FXで「CCI」を使った効率良い取引方法!

みなさん、こんにちは!ORZです。

本日のFXブログは器用な立ち振舞いから多くのトレーダーに愛されるテクニカルツール「CCI」を解説していきます!

CCIとはなんぞや?というところから、実際のトレードでの基本的な使い方を分かりやすくお伝えできればと思います♪

基本的には買われすぎ・売られすぎを判断する
オシレーター系としてのテクニカルツールなのですが、実はトレンド系のFX手法のサインとして、使うトレーダーも少なくありません。

まあオシレーター系だろうが、トレンド系だろうが、その分類についてはあまり細かいことは気にしてもしょうがないっす(´ー`)

大切なのは、インジケーターを使い実際に取引で勝てるかどうかですよね!

んが(゚д゚)!

FX手法のシグナルとは、RPGでいうところの武器や防具と同じです!
いつでもどこでも、どんな相手に対しても有効なわけではなく
その手法毎に、得意・不得意な相手(相場状況)や通用するパターン・通用しないパターンというものが存在します!

だからこそ、1つ1つのテクニカルツールの力を最大限活かすためにもまずは相場状況を正しく把握することが欠かせません(´ー`)

こうした大前提を知った上で、CCIをはじめ多くのテクニカルツール(手法)を使うことで相場という名の戦場でも、生き残っていくことができるってわけです!

さてさて前置きはこのあたりにして、そろそろ本題のCCIの使い方、そしてそのシグナルについてご説明していきたいと思います^^
まずは、このテクニカルツールの特徴から見ていきましょう!

CCIはオシレーターにしてオシレーターにあらず?!

何はともあれ、まずは実際のチャート画像をご覧下さい^^↓
※クリックで拡大
チャートにCCIを表示した時の画像
チャートの下部に表示されている1本のラインが「CCI」です。

オシレーター系のインジケータは、基本的に天井や底に近づくにつれ、買われすぎ・売られすぎを判断するツールなのですが、CCIは同じオシレーター系のRSIストキャスティクスのように100、0といった「天井」や「底」がありません。

その代わりCCIには+100と-100という基準値があるのですが、この+100や-100のラインを抜けたからといって即座に買われすぎ売られすぎを判断してはいけません(´Д`)

例えば+100を抜けた後も上昇の勢いが強ければ天井がないため、平気で+150や+200まで数値が上昇を続けます。

ちなみに上の画像でCCIの数値は上が263、下が-321と表示されていますが、その時のチャート(相場)のボラティリティによってこの数値は変化するので数字自体は特に気にせずともOKです(´ー`)

ではどうやって使えばいいのか?次は具体的なCCIのシグナルを見ていきましょう!

CCIは基準値の±100をブレイクした時の動きが鍵!

※クリックで拡大
0218ddcci1
〇で囲った部分がシグナルです^^

「+100を下抜けたポイント」が売りシグナル。
「-100を上抜けたポイント」が買いシグナルとなります。

これはどちらかというと「売られすぎ・買われすぎに対しての逆張り」というよりは「売られすぎ・買われすぎ時の戻りの勢いに対する順張り」といった感じで、トレンド系のシグナルに近いですね(´ー`)

CCIにおいて売られすぎ・買われすぎ水準はそれ自体が反転ポイントではなく、+100を上抜けてから、また-100を下抜けてからのシグナル発生を捉える為の準備期間と考えるのが良いかと思います^^

「そろそろ来るか?」と身構える期間ですね♪

cciの説明画像

CCIのもう1つの特徴は「シグナルの発生が非常に早い」という点です。
このFXブログでもご紹介したEMA(指数平滑移動平均線)
シグナル発生はかなり早い方ですが、それよりも早いです。

先ほどのチャート画像をもう一度見て見ましょう^^
0218ddcci1

画像のシグナルポイントを上部の価格(ローソク足)と照らし合わせてみると、CCIは絶妙なタイミングで±100を抜けてシグナルが発生しています^^
なかなか優秀なシグナルです!

もちろん上手くいくばかりでなく、上手くいかないパターン(ダマシ)もあります。

実際にCCIを表示させてチャートを見てみると分かるかと思いますが、±100を抜けてシグナルが発生しているポイントは、腐るほどありますw

んじゃあ、何が上手くいくシグナルで何が上手くいかないシグナルなのかをご説明していきます!

シグナルポイントも含めてもう一度画像で見てみましょう↓
※クリックで拡大
0218cci2
赤がナイスなシグナル、黒がイマイチなシグナルです。

全ては±100を抜けているのでシグナルと言えばシグナルですが、その後の値動きを見ると同じシグナルでも明確に結果が分かれています。

では、この赤と黒のシグナルにはどのような違いが考えられるでしょうか?

考えられるのは、「CCIが±100を抜ける時の角度」ですね^^

赤のシグナルポイントは黒のシグナルポイントに比べて、より鋭角に±100を抜けていることが分かります。

つまり、買われ過ぎ・売られ過ぎの水準からより勢いよく跳ね返ってきているポイントというわけです!
ですので、基準値の±100を抜けた方向に今後動いていく可能性が高いのではないか?と考えられるわけです^^

もちろんこれだけを馬鹿正直に信じて取引していくのも浅はかではありますが、1つの基準・目安として意識してみると効率よく稼いでいけるポイントが見つかると思います(´∀`)

また、そもそも相場全体が一方向に動きやすいトレンド相場では、いくらCCIがトレンド系っぽいシグナルを表すとはいえ、トレンド方向へ仕掛けた方がリスクは低いし簡単に利益を上げられます。

上昇トレンド時のチャート画面

ですので、他のテクニカルツールと組み合わせ、トレンド時はトレンド時で順張り・行ったり来たりのレンジなったら逆張りで仕掛ける、といったFX手法を相場状況に合わせて使うことで、トレード精度がグンとアップすることは間違いありません。

自分のFX手法もSMA(単純移動平均線)と一目均衡表の「雲」を組み合わせて使っています^^
ORZのFX手法について。トレードの考え方から徹底解説!

例えば移動平均線のグランビルの法則とCIIを組み合わせたりして、トレンド相場ではトレンド系のインジケータの補助として、レンジ相場ではCCIのシグナルで仕掛けていくといった狙い方をしましょう♪

今回はCCIをピックアップして解説していきました(´ー`)

その他にもこのFXブログでご紹介しているテクニカルツールを使って、海外FXで有意義に取引をしていきましょう^^

それでは次のFXブログもお楽しみに(・∀・)

無料でORZのFX手法が学べる、
《真・ORZのFX道場》を開催中!!

ORZが普段実践しているトレード手法をベースに
基礎のところから体系立てて学べるのが「真・ORZのFX道場」です!
実際に勝てるトレーダーをたくさん輩出できています♪

FX初心者・未経験者の方でもご参加いただける企画になっていますので、
興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

真・ORZのFX道場で学べる6つの極意とは?

参加ご希望の方は下記のメールフォームから申し込みしていただくと、
ORZから道場入門についての案内がメールで届きます^^

※ORZがメッセージを見てから返信しますので
2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

参加お申し込みフォーム

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

FX経験:
ご職業:
運用資金:
1年間のFX運用目標:
トレードするデバイス:


無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)

メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)