海外FX用語「ピラミッティング」「リフレクティング」

FX攻略に役立つ無料メルマガ配信中!
初心者の方でもすぐに使える「FXお役立ちツール」「時事ネタ」「ブログ更新のお知らせ」などを配信してます(・∀・)
 
5秒で登録できるのでお気軽にカモ〜ン♪

今日は日曜日♪市場は開いてませんのでFX取引はお休みです。
パチンコ屋にでも行こうとしましたが、毎週末行っていたらお店のおネイさんに変なあだ名でもつけられそう・・・

と、良くわからない恐怖心が湧き出てきたので、今日は1日中家にいました(・∀・)

そんな今日のFXブログは、トレードもお休みなので海外FXでの手法を2つご紹介します!
そのなも「ピラミッティング」と「リフレクティング」です。

ふふふ、何か補助系魔法っぽい名前ですな(´ー`)

この2つはポジションを建てる時のポジショニング手法なのですが、上手く使うことで効率よく稼ぐことができる優れものです。

故にリスクもありますので、そこもしっかりと理解した上で使っていきましょう♪

「ピラミッティング」とは

「ピラミッティング」は簡単にご説明すると、買い増し・売り増しを行う際のテクニック的な手法のことです。
その名の通り、この手法の「肝」となるのは・・・これです。

piramiddo

手前の女性が目立ちがちですが、本題は奥のピラミッドです。

そう、「ピラミッティング」とはポジションを買い増し・売り増していく際に新規ポジションの金額を徐々に減らしていく手法なのです!

そう・・まるでピラミッドのように・・・

まだナンノコッチャ?とピンときていない方も多いと思いますので、具体な例を見て行きましょう(´ー`)

例えば、今の相場が明確な上昇トレンドだったとします。

そこですかさず、押し目買いポジションを100枚持ったところ、思惑通り価格が上昇したので、そこそこ含み益が出てきました^^

相場は上昇トレンドを継続中。まだ上がりそうなので次の押し目ポイントで50枚買い増しました。
まだ上昇トレンドは継続中。まだまだ上がりそうなのでその次のポイントでは30枚買い増しました。

これが「ピラミッティング」です!

ピラミッティング例

ピラミッティングは、このように買い増し・売り増していくたびに徐々に掛け金を減らしていくことで、単純にそのまま同じ金額で買い増した時よりも攻めの姿勢を取りつつも、急な反動に備えてリスクを軽減するというメリットを保つことができるのです!

相場がイケイケのトレンド相場で、買い増し・売り増ししていけばがっつり稼げそう・・・でもガンガン突っ込むと、急激な逆戻りリスクが大きすぎる・・・
そんな時にお試しあれ(*´ω`*)

「リフレクティング」とは

次に「リフレクティング」についてです。
この手法は一言で言うと「安全性重視のピラミッティング」です。

リフレクティングイメージ図

「ピラミッティング」との違いは、利益が出たらその都度決済してまた買い上がるという手法です。

いまいちインパクトに欠けますが、金額は大きくなくても手堅く利益を得たいという方にオススメです(・∀・)
ただしリフレクティンぐは欲を捨てられることが大前提です。

「ここまで来たら売るって決めてたけど・・・でももう少し・・もう少しだけ」

こうなってしまうとせっかくの「リフレクティング」が台無しです。

「リフレクティング」は小さい利益を確実に取っていく手法なので、気づいたら利益が無くなっていた、なんて事にもなりかねません。

このような手法を使う際には、断固たる決意と精神的な余裕が必要かと思います。
とはいっても欲を捨てるというのは簡単なことじゃありませんよね(´・ω・`)

ゆっくり時間をかけて鋼の精神を身につけたいところです(´ー`)

「ピラミッティング」「リフレクティング」どちらも一長一短ありますが、使いどころを極めれば海外FXで爆益を取っていけそうですね。

その他にも更にFXの知識を身に付けたい!という方はこちらの記事をご覧くだされ〜(`・ω・´)ゞ

今日のFXブログはこのへんで!

コメント