海外FX用語「半値戻し・半値押しとは?」

今日は昼と夜の気温差が10度以上あるらしいですね。

「風邪引くわ( ゚Д゚)!」

ま、家から出ないから関係ないんですけどね^^

今日の引きこもりFXブログは

「半値戻し」
「半値押し」

についてお話します。

半値戻しや押しは「相場の節目」として高い確率で意識されるポイントですので、エントリーや決済の目安として活躍します!

半値戻し・半値押しとは一体なんぞや?

「半値戻し」とは下降相場において、

直近の高値の半分まで相場が上昇する(戻る)ことを言います。

例えばドル円相場で考えてみましょう。直近の高値が100円だとします。

その後の安値が98円だった場合「半値戻し」は99円になります。

半値戻しの例え画像

そして、この「半値戻し」の値は一つのレジスタンスライン(抵抗帯)になります。

つまり価格は半分くらい戻した(上がってきた)ところで一旦価格が抑えられやすいということです(´ー`)

実際のドル円チャートを見て見ましょう♪

ドル円相場 MT4
半値戻しのMT4チャート画像

下落傾向だった相場が底をつき、上昇へと転換していますが、だいたい半値くらいが意識されて上昇が止まっているのがわかるかと思います^^

半値戻しをしたあと、価格が半値で跳ね返り下落していった場合、底をついた時の安値がサポートラインになり、下げ止まる可能性が高くなります^^

ですので、半値戻しを活かしてトレードする場合、底をついてから半値までを「買い」で狙っていくのもアリですし、半値で跳ね返されたら元の安値までを「売り」で狙っていくのもありなわけです(´ー`)

このように「相場の節目」として機能しやすい半値戻しはエントリーや決済の目安になりやすいのです。

さらに!半値戻しのすごいところは、こうした相場全体的な話だけではなく、ちょっとした急落した時の戻しの目安にもなるのです(・∀・)

ドル円相場 MT4
急な下落に対する半値戻し

短期的にも長期的にも意識されやすいので、スキャルからスイングトレードまで幅広く活用していけますね♪

半値押しは、これと全く逆を想像していただければOKです!
上昇局面から天井をつけて下落していく際に半値が意識されるのが半値押しです(・∀・)

半値押し・半値戻しは押し目買い・戻り売りのような関係ですね^^

半値の抵抗を抜ければ全戻しにもなり得る

相場が下降から上昇へと転換し半値戻しをした後、半値のレジスタンスラインを突破すると、下降前の高値まで全部戻すという「全戻し」に繋がる可能性が高くなります。

ドル円相場 MT4
全戻しの画像

相場には「確実にこうなる」と言えるものがないので、絶対はありませんが、相場をよく観察した上で、意識されやすい「半値戻し・半値押し・全戻し」を使っていけば効率良く利益を得るキッカケになるのは間違いありませんね(・∀・)

今回出てきたレジスタンスライン、サポートライン、ブレイクアウトについてはこちらをご覧ください!
レジ・サポ・ブレイク

┻┳| ではまた! |┳┻
┳┻|_∧     ∧_|┻┳
┻┳|ω・)   (・ω|┳┻
┳┻|⊂ノ     \つ|┻┳
┻┳|∪      し|┳┻

無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)

メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)

コメント

  1. くそ より:

    内容の確認をお願いいたします。
    少し混乱してしまった部分がありました。

    • neetfx より:

      くそさん、こんばんは!
      3年以上も前に書いた記事も読んでくださり、コメントもありがとうございます(・∀・)

      内容を確認したいということでしたが、具体的にはどういったあたりでしょうか?
      もし良かったらメールの方で対応しますので、ご連絡いただけると嬉しいです♪

      ORZ