待てるトレーダーは『シナリオ』を描いている!

こんばんは、台風の日はコロッケが食べたくなる男。おつです(・∀・)

今週も最後の相場がやってきましたが、前回のトレードで100pips以上の
爆益を取れているので、今日の所はそこまで積極的にトレードしなくても良いかなと思い
ノートレードで終わりそうです^^

ということで今日の記事は読者さんからの質問シリーズ!

最近、読者さんから「トレードする際、エントリーポイントまで待てないです」
という意見が多く寄せられてきています。

トレードの際、もちろんみなさん相場分析はされていると思いますが、
相場分析をした上でエントリーポイントを見立てたにも関わらず、
待てずにエントリーしてしまって
本来ならもっと良いポイントでエントリーできたはずなのに、
目先の動きに惑わされて、結果的にリスクの高いポイントでポジションを建ててしまった、
という人も多いのではないでしょうか?

今回は「待てるトレード」をするためには何が必要なのか
自分なりの考えを書いてみたので、参考にしていただけたら幸いです^^

待てない人はシナリオを描くことができていない

リスクの低いと考えられるポイントまでエントリーを待てる人と、
まだリスクが高いと考えられるポイントで待てずにエントリーしてしまう人の
違いはエントリーの際「シナリオを描けているかどうか」
ではないかなと思います。

このシナリオを描くというのは
「エントリーの前に相場が今後どう展開されていくかを色々なパターンを予想し
その予想に沿って、戦略的にポジションを立てる」という事です。

ですので、シナリオを描けていない人は
エントリーの際、その後の相場の色々な展開パターンを考えられず、
目先の1パターンが利益が出そうなチャンス!としてエントリーしてしまい
予想に反して損失になってしまった時に初めて
「エントリー待っていれば良かった・・」と気づくのだと思います。

ではどうすればシナリオを描けるようになるか、
自分がトレードする際、どうシナリオ作っていくかを
参考にしていただければと思います^^

基本的なシナリオの描き方を学ぼう!

押し目買い・戻り売りは待つことが多いトレードですので、例として見てみましょう♪
今日のユーロポンド1時間足の画像をご覧ください。

ユーロポンド 戦略

短期・中期・長期移動平均線が3本とも下向きで
下降トレンド中の相場ですので、まずは売り目線が考えられます。

現段階でのエントリーを2パターン考えたとします。
①このまま戻しを待たずに売りでエントリーしていくか
②長期移動平均線まで価格が戻ってから売りでエントリーするか

ですね。

シナリオを描けない人は、この相場を見たとき
①、②のパターンがあるのは認識しているのですが、
もし①のポイントでエントリーしなかった時、
その流れに乗れなかった、ということになってしまうので、
心理的に『もったいない』と感じてしまいますよね。

利益を確保しよう!という気持ちが、
エントリーを焦らせてしまう、これが
『待てない』ということにつながってしまっているのです。

2パターンあるうちのどちらか1つに囚われてしまい
どちらの方がリスクが低いエントリーポイントなのか?
またエントリーした場合、予想と反して動いてしまった場合はどうするのか?
までを深く考えられず、勢いだけエントリーしてしまうのではないでしょうか。

①でエントリーして、そのまま見立てどおりに価格が下がってくれたら良いですが
もし長期移動平均線まで価格が戻ってしまったら
底値を掴まされてしまう結果となり
「ああ。。やっぱりエントリー待てば良かったな」
となってしまいますね。

①のパターンでエントリーした場合は
下降トレンドですので、そのまま下に行く可能性ももちろんありますが、
この時点では、明確なサポートライン(抵抗となるポイント)がないため、
損切りの目安が設定しにくいですし、
抵抗となり得るMA100辺りまで戻しを待ったほうが
よりリスクの低いエントリーだというのは明らかですよね^^

さらに損切り・利確も予め想定しておく

ユーロポンド 1h ②

先ほどの相場の続きですが、
仮に予想通りに長期移動平均線まで戻ってきた場合も考えて、
戻りを待ってエントリーした場合
更に次のように、決済のパターンもエントリー前に予め考えます。

エントリーした後、画像①の方向に動き
予想通り含み益になった場合はどこで利確をすればいいのか?

利確は、安値を更新した場合ではもっと過去の相場を遡って見て
次の安値として意識されているポイントで一旦反発の可能性が高くなるので
その辺りで利確しよう。などエントリー前に予め決めておきます。

また②のように相場が動いてしまい、予想に反した場合は
エントリーから○○pipsで損切りをする。
または前回高値を抜けてしまったら、トレンドが転換する可能性も高くなってくるので
ポジションを持ち続けるのはリスクが高くなるので損切りする
等が考えられます。

このように、仮にリスクの低いとされるポイントでエントリーした後も、
『予想に反した場合はどこで損切りするのか?』
『予想通りに動いた場合はどこで利益を確定するのか?』
までをエントリー前に考えます。

この一連の『シナリオを描く』というトレード戦略を立てる作業をするか、しないかで、
そのポジションにどんなテクニカル的なリスクがあるのかを把握することができます^^

また、相場が展開されていった時に、
自分がどういう決済行動をすればよいのかを予め考えて決めておくことで、
損小利大を徹底した戦略的なトレードができるようになるのです^^♪

以上が待てるトレーダーと待てないトレーダーの根本的な違いです。
自分のトレードを振り返ってみて、
「あー、自分のトレードにも当てはまるな・・・」と感じられた方は
ぜひ参考にして次のトレードから活かしていってみてください!

それでは次のFXブログもお楽しみに♪

※最新のブログ更新情報をメールでお知らせしてます(・∀・)
更新情報を受け取る!

無料でORZのFX手法が学べる、
《真・ORZのFX道場》を開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》では
ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、
実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でもご参加いただける企画になっていますので、
興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

真・ORZのFX道場で学べる6つの極意とは?

参加ご希望の方は下記のメールフォームから申し込みしていただくと、
ORZから道場入門についての案内がメールで届きます^^

※ORZがメッセージを見てから返信しますので
2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

参加お申し込みフォーム

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

FX経験:
ご職業:
運用資金:
1年間のFX運用目標:


無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)


メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)