海外FXブログ「スイスショックの被害者はトレーダーだけではない!?」

今週も始まりました、デイトレーダーの海外FXブログ!
とか言っておきながら先週からの持ち越しポジションの結果を報告します!w

さて、先週の時点で含み益は+25pipsでしたが・・・・果たして!?

先週の持ち越しポジション結果

0116xm

取引通貨 :EUR/JPY
獲得pips :-15pips
獲得利益 :-1500ドル(日本円レート -182,000円)

はい、夜中のうちにサクッと切られてましたw

今日のお昼のチャートで見てみましょう^^

EUR/JPY m30(11:15のチャート)※クリックで拡大
0119xm1115
エントリーポイントと逆指値ポイントは画像の通りです^^

う〜む、予想より戻しのボラティリティが大きかったですね(´Д`)

利益は一番大きく取れたところで+60pips。充分でしたw

まだまだいけるだろ!と調子に乗って指値(利確注文)を入れなかったことが裏目に出ましたね。

「スイスショック」の影響で、ユーロの下落を少し過信し過ぎていたかもしれません。

海外FXで行き過ぎた欲は最大の敵!反省です(@_@)

チャートは朝と夕方で全くの別物な上に、最近のクロス円はよく分からない動きをするので
仮にポジションを持ち越す場合は慎重に行く必要がありますね(´Д`)

今日は月曜ということもあって、特に重要な指標も無く、
相場の動きが非常に読みづらくなっています。

ユーロとポンドは「スイスショック」で下落した所からどこまで戻し、
どこで再び下落するのか。

あまり手法に当てはまるポイントが見当たらなかったので、
今日は取引に関しては様子見ということにさせてもらいます(´Д`)

それでは今日のメインテーマに行きましょう^^

先週のブログでお話した「スイスショック」
その事態の大きさから、様々なFX業者が影響を受けたと思います。

今日はそのうちの1つ。「アルパリUK」についてお話します^^

超大手FX業者が破綻!?

アルパリジャパンで取引しているFXの友人が

「アルパリのチャートが動かない!」

と言っていたので、まさかと思って調べてみたところ・・・・

その親会社である「アルパリUK」が、
先週の「スイスショック」の影響で破綻を発表していました(´Д`)

アルパリUKは超大手の会社であり、
今回の発表は多くのFXトレーダーに衝撃を与えたでしょう。

なぜアルパリUKは破綻に追い込まれてしまったのか?

顧客にお金を払えなくなった。簡単に言ってしまえばそんな感じでしょうか^^

スイスショックの影響で、多額の利益を得たトレーダーもいれば、
強制ロスカットすら注文が約定されず、
有効証拠金を遥かに上回る損失を被り、追証が発生したトレーダーも数多くいるでしょう。

今回の一件は値動きが莫大だった為、
0カット分の損失をカバーできない業者があったり、
国内業者の人は、追証が払えないトレーダーが続出したと思います。

カバーしきれない損失をアルパリが請負い、
結果的に破綻に追い込まれる形になりました。

今回のような事象はFXトレーダーだけでなく、
FX業者に対しても大打撃だったということを表す象徴ですね(´Д`)

FXトレーダーの資産の行方は!?

さて、「破綻」という問題に付きまとってくるのが「信託保全」です。

ちゃんと証拠金は出金できるのか?不安で堪らないと思います。

まず海外FXとは違い、国内のFX業者は「信託保全」が義務付けられています。
当然アルパリジャパンもその例外ではありません。

下の画像はアルパリUKの表明文です↓
※クリックで拡大
0119arupari

アルパリジャパンは国内有数のFX業者であり、
当然顧客の資産はキッチリ分別管理されています。

また、完全信託保全なので資金は全て返ってくるでしょう^^

ただし文章にも書いてある通り、アルパリジャパンの一切のコンテンツが停止
なっているため、ほぼ全てのトレーダーが出金申請することが予想できます。

業者側も対応に追われるでしょうから、即時出金とはいかなそうですね(´・ω・`)

その他のFX業者の動向

当然被害を被ったのは、このアルパリUKだけではありません。

アメリカの「FXCM」という海外FX業者は、アルパリと同様にトレーダーの
損失を肩代わりし、その損失額は2億2500万ドル!約260億円です!w

この時点でケタが違います。よく潰れなかったなと思います。

ここで気になるのが、超大手のアルパリを破綻に追い込んだ
その肩代わりの金額は一体どれほどのものだったのか!?

アルパリの損失額は、どのサイトにも掲示されていないそうです。

アメリカFXの最大レバレッジは50倍とかなり低めの上限に対して、
本家アルパリが拠点を置くイギリスにはなんとレバレッジの上限が無いとのことw

500倍、1000倍のFX業者がザラにあるとか・・・。

レバレッジが最大50倍のFXCMの損失額が260億。。。

だとするとレバレッジに上限が無かった本家アルパリは一体どれほどの損失を被ったのか。。

あれほどの大手会社が一瞬で消えてしまうわけですから、
我々の予想を遥かに上回る損失額だったことは疑いの余地がありませんね。

しかしそのまま損失額を開示することなく破綻。
きっとアルパリすらも開示したくない金額だったんでしょう。。

今回の一件で改めて感じた「信託保全」の大切さ。

先程もお話した通り、国内のFX業者は義務付けられていますが、我々の主戦場は海外FX。
海外の業者は任意でございます。

デイトレーダーはどうしてもハイレバでの取引が効率良いため、
国内の業者では物足りないんです。海外FXが良いんです!

しかし、海外FXには「信託保全」の有る業者と無い業者が存在します。

今回のようなリスクに備えた上で、海外FXで大きな利益を上げて続けていくためにも、
必ず「信託保全」が有る海外FX業者を選択するようにしましょう^^

自分は「少しでも多く利益を得られるエントリーポイント」を模索し、
より確実なポイントを捉えて読者の皆さんにメルマガ配信したいと考えています。

基本的にこのFXブログでは自分のトレードを公開していますが、
自分が利益を出すことが結果的に読者の皆さんの利益に繋がると信じ、
「勝てる、または負けないポイント」を探し続ける毎日ですw

普段ブログを読んでくださってる読者の方に少しでも恩返しできるエントリーポイントを
配信したいと考えていますので、楽しみにお待ち下さい(´∀`)

↓メルマガ登録はこちらから↓

本日のフィボ配信

メールアドレス
お名前(姓名)
姓と名はスペースで区切ってください

登録  
解除   

また、この海外FXブログではいろいろな情報、また自分のトレード手法を
 こちらの記事 で公開しています!
FX初心者の方でも実践しやすいシンプルな手法なので、
FXでなかなか結果が出せないという人はぜひ試してみてください。

このFXブログをずっと見てもらってる人にはわかると思いますが、
勝率には結構自信があります。

FXで勝率を上げたいという人に役立てていただければ嬉しいです!

ついでに海外FXブログランキングの応援を
ぽちっと。してくれるとモチベーション上がりまくります。

投票は下のリンクをポチっとクリックして応援していただければ完了です♪

売買シグナル配信 ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

海外FXに関してのアドバイスも実施中!

メールでも海外FXのトレード手法をアドバイスしています。
自分としては、このブログを通じてFXで勝てる人がたくさん現れてくれたら本望です。
FX初心者の方や勝てない!と悩んでいる方も気軽に相談してくださいね^^

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

FX経験
未経験半年未満半年〜1年未満1〜3年未満3年以上
ご職業
会社員主婦経営者学生その他
ORZへのメッセージ

無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)

メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)