ニートの相場感はここから始まった!相場分析の基礎、ダウ理論(・∀・)!

みなさん、こんばんは!
寒さで目が覚めたニート、ORZです(・∀・)

さてさて最近の相場はというと、ちょっと前のユーロといい、最近のポンドといい、買われ始めると一気にトレンドとなる通貨も出てきましたね♪

寒さに負けず、来週もこのトレンディな相場が続いてて欲しいところ!

ところでみなさん、こんなトレンディな相場を攻略するには欠かせない理論が投資界にはあるって知ってました(゚∀゚)?

そう、かの有名なダウ理論です!ORZ自身もこのお話を頭のなかで理解できるようになってから、すこ〜しずつ相場の見え方が変わってきました!

なんでこのタイミングでダウ理論??」と思われた方もいらっしゃいますよね♪(´ε` )
実は先日、読者さんからこういうご質問をいただいたのですね。

とある読者のAさん

「ORZさん!いつもブログありがとうございます!
道場のおかげで勝率がかなりアップしました!こんなすごい相場認識方がシンプルにあるのに、なんで今まで勝てなかったのだろうか、、、ただ、ふと思ったのですが、ORZさんのこの相場認識の元になっているのって何なのですか?それかORZさんにも先生のような方がいらっしゃるのですか?」


ORZに師匠はおりませんw
っていうかコミュ障に対人は無理です(´ー`)w

これまでブログを通じて相場感やトレードの考え方についても色々と伝授させていただいてきましたが、どうやってORZの相場感が作られたのか、基礎となった部分をお話していませんでしたね。

なので今日はORZの相場感の基礎の1つ、ダウ理論について改めてお話しようかと思います(・∀・)

今回のお話を参考にダウ理論を実際の相場でどうやって活かしていくのか?という視点で見ていただければと思います♪

この理論がわかってくると、なうのトレンディな相場の見え方がガラリと変わると思いますので、FXを始めたばかりの方でも、経験者の方も良かったら見てってくださいな〜♪

ではでは早速いってみよう〜( ゚Д゚)b

投資界ではかなり有名なダウ理論!

ま、まずはてはじめにそもそもダウ理論てなんですの?というところからお話していきたいと思います。

ダウ理論とはその昔、アメリカで活躍されていたチャールズ・ダウさんが作った相場の動き方に関する理論のことになります。

チャールズ・ダウのイメージ

何回見てもトイ・プードルにしか見えない、、、(゚∀゚)

ニュースとかで「ダウ平均株価」なんて言葉を一度は聞いたことがあると思いますが、これを作ったのがダウさんなんですね(・∀・)

ま、つまりはニートとは比べ物にならないぐらいの超お偉い方なのです!

このダウ理論ていうのは、大きく6つの基本法則があります(・ω・)

一、市場は全ての自称を織り込む
二、トレンドは3種類ある
三、トレンドは3段階に分けて形成される
四、トレンドは複数の指標によって確認されなければいけない
五、トレンドは出来高でも確認されなければいけない
六、トレンドは明確なシグナルが出るまで継続する

これらは全て「トレンド」に関してダウさんが発見していった法則たちです。ダウさんが膨大な過去チャートからトレンドはこうなる確率が高いと導き出したのですね。なのでトレンド相場でのトレードにはかなり参考になる部分も多いです♪

ただこれを全て丸暗記する必要もありませんし、丸暗記をしても意味がないです。大事はことはこれらの法則がどうやって実際のトレードで活かせるのか?ってところですからね(´ー`)

なので、今回はこの法則の中でも、特にORZが普段の相場に活かされている部分に絞って解説していこうと思います。

この法則を意識しながらチャートをみると、相場の見え方がガラッと変わってしまいますぞ〜ъ(゚Д゚)

チャートは全てを表している!

まず1つ目の項目として、ダウ理論には「市場価格はあらゆる事象を織り込んでいる」という考え方があります。なんかすげぇかっこよく言っていますが、簡単にいうと世の中の出来事の結果は全てチャートに現れるということですね(・∀・)

これは難しくもなんともなく『世界の人口が減れば、人口のグラフって下がるよね』ってくらいごく当たり前のことをお話なのです。

少しイメージしていただきたいのですが・・・

もしこれから人口が上がりそうか?それとも下がりそうか?予想してくれ〜というシチュエーションになった場合、分析方法として

①街ゆく人にアンケートとって世の中の人々の生活から値動きを予測していく

②グラフから計算式を用いて細かく分析していく

みたいな方法を取るかと思います。いずれも予想していることに変わってませんからね!あくまでやり方が違うってだけの話です(´ー`)

普段FXでやっている相場分析も考え方はこれとまったく同じです!これから価格が上がりそうか?それとも下がりそうか?を予測していくために、

①世の中の経済状況・情勢を分析していく方法(=ファンダメンタル分析)

②チャート画面の値動きの法則を分析していく方法(テクニカル分析)

どっちかのやり方を使っているわけです。

例えばこのチャート。
ドル円相場 1時間足
USDJPY_1h_0726

このチャートでトレードする場合、もしファンダメンタルを元にトレードしていくのであれば、黒田総裁や麻生大臣の発言、もしくは日本とアメリカの経済事情を隅々まで分析していく必要があります。

でもこれはその筋に精通している大物とか世界経済の最先端にいる人出ないと無理なんですね。ニートをはじめ、FXはじめたばかりの人が分析していくのはハードルが高すぎますからね(´ー`)

なのでORZがこのチャートでトレードするなら、インジケーターなどを駆使してトレンドの転換、反発ポイント、前回の安値ポイントなどなどテクニカルを用いてトレードしていきます。

これがORZのファンダメンタルはあまり気にせず、テクニカル分析優先という考え方の元でもあるのです(・∀・)!

もちろん経済指標前にポジションを持っていると一瞬で損切りになることがあるので、大きな指標はあらかじめチェックしておきますが、それほどファンダメンタルズを気にしすぎなくてもいいということなんですね。

ORZなりのテクニカルとファンダメンタルのバランスについては、こちらの記事でもお話しているので良かったら参考にしてみてください♪

FXニートの相場分析。トレンド・レンジ相場の流れを動画で解説!

ORZとダウさんのコラボ!トレンドを解説(・∀・)

また冒頭でもお話しましたが、ダウ理論はトレンドに関するものになります。ここからはトレンドについてダウさんが何を発見したのか?についてお話ししていきますね♪

まずダウさんが定めたトレンドの定義からみていきましょう!

・高値、安値が両方とも切り上げていくことで上昇トレンドとなる
・高値、安値が両方とも切り下げていくことで下降トレンドとなる
・高値、安値の切り上げ、切り下げが逆転することでトレンドの転換となる

画像だとこんな感じになります!

ダウ理論の高値・安値切り上げの図

高値、安値が切り上がっている赤いライン部分が上昇トレンド、四角で囲ってある部分で高値が切り上げらられず、安値が切り下がっているので転換、そのあとの青いラインは高値、安値が切り下がっているので下降トレンドと判断するというわけです(´ー`)

これはそこまで難しく考えなくても、一般的に言われているトレンドのことですね。

ここからが重要( ゚д゚)!
ダウさんは、このトレンドには期間ごとに3種類あるってことを発見されました。

1、主要トレンド:1年〜数年のトレンド
2、二次トレンド:数週間〜数ヶ月のトレンド
3、小トレンド:3週間未満のトレンド

どういうことかというと、トレンドは大中小3つの関係で成り立っているってことですね。イメージとしてはこんな感じ!

トレンドのイメージ

この大中小のトレンドはそれぞれ次のような法則で関連しあっています。

二次トレンドは主要トレンドの調整であり、小トレンドは二次トレンドの調整である。

大トレンドの中に中トレンドがあり、中トレンドの中に小トレンドがあるということですね。

これは実際の相場で考えてみるとわかりやすいかと思います!

例えばこちら、
【AUD/JPY:1時間足】
大きいトレンド

【AUD/JPY:5分足】
戻し
上昇トレンドの場合、価格が上がると必ず一度戻しが入ります。この戻しを小さい時間軸で見ると下降トレンドとなっているということですね(´ー`)

「時間軸ごとに相場状況が違うと混乱してしまう、どこでエントリーすればいいかわからない」

これは誰もがぶち当たるお悩みですよね。その昔、ORZもニートLv.2ぐらいだった頃はどこでエントリーすればいいのか全くわかりませんでした( ;∀;)

いつも5分足をみながらこんな感じでした、、、

5分足

5分足をずっと眺めているだけで、どこで上昇が始まるのかが全くわからなかったのですね。そんな弱小ニートに光を示してくれたのがこのダウさん!小トレンドは中トレンドの調整であるという考えをORZに教えてくれたのでした(・∀・)!

1時間足

これがORZが得意とする押し目戻りめトレードの基礎となったのですね♪(´ε` )

上位足が上昇トレンド、下位足が下降トレンドとなっている場合、下位足の下降トレンドは上位足のトレンドの調整、つまりは一時的な戻しということなんですね♪

時間軸ごとに相場状況が違うと混乱してしまうという方は、このダウ理論の時間軸のつながりを理解するとチャートの見え方が変わるのではないでしょうか♪

時間軸の考え方について詳しくはこちら!
→ 今宵のテーマは「相場の見かた」!!ORZの頭の中をまるっと公開♪

トレンドの終わりだって見つけられるよ〜。byダウ

これまではトレンドについてやどこでエントリーすればいいかについてお話ししてきました。あとはいつトレンドがいつ終わるのかわかれば、トレンドをまるっとモロタできますよね(・∀・)!

このトレンドの終わりを知るために必要な知識が、トレンドの転換点なんですね♪

先ほど紹介したトレンドの定義の中の転換の合図をおさらいしてみましょう♪

高値、安値の切り上げ、切り下げが逆転することでトレンドの転換となる。

ダウ理論の高値・安値切り上げの図

ただ、いきなりトレンドの転換まで見極めるのは難しいかと思います。

なのでまず最初に覚えていただきたいのは、ORZが普段のトレードでも紹介しているトレンドの勢いが抑えられてきたと判断するポイントです(・∀・)

これは上昇トレンドであれば高値が切り下がってきたところ下降トレンドであれば安値が切り上がったところですね(・∀・)

高値更新終了

安値更新終了

普段ORZもこの高安値更新できていないのを確認すると、「勢いが抑えられてきたかな!ムムッ( ゚ ω ゚ )!!」という感じで様子をみていきますからね。

こういうポイントはトレンドの勢いが抑えられることが多いので決済することが多いです。

なので普段のトレードでもトレンドが高値安値を更新しているか、勢いが抑えられてきたか意識してみていきましょう♪

トレンドの終わりについて詳しく知りたい方はこちら!
トレンドってどこまで続くの?これが見えてきたらTREND NO OWARI☆

ダウ理論が見えれば、相場の見え方がガラリと変わる(・∀・)

今回はダウ理論やORZの相場感の元になった背景をお話しましたが、いかがだったでしょうか?

ダウ理論がわかると、そもそもの相場の見え方や、それぞれの時間軸の関係性なども見えてきますからね!

こんな感じでFXって勉強したらその分だけ相場の見え方が変わってきますからね!こうした相場の動きを分析したり、予測したりする知識を学習していくことで「明らかなチャンス」を捉えることができるようになり、大きなリターンを狙ったトレードを行うことができるようになるってわけです(・∀・)!

こうした相場分析の方法や値動きの法則、リスクに対する対処法だったりを単純に知っているか知らないかの差だけで、結果は大きく違ってきますからね(´ー`)

ぜひぜひこれからFXを始めようと考えている方は、FXをただ、「上がるか・下がるか」というギャンブルの賭け事のように考えずにしっかりと知識に基づいた、根拠のあるトレードを実践していけるように学習していただければと思います!!

このFXブログでも様々な知識についての記事を書いておりますし、無料の指導企画も行なっているので、お気軽にご参加ください♪

それでは、よきFXライフを〜(´ー`)

ニートがゆる〜く運営中!FX道場でサポートします(´ー`)

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》では
ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、
実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でもご参加いただける企画になっていますので、
興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

真・ORZのFX道場で学べる6つの極意とは?

参加ご希望の方は下記のメールフォームから申し込みしていただくと、
ORZから道場入門についての案内がメールで届きます^^

※ORZがメッセージを見てから返信しますので
2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

参加お申し込みフォーム

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス(アドレス間違いはお返事できませんので、ご確認ヨロです(´ー`)

FX経験:
トレード環境:
1年間のFX運用目標:


今日も元気におツイート!

今日も元気にTwitterでおツイート!

無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)

メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)

コメント

  1. さっさん より:

    こんばんは、道場生のさっさんです!
    orzさんもやはりダウ理論を元に考えていたんですね!はじめてブログを拝見した時は
    この人のはダウ理論で考えてるわけじゃないのかな?と直感的に感じてしまったのですが(^◇^;)
    もしかして手法でお使いになられている移動平均線ののma100とかって、ダウ理論の「ここを超えたらトレンドの目線が変わる」っていう押し安値だったり戻り高値のポイントとかぶったりしているのでしょうか?未検証ですが…

    • neetfx より:

      さっさんさん(?)、こんばんは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      そうっすね!FXはじめた当時はいろいろ勉強していましたが、おおもとのベースとなっている考え方はこのダウ理論ちゃんですね!SMAや一目均衡表の雲などのテクニカルツールについてはダウ理論だけをベースに決めたわけではないですが、検証していった中で一番手法としてしっくりきたので使っているってかんじですね(´ー`)

      このあたりの検証についてもまた別の機会にお話していこうと思うので良かったら見てってくださいな〜♪

      ORZ

  2. yuki より:

    ORZさん、こんにちは。
    今回の記事は、とても勉強になります。
    道場で習った事を、さらに深掘りして教えて頂くことが出来て嬉しいです。
    師匠の居ないORZさんは、相当勉強されたのでしょうね。
    尊敬します。これからも、よろしくお願いします。

    • neetfx より:

      yukiさん、こんばんは!
      コメントありがとうございます(´ー`)

      当時はいろんなサイトや本を読み漁ったり、テキトーにトレードしていったりしてたので、遠回りすることもありましたが、その分しっかりと経験を積みながら前に進むことができたので、それはそれで今となってはいい思い出ですよ〜♪

      ただみなさんに同じ思いをしてもらう必要はないですからね!今後もこのあたりの記事も書いていこうと思うので、これからも遊びにきてくださいな〜(`・ω・´)ゞ

      ORZ

  3. Aya より:

    ORZさん、こんにちは!

    今日から、好きなだけFXの勉強をしてチャレンジできるようになりました。
    ブログもタイムリーに読めるようになり嬉しいです!(๑˃̵ᴗ˂̵)

    ORZさんの相場感の起源はここからなんですね。私もダウさんから頑張ろう!

    これからもよろしくお願いします!

    • neetfx より:

      Ayaさん、こんばんは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      おぉ〜!FXに集中できる環境になっていったとは朗報ですね!ぜひぜひこの機会にじっくりと勉強していきましょうぞ〜(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

      もちろん質問などはいつでもウェルカムなので、なにかあればお気軽に声かけてくださいね〜♪

      ORZ