【2022/8/01】先週から今週にかけての相場情報サクッとまとめ!

FX攻略に役立つ無料メルマガ配信中!
初心者の方でもすぐに使える「FXお役立ちツール」「時事ネタ」「ブログ更新のお知らせ」などを配信してます(・∀・)5秒で登録できるのでお気軽にカモ〜ン♪

どうもこんにちは、FX専業ニートのおつ(@NEETORZ)です(・∀・)

日に日に外の気温は上昇してますが、対照的にこの時期の相場は冷え込みやすく“夏枯れ相場”なんて言われたりもします。

その辺りのお話も含め、今週もやっていきますよー「サクッと相場情報まとめ」。

毎週更新のこの記事では「忙しくてorめんどくさくて相場の情報を調べられない」って方のために以下の情報をサクッと簡潔にまとめております↓

※クリックすると各見出しに移動もできますよー。

1週間スパンで相場のイベントを把握しておけばそれを見越した立ち回りができますし、

立ち回り

ファンダの重要な情報を押さえておくことで長期的な相場の分析にも役立つので、ぜひ最低限の情報だけでもこの記事でチェックしておいてください(`・ω・´)ゞ

ではでは【7/25〜7/29】の期間からサクッと振り返ってみよー!

【※自分で情報を調べたい時は…?】
経済情報サイトはロイターブルームバーグなんかが有名ですが、より情報の新鮮さ・リアルタイム性を求めるならTwitterで検索するのがオススメ。

※「ファンダメンタルズについてよくわからん」って方は下記ページを参照あれ。

【ファンダメンタルズ入門:第一部】ファンダが相場に与える影響・仕組み
こんばんはー。 FX専業ニートのORZです(・∀・) さて最近の相場と言えば、ウクライナ問題...

【7/25〜7/29】先週の相場トピックス

【先週のトピックス】

  • 7月26日:エネルギー不安による欧州の景気後退が懸念。
  • 7月27日:FOMCは予想通りの0.75%利上げでサプライズはなし。
  • 7月28日:米GDPは予想を大きく下回り、二四半期連続のマイナス成長。
  • 7月29日:月末・夏枯れ前でドル相場荒れる。

先週の注目ポイントはまず欧州ですね。

26日辺りに欧州の天然ガスが急騰し、それによりロシアから欧州への天然ガス供給をさらに制限されると見られたことで急激にユーロ売りが加速しました。

ユーロ

ORZ
ORZ

欧州各国は天然ガス等のエネルギー供給をロシアに依存しているため、それを制限されることは欧州の景気後退に繋がると見られがちなんですよね。

欧州景気後退への懸念は7月に入ってから一気に加速しインフレもしばらく続くと見られていることから、今後しばらくユーロにはネガティブな印象がつきまとうかも(・3・)

続いて先週イベントの多かったアメリカ経済とドル関連のところも見ていきましょ。

ネガティブニュース連発の米ドルを差し置いて相場を席巻した円高

27日のFOMCは一時1.00%利上げも噂されたものの、それが次第に否定され結局は0.75%止まり。

ORZ
ORZ

実際0.75%でも十分ヤバい利上げ幅なんですが、それが織り込まれちゃうとサプライズ的な利上げ幅の拡大がない限りドルは買われないですね、今は。

FOMC直後はドル相場も迷ってましたが、その後のパウエルさんの発言で一気にドル売りに傾きました。

パウエル

FOMC

今後大幅な利上げの可能性が薄くなったことに対して市場がドル売りで反応したって感じかなーと(・ω・)

で、この状況に追い討ちをかけたのが翌日の米GDP。

GDP

この二四半期連続のマイナス成長っていうのは、一般的な定義だと「景気後退に突入した」と判断されます。

ORZ
ORZ

ただまぁあくまで“定義”なので米のお偉いさん方は景気後退への突入を認めておらず、一時ここの議論が加熱してたみたい。

ということで散々ネガティブニュースが続いたアメリカですが、今んとこ思ったほどドルが弱くなってる感じはないです。

ただ先週末はGDPの結果を受けて米長期金利が暴落し、日米金利差の縮小によってドル売りよりも円買いが目立つ展開に(´ー`)

米長期金利

円買い

ORZ
ORZ

そんなわけで結局は円の一強状態で幕を閉じたのが先週の相場でした。

ここからは今週控えている主なイベントと現在の相場状況を見ていきましょう。

【8/01〜8/05】今週の主要イベント

イベント

注目は豪・英の政策金利、それと金曜の米雇用統計ですね(・ω・)

どれも相場への影響は大きそうなので、発表時または発表前の動きとかにも注意が必要。

あとは上記にも書いた通り、米指標はちょっとしたやつでも一応警戒した方が良いかなーなんて思ってます。

最近は小さな指標結果でも長期金利が動き、それによってドル相場や円相場に影響を及ぼすことも多いので(´﹃`)

ORZ
ORZ

まー警戒とはいっても、ORZは「ポジ持ってたら切られる可能性も想定して逆指値を調整または手仕舞い」「発表前とかに新規ポジはなるべく持たない」ってぐらいですかね。

では最後に現在の相場状況を見ておきましょー。

【8/01】現在の相場状況

【クロス円/1時間足】
クロス円

クロス円は先週からの円高を引き継ぎ下落トレンドを形成ちう。

今年の円は如何なる状況においても動く可能性があり、高いボラティリティを誇る一方で予期せぬ動きが多い傾向があります。

ORZ
ORZ

例えば他国の金利が上がったら売られたり、他国の株価が落ちたらリスクオフで買われたりって感じで何かと忙しい。

ゆえに突発的な動きには注意せにゃならんですが、高いボラティリティを活かして大きな利益を狙っていくことも状況によっては可能なのかなと思ってます(´ω`)

【ドル相場/1時間足】
ドル相場

ドル相場はあと一歩って気はしますね。

今回の記事で話した通り、アメリカ経済への不安からじんわりドル安傾向には向かってるので、この方向性が持続していくようなら近々チャンスはきそう。

2022年今年の夏枯れ相場について思うこと

冒頭で「夏枯れ相場」について少し触れましたが、7月ないし8月は個人投資家や機関投資家が夏季休暇に入ることで市場参加者が減り、相場の動きが鈍くなる傾向にあります。

ただトレードしていた人なら分かる通り、先月7月の相場はドッカンドッカン動いてましたよね(・∀・)

今年は世界的なインフレ問題やそれによる景気悪化により、相場のボラティリティ・展開も例年とは一味違ったものとなってます。

歴史

ORZ
ORZ

最近騒がれっぱなしの政策金利だって、本来ここまで注目される指標じゃないですからね。(そもそも利上げは頻繁にするもんじゃないから)

夏枯れ相場は8月からが本番ってところはありますが、個人的には例年よりも動きが活発になるんじゃないかなーなんて考えてます。(希望も込めて)

慎重にいきたい人は、ある程度今週の動きを見てから判断するのも良いかもしれないですね(´ω`)

昨日Twitterで紹介しましたが、夏枯れ相場については以前まとめた記事があるのでまだご覧になってない人は参考にしてみてくださーい!

FXトレーダーを悩ませる『夏枯れ相場』の傾向やその対策についてORZの見解を話してみたお。
あちー。 ちょっとでも外出ようもんなら干からびそうな暑さですね。 どうもこんばんは、FX専業...

 

というわけで今回の相場情報まとめはここまで!

今週も皆さんのトレードに幸あれ(`・ω・´)ゞ

ORZのFX手法を一から学ベるFX道場開催中!!

アップデートによってさらなる進化を遂げたFX指導企画《真・ORZのFX道場3.0》では、ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

楽しくスムーズに学習を進め、きちんと理解を深めていただくために、道場生さんしか見れない特別な解説動画も設置!

FX初心者・未経験者の方でも無料でご参加いただける企画になっていますので、興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

下記のメールフォームから参加申し込みいただくと、ORZから道場入門についての案内メールが届きます!

参加お申し込みフォーム

    ※このメールフォームからお申し込みいただくと、ORZがメールを見てから順番に返信するため2〜3日かかる場合がございます。

    「さっさと入門したいぜッ!」という方はこちらからどうぞ↓
    【早く道場へ入門したい方用のお申し込みフォーム】(自動対応)

    必須問い合わせ内容
    任意具体的な相談内容
    必須お名前(ニックネームもOK)
    必須メールアドレス
    任意ご職業
    任意FX歴
    任意トレード環境

    ※返信が来ない場合は、メールアドレス間違い迷惑メールに届いてる可能性があるのでご確認お願いします。

    ORZからの返信が届かない場合は、お手数ですがGmailで再度お試しください(・∀・)

    ORZTube(・∀・)にて楽しく学べるFX動画配信中!

    YoutubeでもFXの勉強ができる動画を随時更新ちう(´ω`)

    どれもわかりやすく簡潔に解説しているので、片手間に楽しくFXのアレコレを知ることができる動画をたくさんご用意しております!

    下記のページにてオススメ動画をランキング・ジャンル別に分けて紹介しているので、興味のある方はCheck(σ・∀・)σ

    →FX動画まとめ!人気ランキングもあるお(・∀・)

    今すぐYoutubeへGoしたい方はコチラ〜!

    コメント