勝てるFXトレーダーの真髄【ORZのFX道場3.0】

FXの経験問わず、『5つの極意』と『1対1のメールサポート』でプロニートORZが徹底的に“勝てるFXトレーダー”へと成長させます。

3分でFX道場の詳細をチェック!

衝撃!わずか20分間で+60pipsを上げたレンジ相場の逆張りトレードを解説!

みなさんこんにちは。
いつでもソーシャルディスタンス、ORZです(・∀・)

さて、今日の記事は衝撃の“20分ちょいで+60pipsを獲得したレンジ相場の逆張りトレード”を公開!!

ORZのトレードは基本的にトレンド相場での順張りが大半を占めてますが、「チャンスさえあれば、ちゃ〜んとレンジの逆張りも狙ってるんだぜぇ?」ってことをお見せできるかな〜と(´ω`)w

先日大型アップデートの完了をお知らせした【真・ORZのFX道場3.0】でも、具体的なトレード手法としては順張りと逆張りの両方をお教えしています。

その理由として、例えばすぐにチャンスが来ないであろうトレンド相場をひたすら指をくわえて見ているなんて非効率ですよね?

そんな時、別の通貨ペアで逆張りを狙えるレンジ相場が形成されていたら、みすみすチャンスを逃していることになります(・д・)

ORZ手法の場合、トレンド・レンジ、順張り・逆張りに関係なく“抵抗からの反発を狙う”スタイルなので、基本的なやり方や考え方はそんなに変わりません。

ある程度どんな相場状況にも対応できた方が、この先効率よくFXでトレードしていくことができますよね(・∀・)

今日の逆張りトレードも全然難しいことはしてないし、ある意味誰でも再現できるトレード。
ただORZが「レンジも狙う」っていう視点を持っていただけのお話です(´ω`)

「そういえば順張りだけしか狙ってないな」「レンジの立ち回り方がわからない」という方は、ぜひORZのトレードを参考に、これから複数の選択肢を持ってトレードに臨んでいただけたら幸いです。

ではでは早速解説していくぅぅ((((((((っ・ω・)っ

EURAUDのレンジで逆張りを狙う!

今朝方、Twitterでこんなことをボヤきました↓

実はこのときすでにEURAUDに狙いを定めていたORZ選手(´ω`)

4hで明確なトレンドの形成を待っていたら時間もかかるし、今あるレンジでの逆張りチャンスを放ってまでわざわざトレンドを追っかける意味はないですからね。

てなわけでEURAUDの相場分析を開始していきますぞ(`・ω・´)

【EURAUD/1時間足】
1時間足見立て

3本のSMAが絡まり合って上昇雲と下降雲が交互に形成されているような状態。
典型的なレンジ相場ですね(・ω・)

さらには同じような安値ゾーンで反発を繰り返しており、ちょうどその安値で反発の兆しを見せている状況。

反発回数が多い価格帯ほど市場参加者が「また反発するかも」という心理に基づいて売買行動を取るため、抵抗としての信頼度も高まる傾向にあります(・∀・)

今回はシンプルにこの安値ゾーンからの逆張り狙いって感じでOKでしょう!

また利確目標については、そこそこ反発回数の多い高値ゾーンまでの+100pipsってとこですかね。

ただレンジっていうのはそもそも方向感のない相場なので、この高値まですんなり行ってくれるとは限りません。

なので、エントリー後の展開によってはレンジ幅の半分ぐらいで決済することもあります(・ω・)(この辺りはケースバイケースですね)

では念の為、上位足で相場全体の方向感も確認しておきますか!

【EURAUD/4時間足】

4時間足もレンジ相場、特に懸念材料はなさそうですな(´ー`)

レンジで逆張りを仕掛ける場合、基本的にはトレードの軸となる時間足でエントリーポイントから決済ポイントまでのシナリオが完結するので、上位足で確認するのは懸念材料ぐらいです。

例えばこんな状況↓

危険な状況

上位足が狙い目の方向とは逆にトレンドを形成している場合ですね(・д・)
そのまま上位足のトレンドの勢いが優先されて逆張りポイントをぶち抜いてしまう懸念はあります。

んまぁそんなに長いことポジションを引っ張んなければ大丈夫な場合もありますが、基本的に上位足の流れに逆らって良いことはないですからねw

念の為の確認って感じです(´ω`)

続いて日足の方も見ておきましょ♪

【EURAUD/日足】
日足見立て

ここ4ヶ月ぐらいの急激な上げ下げで富士山のようなお山を形成してますな。

直近で見れば下降トレンドになりそうな気もしますが、現状はまだレンジと判断しても差し支えないでしょう。

さらに過去の値動きを見てみるとちょうどレジサポの辺りに現在価格がぶつかっているため、ここからの反発も期待できます(・ω・)

→レジサポラインについてはコチラ!

うむ、無問題です。

ではここまでの戦略を一旦まとめますぞ!!

【ここまでの戦略まとめ】

  • 日足:大きく見てレンジ。ちょうどレジサポにぶつかり反発上昇の可能性アリ。
  • 4時間足:レンジ。特に買いで入ることへの懸念はなし。
  • 1時間足:安値の抵抗が明確なレンジ。安値からの逆張りを狙う。
  • 戦略:1時間足レンジ安値ゾーンからの逆張りロング。利確目標は高値ゾーンまでの+100pipsだが、状況に応じて判断する。

短期足で反発を確認してからエントリー!

ザックリ戦略がまとまったので、あとは短期足で反発の確認(σ・∀・)σ

レンジでの逆張りで注意したいのは、高値安値のレジサポラインが明確だからといってそのラインに価格が到達した時点ですぐに逆張りを仕掛けてしまうことです。

過去にどれだけ意識されている抵抗であっても次もまた反発するとは限らないので、できればしっかりと反発したことを確認してからエントリーしたいですね(・∀・)

【EURAUD/5分足】
5分足見立て

5分足を確認したところ、逆三尊ともダブルボトムとも言えないカタチをしてましたが、んまぁ安値ゾーン付近で下げ止まっていることは間違いなさそう(´ー`)

すでに狙い目の方向に反発しているので、あとはネックラインを明確に抜けてきたところでポチッとエントリーするだけですな!

んで、そっから1分後…

【EURAUD/5分足】
5分足エントリー

ぐぐぐっと伸びてきたところでポチッとな。

1.62876でエントリーじゃいッ(゚∀゚)!

さて、ここからは加速度的にトレードが進んでいくので見逃し厳禁ですぞ!

【EURAUD/5分足】
5分足経過

ジャースティスッᕙ(・∀・)ᕗ

ものの10分足らずで+70pipsの含み益GET!!

ちなみにこの値動きですが、何やらアメリカの大統領補佐官さまが中国との関係性についてマイナス発言をしたことが要因みたいですね。
その影響で、中国と輸入出の密接な関係にある豪の通貨、AUDが急激に売られたってところでしょうか(・∀・)

しかしこういった急激に含み益が増えたような状態は、手動で決済しようとするとつい欲が出てポジを持ちすぎてしまうことがあります。

ただでさえ急激な値動きのあとはその反動による急激な逆行も起こりやすいですからね。
(※その要因の1つは急激な値動きでガッポリ儲けたスキャルトレーダーなどが一斉に利食いするから)

せっかく短時間でこれだけの利益出たのに、ズルズルと利確できずに結局利益ゼロなんてゴメンです(・д・)

いつ決済されても良いように、逆指値をぐぐぐっと上げていきますよん↓

【EURAUD/5分足】
5分足経過2

本来、このように逆指値をずらしていく時(トレール)はなるべく抵抗の外側に逆指値を置きながら徐々に利益を伸ばしていくのがセオリーです。

ただ今回は反動による逆行に備えてそのセオリーは無視。

ぶっちゃけ今んとこコスパ最高(エントリーから約10分/含み益+70pips)なので、+60pipsでも十分満足です(´ω`*)

いつ決済されても良いし、このまま当初の利確目標である+100pipsまで届いたらラッキーって感じですな♪

【EURAUD/5分足】
5分足決済

そんなこんなで、+60pips(440,340円)でファイナルアンサー(゚∀゚)!

取引結果

予想通りの逆行であっさり決済されましたが、

ものの20分で+60pipsて……最高かよ(´ω`*)オイオイ

朝イチでこれだけ取れると1日をハッピーに過ごせますな!

ちなみにその後の5分足の動きが面白かったので撮影しておきました↓

【EURAUD/5分足】
ナイアガラ

わーお(´∀`)
あのまま逆指値ずらさずに放置してたらマジで利益ゼロになってましたねw

「オワタァァァァ」なんて叫ばずに済んで良かった良かった(´-`)

相場の値動きを加味した上での決済判断がどれだけ重要かってことがわかりますな。

チャンスに気づけるようになるためにはまず基本を抑えよう!

さて、サクサクっと解説しましたがいかがだったでしょうか?

今回は急激な上昇に助けられた面もありましたが、その勢いに飛び乗ったわけではなく、きちんと相場分析をした上で逆張りポイントを選定してからのエントリーだったので、テクニカルの勝利かなと思ってます(´ω`)

毎度毎度こんな短時間でまとまった利益取れるわけじゃありませんが、そもそもこのチャンスに気づけなければこの利益はなかったわけですからね。

やっぱりFXで効率よく利益を上げていきたいなら、トレンドとレンジ、順張りと逆張りの両方で仕掛けられる分析力・スキルは身につけておきたいところです(・ω・)

正しく相場環境を認識できるならトレンドかレンジかってことはすぐに判別できるので、あとはどんな状況ならチャンスなのか?っていう視点を持つことも大事ですね。

同じトレンド・レンジでも、経験によってチャンスと認識できるパターンも増えていくので、まずは基本的な相場環境認識力と順張り・逆張りの方法をマスターすることをオススメします(`・ω・´)ゞ

もし手っ取り早くムダを省いて学習を進めたいということであれば、ぜひ【真・ORZのFX道場3.0】にご参加ください^^

『極意』というPDFファイルで制作した解説書のほか、ORZからの直接メール指導もあるので、きちんと理解を深めたいという方はお待ちしております!

詳細は下記から↓

ORZのFX手法を一から学ベるFX道場開催中!!

アップデートによってさらなる進化を遂げたFX指導企画《真・ORZのFX道場3.0》では、ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

楽しくスムーズに学習を進め、きちんと理解を深めていただくために、道場生さんしか見れない特別な解説動画も設置!

FX初心者・未経験者の方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

下記のメールフォームから参加申し込みいただくと、ORZから道場入門についての案内メールが届きます!

参加お申し込みフォーム

※このメールフォームからお申し込みいただくと、ORZがメールを見てから順番に返信するため2〜3日かかる場合がございます

「さっさと入門したいぜッ!」という方はこちらからどうぞ→【早く道場へ入門したい方用のお申し込みフォーム】(自動対応)

必須問い合わせ内容
任意具体的な相談内容
必須お名前(ニックネームもOK)
必須メールアドレス
任意ご職業
任意FX歴
任意トレード環境

※返信が来ない場合は
①アドレス間違い
②迷惑メールに届いちゃってる
等の可能性がありますのでご確認お願いします。

ORZからの返信が届かない場合は、お手数ですがGmailで再度お試しください(・∀・)

コメント

  1. 林優 より:

    ブログUPおつです。
    自分もチャート観ていて勢い良く動くんでなにか経済指標あったかなと確認していました。
    レンジトレードお見事です。

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      林さん、毎度コメントありがとうございます(・∀・)!

      運要素はありましたが、テクニカル的に優位な所でポジションとってれば、たまにこんな感じでポコっと取れますからね♪

  2. ともじ より:

    私もこの1H足レンジ下限気づきました。
    このときは、4H足日足はどちらかというと下かなぁと思いましたので、ORZ先生の「買いで入ることの懸案なし」には驚きました。
    どちらかというと下目線でいましたのでレンジ上限からの逆張り仕掛けられました^^

    • FXプロニートORZ(おつ) FXプロニートORZ(おつ) より:

      ともじさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます♪

      日足とかは、どちらかといえば下方向ではありますが、長期的に抑えられているレジサポでもあるので、抵抗帯としては問題ないって感じですね(´ー`)

      上からの売りトレードもナイスですね〜レンジはどちらの目線でもいけるのが良いですな♪