海外FX用語集① 最低限これだけは知っておきたい用語編!

この記事では海外FXでよく使われる用語を簡潔にまとめてみました^^

今回は用語集①として、これからFXを始められる方が
「最低限これだけは知っておきたい用語」を解説していきたいと思います(´ー`)!

経験者の方でも、基礎をすっ飛ばした方は
今一度見返してみるのも面白いと思いますので、ぜひご活用ください^^

◆チャート◆
チャートとは通貨の現在の価格や過去の価格の推移を
視覚的に分かりやすく表示してくれるグラフのようなものです。

国内のチャートは基本的に、そのFX業者が提供している
オリジナルのチャートを使うのですが、
海外FXではどの業者でも「MT4」といった共通のチャートを使うことが多いです^^

※MT4についてはこちらを参考にしてみてください!
MT4とは?海外FXで王道のチャートツールを知ろう!

実際のチャートはこんな感じです^^
fx_mt4_yougo

縦軸が価格、横軸が時間を表しています。
チャートには「バーチャート」「ラインチャート」など種類がありますが
基本はこのローソク足を使います!

※ローソク足についてはコチラを参考にしてみてください(´ー`)
ローソク足の見方!FX初心者が相場の流れを読むには?

ちなみに上の画像は「米ドル/円」のチャートで
この時(23 Sepなので9月23日)の価格は100.777円という感じで見ていきます!

FXをトレードする際はこのチャート画面を見て
「今後価格がどう動くか?」などを予想しているわけです^^

◆レバレッジ◆

FXには『レバレッジ』という制度があり、このレバレッジを使うことにより、
資金の何倍ものお金を運用することが可能になります。

要は界◯拳です!

このレバレッジは業者ごとに制限があり、例えばレバレッジ100倍の業者であれば
10万円の資金で最大1000万円分の取引ができるのです(´ー`)

国内FX業者でも昔は200倍までレバレッジをかけることができたのですが
現在は規制がかかり、最大25倍まで。
しかし海外FXだと業者によっては最大1000倍のところもあり、
少ない資金でも大きいお金を動かすことが出来るのです!

自分が海外FXをしている理由の1つが
レバレッジを活かした効率の良いトレードをしたいからです^^

また、高いレバレッジ=リスクが高いと考える方も多いですが
必ずしもそういう訳ではありません!

海外FXでは証拠金に対して、取引する金額でレバレッジが自動的に決まるので
証拠金に対して無謀な金額をかけなければ良いだけの話です♪

◆lot◆
海外FXでは取引きする単位のことをひとまとめに「lot」と呼ぶことが多いです。

この「lot」は、まぎらわしいのですが業者によって
1lot=1000通貨というところもあり、
1lot=10万通貨のところもあります^^

国内では1枚=1万通貨で呼ばれることが多いので、
慣れていない方は、1枚(1万通貨)で取引するつもりが
1lot=10万通貨で取引してしまった!何てことにもなりかねないので
「1lotはいくらなのか?」はしっかりと把握しておきましょう(´ー`)

◆pips◆
「pips」とは各通貨ペアのレートが動くときの最小単位のことを言います。
円表記の場合、小数点から2つ目が1pips、
海外通貨同士の表記の場合、小数点から4つ目が1pipsの単位です。

例えば、ドル/円が「100.05」から「100.10」になった場合
5pips動いたことになります^^

◆証拠金、証拠金維持率◆
口座に入金した資金のことを証拠金と言います。
取引するには取引きする金額の2~5%(取引き会社によって違いがあります)の
証拠金残高が必要になりますが、これを「必要証拠金」と言います。

また、持っているポジションを現在のレートで決済した場合に発生するであろう利益を
「含み益」、損失を「含み損」といい、それらをまとめて「評価損益」と言います。

証拠金から評価損益を足し引きして、必要証拠金に対する証拠金残高の
割合のことを「証拠金維持率」と言います。

◆強制ロスカット◆
上記でお話した「証拠金維持率」が一定の%を下回ると
強制的に持っているポジションが決済されてしまいます。

これを「(強制)ロスカット」と言います。
具体的に何%を下回ったら「ロスカット」されてしまうかは
FX業者によって様々ですが多くは20%を下回れば執行されます。

ちなみに少ない証拠金であまりに高い倍率の「レバレッジ」をかけてしまうと、
少し価格が動いただけですぐに「ロスカット」されてしまうリスクが高まります。

レバレッジは少額で大きな金額を運用できる便利なものですが
使い方を誤るとリスクが高いものになってしまうという訳です^^;

◆利食い、損切り◆
現在利益が出ている含み益ポジションを決済することを「利食い」
または利益確定・利確などの表現もFXではよく使うと思います^^

反対に損失が出ている含み損ポジションを決済することを「損切り」と言います。
FXではこの損切りができない方が多いのですが、
損は浅いうちに切るのがベストです!

◆スプレッド◆
スプレッドとは買値と売値の差のことを言います。

これはFXをトレードする際、業者側に支払う手数料みたいなものですので、
ポジションを持った瞬間というのは±0、ではなくスプレッド分マイナスになります。

海外FXは「ハイレバレッジ」な分、国内業者よりこの「スプレッド」が高くなっている
ところが多いですが、その分大きい利益を上げやすいというのが
海外FXの魅力でもあります。

海外FX用語集①は以上です(´ー`)

今回はFXをやり始める上で「これだけは知っておきたい」用語に
絞って解説していきました^^

続いてはFXを始めて、トレードしていく頃に必要な用語を紹介していきます!
海外FX用語集②へ!

無料でORZのFX手法が学べる、
《真・ORZのFX道場》を開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》では
ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、
実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でもご参加いただける企画になっていますので、
興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

◼︎道場企画の詳細はこちら
真・ORZのFX道場とは??道場システムを一挙解説!

参加ご希望の方は下記のメールフォームから申し込みしていただくと、
ORZから道場入門についての案内がメールで届きます^^

※ORZがメッセージを見て、直接返信いたしますので
返信まで2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

FX経験:
ご職業:
運用資金:
1年間のFX運用目標:
トレードするデバイス:


※最新のブログ更新情報をメールで通知してほしい!という方はコチラ(・∀・)
↓↓↓


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1,048人の購読者に加わりましょう


シェアする(・∀・)