迷った時は「抵抗帯」に注目!100点エントリーは見逃してもOK?

読者の皆さん、こんばんは!
GW中のある日の万歩計は44歩。籠城には自信があるORZです(´ー`)

さて、今週の相場は「ドル・円買い」を中心に元気に動き回っていましたね!

ドルストレート・4時間足(10日の13時なう)
ドルストレートの通貨ペア

その影響を受けて、ドルストレート(対ドルの通貨ペア)クロス円(対円の通貨ペア)を中心に短期〜中期的に強めのトレンド相場が継続していますね。

今週に入ってFX道場生さんからも、モロタ報告を沢山いただいているので、トレード戦士にとっては戦いやすいこと、この上ない相場ですな(´ー`)

これだけ「買い・売り」の動きがハッキリしている相場なら、そのトレンドに乗っかるのが定石。わざわざトレンドに逆らう必要もないですからね。

というわけで、8日(火)の真夜中2時頃から『ポンド円』を中期の戻り売りを狙いでポジションゲットしたので、今日は久しぶりのトレード解説です(´д`)

今日はエントリーポイントを重点的に解説していきます。もちろん100点満点のポイントで乗っかれるのが一番ですが、中には間に合わなかったり、乗り遅れてしまうことが多いですよね。

そんな時でもふと回りを見渡してみると、違う道が見えてくるのですよ〜ん!

今日はORZのずる賢〜いエントリー方法を、じっくり解説していきますので、ぜひ今後のトレードの参考にしてみてくだされ〜(・∀・)

お久しぶりの戻り売り。ポン円さんにチャンス到来!

では、さっそく今回のトレードの見立てをチェックしていきましょう(・∀・)

まずはじめは長期足の日足から!

《ポンド円・日足》
レンジ相場

移動平均線3本はぐるぐると絡み合っているし、雲もコロコロと入れ替わっていることからもレンジ相場を形成中。価格は安値ゾーンに向って下落している最中であることからも、今後もしばらく下向きに流れるシナリオが見えてきますね!

ただ、そろそろレンジ相場の節目の1つ、安値ゾーン付近まで迫ってきていることからも、あんまり深追してしまうと反発する可能性も考えられます。

そのため下向きに流れに乗っかるものの、さほど無理せずパクっと利食いしたほうが良さそう。

大きな流れとしてはまだ下向きに流れているので、この流れに乗っかれないかなと考えていたのですが・・

《ポンド円・4時間足》
4時間足の戻り売りポイント

《ポンド円・1時間足》
1時間足の戻り売りポイント

1〜4時間はどちらの相場状況も移動平均線3本20/50/100)が下向きで、下降雲もモクモクしていることからも下降トレンドの真っ只中!

特に1時間足はすでに戻り売りのポイントに差し掛かっていたので、はじめはここからサクッと乗っかることも考えていたのですが・・

《ポンド円:1時間足とこの時の5分足》
5分足の相場状況

短期足の値動きを見ている限り、高値は確実に押さえられているものの、5分足の移動平均線50やら100やらで、何度も跳ね返されるような動きをしていることからも、なかなか下落の勢いが出てこず。

もちろん5分足のSMA100を思いっきり割ってしまうくらい、下落の勢いが加速してくれるならサクッと乗っかってしまいたいところですが、いまのところはもうちょい様子見モードですね( ゚д゚)

《ポンド円・4時間足》
4時間足の戻り売りポイント

《ポンド円・1時間足》
1時間足のレジサポライン

逆にもう少し待っていれば、4時間足もSMA20の戻り売りポイントに差し掛かってくるポイントでもあるし、ここなら1時間足でも「レジサポライン・下降雲」という抵抗帯として意識されそうな節目でもあるので、十分に上値が押さえられる可能性があります。

無理に1時間足の戻り売りポイントにこだわらずとも、その先にかなり手堅いポイントが迫っていたので、今回はこの4時間足のSMA20ポイントまで待つことにしました(・∀・)

ってことで、今回の戦略をいっちょまとめてみましょう!!

《今日のトレード戦略》
日足:レンジ相場で安値ゾーンに向っている最中なので、『下目線
4時間足:下降トレンドの真っ只中。SMA20ポイントに接近中。
1時間足:下降トレンドの真っ只中。レジサポ+下降雲で上値押さえられる?
戦略の軸:4時間足のSMA20からの戻り売りを狙う!

ここまで決めてしまえば、あとはエントリーポイントに到達するまでひたすら待つのみ!

ただ、4時間足のSMA20までの戻しを待っていたので、気づいたら数時間が経ち夜中の2時頃になっていましたネムイ(´・ωゞ)

ようやく戻ってきたのに…エントリーを寝過ごすORZ

《ポンド円・4時間足》
4時間足シナリオ通りの結果

すべてはORZのシナリオ通り…(・∀・)ニヤリ

ここまでくれば、あとは4時間足のSMA20ラインでピタッと反発したところでエントリーできればよかったのですが・・・ORZくん、ここで痛恨のミス!!!

はい、先生、白状します。
ワタクシ、トレード中ニ睡魔ニ襲ワレテ寝落チシマシタ(´・ω・`)ショボーン

《ポンド円・5分足》
5分足で乗り遅れた局面

デデ~ン!おつくんOUT!!!

ウトウトしていた間に、すでに4時間足のSMA20で反発してしまい、思いっきり下落しはじめていました(笑)

せっかくトレードチャンスを待ってたのに・・・トレードチャンスを逃してしまうとは(´Д⊂ヽ

ORZのように寝落ちしちゃうダメな子はいないと思いますが・・理想的なエントリーチャンスを見逃してしまうとさすがに凹みますよね。

あ、オラのトレードチャンスオワタわ・・・」と諦めモード全開でチャートを閉じちゃう人もいるかもしれませんが

・・そこのあなた、まだチャート閉じないでー=≡Σ( ε¦) 0

そう!理想のポイントを逃してしまったとしても、まだチャンスは残っているのです!!!

考えられるパターンは大きく2つ!

《ポンド円・5分足》
5分足のエントリーポイント

1つ目は、4時間足のSMA20ラインまで戻しを待つパターン!

もちろん4時間足のSMA20で反発が起きれば、結果的には下落していく可能性は高いものの、一気にズキューンと下落していくことは少なくて、多くの場合には価格がもみ合ったり、1〜2回くらいは4時間足のSMA20のような反発ポイントまで戻ってくることがあります。

ダブルトップとダブルボトム

いわゆるダブルトップというチャートパターンを想定するということですね!その戻しを待っていれば、おのずと先程と同じくらいの価格帯でエントリーできるので、焦らずに戻しの動きを待っていればOKなのです(・∀・)

《ポンド円・5分足》
5分足のエントリー前

2つ目は抵抗帯からのブレイクを狙って乗っかるパターン!

毎回戻しの動きが必ずあるという確証があるなら、ちょっとくらい乗り遅れても安心なのですが、中にはまったく戻しの気配もなく超特急で下落していってしまうパターンもあります。

せっかく戻しを期待していても、そのまま一気に下落してしまったら乗り過ごしてしまいますからね。そんな時には下落の勢いが出てくるポイントから乗っかっていけばいいのです(・∀・)

こんな時に注目しておきたいのが『レジサポライン

抵抗帯の値動きイメージ

レジサポラインのような抵抗帯は値動きの節目となりやすく、勢いよく動いていた価格が支持線や抵抗線で止まったりすることもよくありますが、止められていた抵抗帯を突き抜けたときには勢いよく動き出す、という特性があります。

《ポンド円・5分足》
5分足のエントリー前

今回の場合であれば・・目先に『レジサポライン』が控えていますし、ここはちょうど5分足のSMA100を抜けることにもなることからも、この抵抗帯を突き抜けてくれたら、そのまま下落の勢いが加速することが期待出来ます(・∀・)

《ポンド円・5分足》
5分足のエントリーパターン

なので・・

①戻しを待ってダブルトップを形成したポイントからの反発!
②レジサポラインを突き抜けたポイントからのブレイクアウト!

どちらかの値動きをしてくれたら、エントリーしていこうと思いますヽ(´ー`)ノ

果たして結果は・・・

《ポンド円・5分足》
5分足でのエントリーポイント

ぬ、抜けた!

今回は4時間足のSMA20ラインまでは戻ってこず、そのままレジサポラインを割っていったので、ここらでぽちっと!!

147.984でポジション(σ・∀・)σゲッツ!!

ふふふ、あらかじめ値動きのシナリオさえ想定できていれば、必ずしも完璧なポイントを捉える必要はないってことですな。これがずる賢いエントリーってやつです(´ー`)

《ポンド円・4時間足》
決済指値と決済逆指値

あとは最終防衛ラインの決済逆指値(-20pips)は4時間足のSMA20あたりに設置!

日足の相場状況も考慮すると、目先に安値ゾーンのレジサポが迫っていることからも、欲張って引っ張っても跳ね返されるリスクもあるので、手堅く45pipsを刈り取れるポイントに決済指値をセットしておけばOK(・∀・)

時すでに真夜中2時。さすがに眠気もマックスだったので、就寝タイムでございます・・・(つ∀-)オヤスミー



そして明くる日。

《ポンド円・5分足》
5分足の決済前のチャート



《ポンド円・5分足》
5分足の決済画面

ジャスティス(*゚∀゚)!!!

ORZが眠っている間は、ウヨウヨしていたのですが、目が冷めて眠気覚ましにコーヒーを飲んでいたところでガクンと下落。そのまま下落を続けて一気にゴールしてくれました!!!

5月8日のトレード結果

44pipsモロタァァァァ〜(´д`)

一時は含み損エリアまで帰ってきたので、やや冷や汗モノでしたが・・最後にラッキーパンチが働いてくれたので良かったです(笑)

GW中はちっとトレードをお休みしていて、久しぶりにポジション持ったのでやや緊張していましたが・・無事にモロタできてひと安心。

ほんで、いまの相場を見てみると・・

↓↓↓

ポンドドル4時間足(10日の20時なう)
ポンドルの4時間足

フフフ、どうやら英・政策金利の発表もあって、いまはポンド売りが加速しているみたいですね!特にポンドルさんとかはこの勢いで安値更新してくれたら

・・さらなるビックトレンド到来の予感(*゚∀゚)

こんだけ明確なトレンドが続いてくれるなら、わざわざトレンドに逆らう必要はないので、この流れにもう1発乗っかりたいっすね!!

ただ、せっかくトレンドの流れに乗っかるのに、エントリーポイントが見つけられずにみすみすエントリーを見送ってしまうなんてモッタイナイですので、ぜひトレンド相場で戦う時には、今回のようなエントリーの乗っかり方を活用してみてくだされー=≡Σ( ε¦) 0

もちろんこういったトレンド相場での戦い方などは、このブログ内でも紹介していますし、イチから学校みたいに体系立てて学びたい!ということであれば、FX道場でも伝授しているのでお気軽に活用してみてくだされ!

ではでは、次回のFXブログもお楽しみに〜ん♪

ニートがゆる〜く運営中!FX道場でサポートします(´ー`)

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》では
ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、
実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でもご参加いただける企画になっていますので、
興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

真・ORZのFX道場で学べる6つの極意とは?

参加ご希望の方は下記のメールフォームから申し込みしていただくと、
ORZから道場入門についての案内がメールで届きます^^

※ORZがメッセージを見てから返信しますので
2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

参加お申し込みフォーム
必須問い合わせ内容
任意具体的な相談内容
必須お名前(ニックネームもOK)
必須メールアドレス
任意ご職業
任意FX歴
任意トレード環境
任意1年間の運用目標

スパムメール防止のため、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。

今日も元気におツイート!

今日も元気にTwitterでおツイート!

無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)

メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)

コメント

  1. せやから遊太郎 より:

    私は武田がシャイアーを6.8兆円で買収する噂があったんで売ろうにも売れませんでしたね。

    • neetfx より:

      せやから遊太郎さん、こんばんは!
      コメントありがとうございます(´ー`)

      なるほど。ファンダ要因ではそんなニュースもあったんですね。ただそこまで気にしすぎてしまったらキリがないですし、逆行してしまったら損切すればいいだけですからね。

      長期的にスイングトレードなどでポジションを保有しないので戦っていかないのであれば、テクニカル分析だけでも十分だと思いますよ〜ん(・∀・)

      ORZ

  2. ヤスヤス より:

    ORZ先生、休み明けの早速のモロタですか、さすがです。
    先のブログではシナリオを描くことの大切さを説いていましたが、ホントにさらっと自分のトレードシナリオを語れる事がリアルトレードでの再現性が出るのですね。
    しかも今回は一度、シナリオを崩されて…まあこの辺は省きまして、でも再度、シナリオを組み直しての40ピプス以上のモロタはただただ感心です。
    僕もORZ先生に真似てトレードシナリオを思い描いてみるのですが、ホントにあーと、えーと、みたいに言葉に詰まるみたいに思いに詰まっております(^_^;)
    やっとエントリーと利確ラインまで漕ぎ着けても、自信が持てないので、途中で見てしまうと、その時の感情に流されてしまうのだと思います。
    以前のORZ先生のブログに見習って、シナリオを描いたら、後はエントリー~ゴール(利確、損切り)のシンプル思考で行きたいと思います…メンタル、メンタル(^_^;)

    • neetfx より:

      ヤスヤスさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      今回の記事も参考にしてもらえたみたいで良かったです。

      うむ、やっぱり自分自身でエントリーの根拠がまとめられるってことは、1つ1つの相場判断に根拠が持てているということでもありますからね。何度も繰り返していくことで、1つ1つの自分の相場判断にも自信が持てるようになるので、けっこうオススメですよ〜!

      ただ自分もはじめたばかりの頃は、こんなにべらべらと語れていなかったので、まずは誰かのやっている言葉使いを真似するところからはじめていけばいいと思います。

      ヤスヤスさん、継続は力なりですぞヽ(´ー`)ノ

      ORZ

  3. Ⓜ︎ より:

    ブログ更新早くて感激です!
    最近はレジサポラインを意識したトレードをしていますので
    今回の記事もとても勉強になりました!
    先生の手法やエントリーの根拠は
    理解出来ますが何故か思うように真似が出来ないです!笑
    宝を目の前に見えない壁が塞がっているような感じですね!
    その壁をどうぶち壊すか毎日必死に考えています!
    今回も為になる記事ありがとうございました!

    • neetfx より:

      Ⓜ︎さん、こんばんは!
      コメントありがとうございま〜す(´ー`)

      あ、今回は力が有り余っていたので、連日の記事更新も喜んでもらえたなら嬉しいです(笑)

      レジサポさんに注目しているのはいいっすね!普段の移動平均線や雲だけでなく、レジサポにも注目していくことで、さらにトレードチャンスが広がると思うので、ぜひ今後もトライしてみてくだされ〜♪

      ORZ

  4. チロ1号 より:

    5分足からでも、ブレイクを狙う方法あるんですねm(__)m戻りしもありそうで、注意が必要なんでしょうけど、4時間足の抵抗帯とかも考えて安値ゾーンまでの幅も考えてなんでしょうがポジションを、とるポイントの幅が広まりました(^-^)

    • neetfx より:

      チロ1号さん、こんばんは!
      コメントありがとうございます(´ー`)

      今回のエントリー方法も参考にしてもらえたみたいで、早々にまとめた甲斐がありました!

      チロ1号さんの認識の通りで、単純に5分足のレジサポを抜けたからエントリーしているわけではなくて、1〜4時間足の相場状況も加味してのエントリーなので、そこもちゃんと理解してもらえていたなら良かったです。

      ぜひ今後のトレードの参考にもしてみてくだされ〜♪

      ORZ

  5. ペガサス より:

    ORZ師匠こんにちは。お久しぶりです。

    さすがにすごくて、感心させられる今回と先回のプログの更新ありがとうございます。
    私も同じGBPJPYで同じ所のH1のMA50の戻り売り狙っていました。
    5月2日はGPYJPYのH1のMA50か近くのH4のMA20の戻り売りを狙って、刈り取りました。
    今回は、H4のMA20がまだ遠いし、H1の雲に入ってしまうので、H1のMA50に決めて、
    なかなかブレイクしないのでエントリーしたら刈り取られました。
    反省は仕方ないで済ましていました。
    このプロクで反省が足りないことを痛感しました。
    先回のプログでGBPJPYは下げと盲目的に思ってはダメで、いつも逆行を考えなければ
    ならないことが分かりました。
    長くなりますが、もし私が同じ所をエントリーしても翌日のM5のMA100ブレイクでチキン
    利食いしてしまいます。ORZ師匠は、なぜ利確目標まで待つことが出来ますか?
    目先の動きを気にしないことですか?

    • neetfx より:

      ペガサスさん、お久しぶりです!
      コメントありがとうございます(´ー`)

      今週の2記事ともチェックしてもらえているみたいで嬉しいです!

      そうですね。誰しもチャンスには目がいくのですが、その裏に潜む逆行のリスクが見えていないことが多いですからね。そこに目を向けるだけでも、かなりトレードの成功率はアップすると思いますよ〜♪

      あとご質問のところですが、やはりいい意味で「目先の値動きを捨てられる」かどうかですかね。どんなに優れたトレーダーでも目先の値動きから次にどんな動きをするかなんて誰にも予測できないですし、見ていて仕方がないものは深追いしてもどうにもならないですからね。

      なので抵抗帯などの分かりやすいもので相場判断していくことが肝になるんじゃないかと思います。

      この記事にもまとめたことがあるので良かったら参考にしてみてくだされ〜♪

      今更聞けん!利益伸ばせる人・伸ばせぬ人、この差ってな〜んだ(・∀・)
      http://xn--fx-ph4angpet59xn23a.jp/?p=28364

      ORZ

  6. 林 優 より:

    自分は1時間足のMA50からの戻り売りで5分足のMA20割でエントリーし、損切りになりました。 ORZさんもチャートを見るタイミングが早かったら、1時間足のMA50からの戻り売りトレードは、していましたか?

    • neetfx より:

      林さん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      そうですね。エントリーポイントとしては1時間足のMA50もなかなかいいポイントだと思いました。ただ4時間足での逆行リスクもあったので、ちょいとここでのエントリーは慎重に見ていました。

      実際、短期足で見ていてもそこまで下落の勢いが強かったわけではなかったので、見送りした感じですね。エントリー時には軸だけでなく、そのほかの相場状況もチェックしてみると良いかと思いますよ!

      ORZ

      • 林 優 より:

        エントリーをスルーする、しないの判断がむずかしいです。これはやはり経験値ですかね?

        • neetfx より:

          林さん、こんばんは!
          コメント返しありがとうございます( ´ー`)

          そうですね。経験値といってしまったらそれまでになってしまいますが(笑)

          あるエントリー場面で、1つの戦略ができたらすぐにエントリーしちゃうのではなくて、ほかにどんなポイントでのエントリーが考えられるか?その中でトータルでみていって、一番逆行のリスクが低く、根拠の厚いポイントはどこになるか?っていうのを見比べるクセを付けていくのがいいんじゃないですかね。

          1つのポイントからさまざまな戦略を立てられるようになることで、ベストな選択をするクセもついてきますし、自分も実際にそんな感じで相場を見ているので、良かったら参考にしてみてくだされ〜♪

          ORZ

  7. hajime13 より:

    ORZ先生、ブログ更新ありがとうございます。久しぶりにプロのトレードを拝見させていただきました。
    自分も林 優さんと同じく、1HのSMA50の戻り目売りで20p損切でした。
    ポンド円にエントリする際には、GBPUSDとUSDJPYの両通貨ペアから、抵抗帯になりそうな価格帯等が近くにないかというような確認もされているのでしょうか?

    • neetfx より:

      hajime13さん、こんばんは!
      連日のコメントありがとうございます(・∀・)

      う〜ん。ほかの通貨ペアで見るのは、どちらかといえば相場の勢いみたいなところなので、そこまで相場状況や抵抗帯までは気にしていないですね。

      抵抗帯を見るのは同じ通貨ペア内の上位足・下位足などで見て、テクニカルの後押しや逆行のリスクを見ていきますよ〜♪

      ORZ

  8. ゆき より:

    ORZさん、こんにちは。
    エントリーから損切りライン、利確までの流れがとてもわかり易くて参考になりました( ´ω` )
    ありがとうございます!
    私もよく寝落ちしてエントリーチャンスを逃してしまいますww

    記事の内容とは離れてしまいますが、ORZさんはlot数を決める時のポイントって何かありますか?
    アドバイスなど頂けたら嬉しいです。
    他記事にて解説していらしたらすみませんm(*_ _)m

    • neetfx より:

      ゆきさん、こんばんは!
      コメントありがとうございます^^

      寝落ち普段は気をつけているつもりですが、ついついうっかりやってしまいますよねΣ(・∀・;)

      ただそんな残念なことをやってしまっても、まだエントリーチャンスは残っていたりするので、ぜひ諦めずに眠い目をこすって相場を見てみてくだされ〜(笑)

      ご質問にあった「ロット数の決め方」についてですが、自分の場合には手持ちの資金に対して「1回のトレードで許容できる損失額」からロット数を割り出していますね。

      1回の損失額は手持ちの資金に対して6〜8%前後に押さえるのが一般的と言われています。

      たとえば10万円資金があるとしたら、だいたい1回の損失額を6000〜8000円に押さえるということになります。

      損失額=損切pips×ロット数

      で割り出せるので、もしORZと同じように損切ラインを普段-20pips前後で押さえるのであれば、この場合には0.3ロット(3万通貨)くらいでトレードすると、損失額が6000円前後に押さえられます。

      1回の損失額が6000円前後であれば、仮に10連敗してもまだ4万円残っていることになりますし、余力をもってトレードしていけるかと思いますよ(・∀・)

      このように、今の自分の資金(HP)はどのくらいの損失(ダメージ)に耐えうるのか?を把握してトレード枚数を決定していく事がリスク管理の基本なので、そこの考えをベースにロット数を決めていくと良いかと思います。

      詳しい損切額や損切pip、ロット数の計算は、こちらの計算ツールに当てはめていけば算出できると思うので良かったら活用してみてください!

      pipsとは?1pipsでいくら稼げる・損する?を計算してみよう!
      http://xn--fx-ph4angpet59xn23a.jp/?page_id=24723

      もしわかりにくかったらメールで個別に対応させていただきますので、お気軽にご連絡くださいなせ〜♪

      ORZ

      • ゆき より:

        ORZさん、とても丁寧な返信ありがとうございます(`・ω・´)

        ちょっと調子が良いと、ついついlot数を上げたくなってしまっていたので、改めてリスク管理を見直していきます。

        ブログももう一度読ませていただきますね(ノ´▽`)ノ♪
        ありがとうございました!

        • neetfx より:

          ゆきさん、こんばんは!
          わざわざコメ返しもありがとうございます(・∀・)

          ご参考にしてもらえたなら良かったです。またなにかご質問などあれば、コメントかメールくだされ〜♪

          ORZ