FXトレードで必須!テクニカル分析とは?

今回はテクニカル分析について詳しく解説していきたいと思います(・∀・)

テクニカル分析はFXのみならず株や先物等、
投資の世界では幅広く使われていて
FXをトレードしていくのには欠かせない知識だと思いますので
参考にしていただけたら幸いです^^

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは過去の相場の値動きから
現状の相場はどのような状況なのか?を分析したり
今後どのように動く可能性が高いか?といったことを
チャートを使って予測する手法です。

過去の値動きはその時の投資家たち心理状況・取引の結果の表れであり、
人間は本質的に変わらないため、もし過去に似たような値動きのパターンが
何度もあれば、将来も同じようなパターンになるであろうといった
考えが元になっています。
「歴史は繰り返す」的なやつですね!

その一方で、各国の政治・経済の状況を分析して、相場を予想することを
ファンダメンタルズ分析と呼んだりします。

テクニカル分析にはローソク足そのものの形や
Wボトム・Wトップといったチャート分析が基本になりますが
より予想の精度を高める為に、インジケータ(テクニカル指標)を使うのが一般的です^^

インジケータ(テクニカル指標)とは?

インジケータとは過去の値動きのデータをもとに指標化したもので
現在ではいろいろなインジケータが開発されていて
簡単にチャートに表示することが可能です!

インジケータには大きく分けて2種類があり
相場の方向性を分析するトレンド系の指標と
相場が買われ過ぎ・売られ過ぎを分析するオシレーター系があります。

詳しくはこちらのカテゴリーをご覧ください♪

トレンド系で相場の方向性を予測し
オシレーター系で売買のタイミングを図る、といった感じに
トレンド系で中・長期の方向性を、オシレーター系で短期的な動きを予想します^^

どのインジケータを使えば良いのか?

たくさんあるインジケータの中で、どれ使えば良いのか?
FXを始めたばかりの頃は非常に迷うと思いますが、
これはトレーダー達の永遠の謎だと思います(´Д`)

というもの、相場の値動きは世界情勢や投資家心理など
かなり複雑な要因が絡み合ったものですので
これが100%正しい!といったインジケータは存在しないのです。

そんな中でも、多くの投資家達に意識されているであろう
インジケータほど指標として機能すると考えられます。
自分一人しか見ていない指標が「買い時だ!」ということを表したとしても
そのポイントは相場全体的には、まるで意識されないということですね^^

というわけで、インジケータはどこの誰が作ったのか分からないものより
まずはメジャーなもの使ってみるのが良いと思います!

移動平均線あたりが最も多く使用されているであろう
インジケータと言われていて、使い方も単純でわかりやすいかと思いますので
迷ったらまずは移動平均線をおススメします^^

自分のFX手法もこの移動平均線を元にした
FX手法となっておりますので、こちらも参考にしていただけたら嬉しいです!

ORZのFX塾がスタート!無料でFX手法を教えます♪

このブログではORZのFX塾という指導企画を開催しています!

FX初心者の方も経験者の方も、自分が普段実践で使用しているFX手法をベースに
基礎から教えていますので興味がある方はぜひ参加してみてください^^♪

詳細については下記で書いていますので参加ご希望の方は、
こちらからお申し込みいただくようお願い致しますm(_ _)m

→ORZのFX塾の詳細

また下記のページでは、なぜFX塾を始めたのか、何を目的として
参加者の方々にアドバイスを行っているのか、ということについて
お話しているので、良かったら入塾前に目を通していただけると嬉しいです♪

→ORZのFX塾が目指すべきところ、その目的は!?

※最新のブログ更新情報をメールで通知してほしい!という方はコチラ(・∀・)
↓↓↓


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,048人の購読者に加わりましょう


シェアする(・∀・)