レバレッジの本質とは?計算して理解するハイレバのメリット٩( ‘ω’ )و

みなさん、こんにちは!海外FX伝道師・ORZです(・∀・)

今日はFXとは切っても切り離せない関係にある「レバレッジ」について熱く語っていきます!

初心者さん
初心者さん

海外FX、興味はあるんだけど
国内と比べるとレバレッジ高いしなんとなく危なそうや、、、

こんなふうに考えている方もけっこーいらっしゃるのではないでしょうか?

たしかに国内FXのレバレッジが最大25倍であることを考えると、海外FXの500倍や1,000倍といったハイレバレッジに対して不安を感じるのは無理もありません(´ー`)

しかし、そもそもレバレッジとはなんなのか?レバレッジの大きさがトレードにどう影響するのか?を理解できていればハイレバレッジでも安心して、しかも国内FXとは比べものにならないほどの高い資金効率でトレードしていくことができるのです٩( ‘ω’ )و

海外FXなら10万円程度の資金から100万や1,000万まで増やすことも夢ではありませんぞ( ̄∀ ̄)
10万スタート!FXで100万稼ぐまでの道のり!(←実際にやってみました♪)

ぶっちゃけレバレッジについては理解できてなくてもトレード自体はできますが、FXで勝つための戦略を立てていく上では欠かせない部分です。
この記事を通してレバレッジについて理解して、効率よくFXで利益を上げていってもらえればと思います(`・ω・´)ゞ

レバレッジっていまいちよくわかんね〜という方、ぜひぜひご参考にしてみてくだされ〜♪

 

結局、レバレッジってなんなん(´・∀・`)?

てこの原理

レバレッジ(leverage)はそもそも「てこの原理」を意味することばです(・∀・)

てこの原理というのは小さな力で効率よく重いものを動かすみたいなお話ですが、FXにおけるレバレッジも同様に少ない資金で効率よく大きな金額を動かすということなのです。

具体的には、FXではレバレッジが大きいほどトレードするのに必要なお金(必要証拠金)が少なくて済むのです♪

といってもなかなかイメージしづらいと思うので、例を挙げて説明していきましょう٩( ‘ω’ )و

ドル円で1ロット(100,000通貨)の買いトレード
※今回は1ドル=100円とします。

ドル円で100,000通貨の買いトレードは、100,000ドルを円で買うということです。
1ドル=100円としたので、100,000ドルを買うには10,000,000円が必要ということになります。。。

イッセンマンイェン、、、こんなお金とても払えませんよね((((;゚Д゚))))

そこで登場するのがレバレッジです!

必要証拠金が1千万円というのはレバレッジがかかっていない、すなわちレバレッジ1倍のときです。
必要証拠金レバレッジの関係は以下の式で表されます。

必要証拠金 = 為替レート × 通貨数 ÷ レバレッジ・・・①

今回は、為替レートは1ドル=100円通貨数は100,000通貨なので、

必要証拠金 = 100 × 100,000 ÷ レバレッジ

あとは、この式にレバレッジを当てはめれば必要証拠金を出すことができます。

レバレッジ25倍(国内)であれば、400,000円(=10,000,000円÷25)
レバレッジ500倍(海外)であれば、20,000円(=10,000,000円÷500)
レバレッジ1,000倍(海外)であれば、10,000円(=10,000,000円÷1,000)

必要証拠金とレバレッジの関係

レバレッジがなければ1千万円必要だったところ、レバレッジのおかげで1万円にまで必要証拠金を抑えてトレードができるのです!

これがFXにおけるレバレッジの役割です(o・∀・)ノ

 

なんとな〜くレバレッジについて理解できましたかね?

練習問題も用意したので、ぜひ挑戦してみてください(・ω・)σ

練習問題1
ユーロ円で0.1ロット(10,000通貨)の買いトレードをする場合、1ユーロ=120円とすると、レバレッジ25倍・500倍・888倍それぞれの場合の必要証拠金はいくらになるでしょうか!?

練習問題2
ユーロドルで1ロット(100,000通貨)の買いトレードをする場合、1ユーロ=1.1ドル、1ドル=100円とすると、レバレッジ25倍・500倍それぞれの場合の必要証拠金はいくらになるでしょうか!?

以上のとおり、
レバレッジの大小必要証拠金の多い少ないにしか影響しない
のです!

まずはこの事実をしっかり覚えておきましょう(o・∀・)ノ

ちなみによく、「レバレッジが大きいと1回のトレードの損失も大きくなる」と誤って認識してしまっている方をみかけますが、1回のトレードの損失はあくまでロット数(通貨数)で決まるので、損失を抑えたい人はロット数を調整すれば問題ありません♪

お次はこのへんについて詳しくお話していきま〜す((((((((っ・ω・)っ

 

結局、ハイレバレッジって危ないの(´・ω・`)?

ハイレバレッジ自体は危なくなりません(ガチ)

ではなぜハイレバ=危ないというイメージを持たれてしまうのでしょうか(・∀・)?

それは、ハイレバだと資金に見合わないトレード(資金に対してロット数の大きすぎるトレード)ができてしまうためです。

前述したとおり、ドル円で1ドル=100円のとき1ロット(100,000万通貨)のトレードをする際の必要証拠金は下記のとおりです。

  • レバレッジ25倍→必要証拠金:400,000円
  • レバレッジ500倍→必要証拠金:20,000円
  • レバレッジ1,000倍→必要証拠金:10,000円

「なるほど、じゃあレバレッジ1,000倍の業者に1万円だけ入金して1ロットのトレードをしよう」と考えてしまうかも知れません。
が!1万円の資金で1ロットのトレードというのが、資金に見合わないトレードなのです。

なぜなら、1ロットのトレードでは1pipsで1,000円の収支になるため-10pipsの含み損が出た時点で入金額の1万円と差し引き0円、すなわちこの時点で強制ロスカットとなってしまうからです。

これは要するに「-10pipsまでしか耐えられないトレードに1回しか挑戦できない」ということですが、この条件ではプロのトレーダーでも勝つのは至難の業です。

資金に見合わないトレード

ハイレバレッジでは必要証拠金がかなり抑えられるがゆえにこのようなトレードができてしまい、これが資金に見合わないトレードであることを理解してないと「ハイレバだったから負けたんだ!ハイレバは危ない!」と考えてしまうのですね(・∀・;)

ハイレバは危険じゃない

 

結局、ハイレバレッジのメリットってなんなん(´・∀・`)?

1ロットのトレードの話の続きですが、1ロットで資金に見合ったトレード(資金に対して余力のあるトレード)をするには最低10万円はほしいところです。

レバレッジ1,000倍で10万円あれば、仮に損切りを-20pipsで固定すると1回の損切りは-2万円、ということは5回まで負けることができます。
国内FXの必要証拠金と同額の40万円なら1ロットのトレードに20回まで負けることができます。

「FXで勝つ」というのはどんなトレーダーでも勝ち負けを繰り返して最終的にプラスにしていくものなので、負けられる余裕がないと最終的にプラスに持っていくことが困難になってしまうのです(´〜`)

同じトレードでも資金によって結果が変わる

また、国内FXのレバレッジ25倍ではそもそも40万円ないと1ロットのトレードはできませんし、-20pipsで1回負けてしまうと残りの資金は38万円となるため1ロットのトレードはできなくなってしまいます。
そうするとロット数を下げざるを得ませんが、ロット数を下げればそれだけ利益が減るため、資金効率の悪いトレードになってしまうのですね_:(´ཀ`」 ∠):

この違いこそがハイレバレッジの最大のメリットと言えるかと思います。

 

ハイレバレッジのメリットは何か?をまとめると、
資金を抑えつつ資金に見合ったトレードに何度もトライすることができる
だとORZは思います(・∀・)!

そして、このメリットをうまく活かすことで「FXで勝てる」可能性を高められるのです。

 

まとめ

さてさて、今回はレバレッジについて熱く語ってきましたが、ご理解いただけましたでしょうか(・∀・)?

最後にもう一度、レバレッジについて抑えておくべきポイントをまとめておきます♪

  • 必要証拠金 = 為替レート × 通貨数 ÷ レバレッジ
  • レバレッジの大小は必要証拠金の多い少ないにしか影響しない
  • ハイレバレッジ自体は危なくない
  • 危ないのは資金に見合わないトレードをしてしまうこと
  • ハイレバのメリットは、資金を抑えつつ資金に見合ったトレードに何度もトライできること

数字が苦手という方はバッチシ理解できなくても大丈夫なので、デモトレードで「何ロットでトレードしたらどれくらいの損益になるのか」という感覚だけでも掴んでおくようにしましょう٩( ‘ω’ )و

なんやかんや言っても実践で身をもって体験するのが一番早いと思うので、良かったらORZも普段使っているXMでデモトレードから始めてみてくださいな〜♪もちろん、デモ口座は無料ですよ(o・∀・)ノ

 

XMのホームページバーナー

 

デモ口座解説方法はこちら↓をご参考あれ♪

MT4でデモ口座の開設〜ログインまでをわかりやすく解説!
こちらの記事ではデモ口座の開設〜実際にMT4へログインするまでの手順ををご紹介していきます! デモ口座は仮想のお金で実際の相場でトレードすることができるので「FXを始めてみたいけどいきなりお金をかけるのは怖い」という方が経験を積むには...

XMについてはこちら↓

XMの評判!XMを使い倒した億トレーダーORZがお伝えする(・∀・)
XM(エックスエム)は数ある海外FX業者の中でも、日本人に一番利用されているFX業者です(・∀・) 「海外業者は不安だから・・・(´・ω・`)」という漠然とした理由で、これまで国内業者を使ってきた方も多いのではないでしょうか?? ...

 

┻┳| ではまた! |┳┻
┳┻|_∧     ∧_|┻┳
┻┳|ω・)   (・ω|┳┻
┳┻|⊂ノ     \つ|┻┳
┻┳|∪      し|┳┻

コメント

  1. ユーウ より:

    またまた庶民に優しくない規制が入るとかなんとか・・・国内業者も極小スプレッドとか辞めて、NDD方式にして0カットまでしてくれればレバレッジ規制要らんのですがね。

    ちなみに私は1万円の資金に対して1000通貨というリスク感覚を強制的に身に着けるため、国内口座でもトレードしています(^^♪  やっぱりハイレバだと自由度が高い分、どうしてもリスク管理が甘くなりがちなんで、矯正するには25倍ってちょうどいいリスク配分なんですよね。

    10倍になっちゃたら証拠金1万円じゃ1000通貨も取引できないじゃん(´;ω;`)

    • FXプロニートORZ(おつ) neetfx より:

      ユーウさん、こんばんは(・∀・)
      コメントありがとうございます♪

      レバレッジはFXの最大のメリットですからね。
      10倍制限だと、それこそ我々一般ピーポーにはムズかしくなってしまいますよね(´Д`)

      まだ、レバレッジ引き下げが確定したわけではありませんが、今後も要チェキラですな。
      ORZ

  2. 猫侍 より:

    ORZさん、こんにちは!
    『ハイレバだから海外業者は怖ぇよ〜:(;゙゚’ω゚’):』
    まさにORZさんのブログに出会う前の私ですwww
    ですが、道場を卒業しリアルトレードで修行するようになり、ハイレバのありがたさを日々常に感じております。
    ハイレバに関しては資金管理さえきちんと行っていれば、私のような資金の乏しい者でも市場で戦うための強力な武器になります。お陰様で国内業者へは戻れぬ体となってしまいましたwww
    行政がハイレバ=悪のように規制をかけ続けているので、以前の私のように勘違いしている人も多いと思いますw

    • FXプロニートORZ(おつ) neetfx より:

      猫侍さん、こんばんは。
      コメントありがとうございます(・∀・)

      たしかに、国内だと「ハイレバ=危険」みたいな紹介の仕方をしているところもありますよね。
      重要なのはレバレッジでは無くて、ロット管理なんですけどね〜(´Д`)

      レバレッジ10倍規制もまだ確定したわけではありませんが、今後も要チェキですな(`・ω・´)ゞ
      ORZ

  3. 松下優也 より:

    ORZ様
    お世話になっております。
    道場を卒業した者です。
    さて、今回は税金関連の質問です。
    海外口座はレバレッジの幅が一つの魅力であることは承知しております。
    ただ、問題点は税率です。
    国内口座は一律20%を税金で持って行かれますが、
    海外口座は330万円から段を踏んで30%、33%、40%、43%、50%と高い率で税金を持って行かれます‥‥‥。
    そこで取る方法としては330万円まではレバレッジの有効な海外口座を利用。
    330万円に達して以降は国内口座を利用。
    以上の方法で対処するという考え方で良いでしょうか。
    若しくはある程度資金が貯まってから国内口座一本か。
    コメントをいただけたら幸いです。
    宜しく御願い致します。

    • FXプロニートORZ(おつ) neetfx より:

      松下さん、こんばんは(・∀・)
      コメントありがとうございます。

      さて、税金対策に関する質問ですが、松下さんの考えた方法も全然有りだと思います(´ー`)
      ある程度資金が溜まれば、国内業者でも資産運用出来ますからね。

      ただ、国内業者はゼロカットシステムがないので「追証」には充分に気をつけてくださいね♪

      ORZ