海外FX業者「FXPro」についてのまとめ

1104

「玄人向けブローカー」FXPro
取引システムMT4,cTrader
初回最低入金額MT4:500ドル~、cTrader:1000ドル~
最低取引数量0.1lot(10000通貨)
最大レバレッジ500倍
スプレッド平均2.0pips(変動)
ロスカットMT4:20%、cTrader:30%
デモ口座あり
入金方法クレジットカード、銀行送金、Neteller、ペイパル、スクリル
入金口座の反映クレジットカード/その他の電子決済:順次処理(2時間)、
銀行送金:2~4日以内
出金方法クレジットカード、銀行送金、Neteller、ペイパル、スクリル

FXProの基本的な情報

FXProは2006年創業の大手海外FX業者です。
会社の資産状態の情報を積極的に開示しており、業界で最も厳しい管理体制を自負しています。
日本に対してのサービスは2009年頃より開始し、たった1年足らずで多くの日本のユーザーの人気を得ました。
しかし、2011年に日本で実施されたレバレッジ規制に伴い、日本のユーザーに対しての新規口座開設のサービスを停止。
それをキッカケに日本のユーザー離れが進み、2013年9月には日本人スタッフが不在になり、日本語サポートデスクが閉鎖されました。
その2ヵ月後、再び日本人スタッフを採用し、日本語サポートデスクも再開。サービス一時停止の影響か、日本のユーザーからの人気は当初に比べれば今ひとつ陰りを見せてはいますが、変わらぬ魅力的なサービスを展開。これからの返り咲きに期待が持てるブローカーと言えます。

最大級の補償体制を完備

FXProでは、ユーザーの資金を会社の運営資金として利用することが出来ないように分別管理し、金融当局から厳しい監視を受けるなど、自社に対し厳しい管理体制を敷いています。
よって資金面では信頼性があり、自社の破綻時においては投資家補償基金を通じてユーザー1人あたり20000ユーロまでの損失補償を整えています。

FXProのスプレッドについて

スプレッドに関しては、cTraderの場合手数料はかかるものの、実質0.4pips程度とかなりの狭さです。
約定スピードもかなり速いので手数料を気にしなければストレス無く取引ができます。
手数料が気になるようであれば、MT4でも問題はありません。約定スピードはcTraderに劣りますが、気になるほどではありませんし、スプレッドも平均2.0pipsとそれほど高くありません。
何より双方のアカウントはNDD方式を採用しており、ディーラーが介入することも無いので、よりスピーディーでクリーンな取引が可能となります。

無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)

メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)