拠なので、MA50を明確に上に抜けてしまったらエントリーのポイント自体を見誤ったと言う事になります^^;

さらにMA50を上に抜けた事で、MA100まで戻る可能性や下降トレンドが転換するといった含み損が大きく膨らむリスクも高くなってきますので、このポジションを保有し続ける理由がなくなってしまいます。

ですのでMA50での戻り売りを仕掛ける際は、最低でもこのMA50の上に逆指値を設定し、予想に反した値動きになった場合は自動的に損切りするようにする。

というのがORZの損切り方法です!

ちなみに、自分は目安として20pipsくらいで逆指値を設定し、この20pipsの損切りを抵抗となり得るポイントの外における位置でのエントリーできるように値動きを引きつける事を心がけています(´ー`)

・・さてさて、今回は損切りをテーマに自分の考えを書いていきましたが、いかがだったでしょうか?

FXトレーダーにとって一番怖いことはポジションを立てた後に「いくら大損してしまうのかが分からない事」だと思います。

しかし、この損切り(逆指値)をポジションを建てる前に決めてしまえば、最悪このトレードで自分がいくら損をする可能性があるのか?
という部分は一目瞭然ですので、精神的にも楽にトレードする事ができるのです♪

また、大損してしまうと本当に精神的にダメージを受けてしまいますからね・・・

読者さんには、あの資金が吹き飛んで茫然としてしまう体験を絶対にして欲しくありません!

ですので、しつこいようですがトレードする際は損切り設定をお忘れなく(´-`).。oO

この記事を参考に大損をくらってしまう人を少しでも減らすことができれば幸いです^^

それでは次回のブログもお楽しみに!

※最新のブログ更新情報をメールでお知らせしてます!
更新情報を受け取る!

無料でORZのFX手法が学べる、
《真・ORZのFX道場》を開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》では
ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、
実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でもご参加いただける企画になっていますので、
興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

真・ORZのFX道場で学べる6つの極意とは?

参加ご希望の方は下記のメールフォームから申し込みしていただくと、
ORZから道場入門についての案内がメールで届きます^^

※ORZがメッセージを見てから返信しますので
2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

参加お申し込みフォーム

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

FX経験:
1年間のFX運用目標:


無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)

メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)

コメント

  1. t,t より:

    この記事の内容通りのものです。。笑
    とても勉強になりました
    ありがとうございます!!

  2. すけさん より:

    お世話になります。勉強しています…。

    損切…本日弟が損切外してやられましたポン円(笑)

    笑いごとではないですが…(笑)

  3. neetfx より:

    すけさん、こんにちは!
    昨晩のポンドやばかったですね・ω・
    残念ながら弟さんがあの下落に立ち会ったようですが、せめてストップラインだけはご用意を・・・orz
    ストップは戦場における最終防衛ラインだと思って自軍の砦を守ってあげてくださいと、弟さんにもお伝えください・・・;ω;

    すけさんもトレードについてご相談ありましたら気軽にメールください^^
    たまには自分で勉強するだけじゃなくて添削も受けて貰えれば
    気分転換や新しい気づきもあるかと思いますので!

    ORZ