トレードポイントを厳選すると即効で勝ち越しやすくなる!

こんばんは!
光合成で生きていけないか?試行錯誤しているニート、ORZ(おつ)です^^

先週は各国で政策金利が発表されたり、イベント盛りだくさんの週でしたね!

6/19政策金利の動き

画像は今日(6月19日)のドル円・1時間足ですが、ところどころ長〜いローソク足を形成していたり、急に流れが変わったりしていて、影響力の強い指標がたくさんあったことを物語っていますな(´ー`)

こうしたファンダメンタルズ先行で動いているような相場状況では、先日書いた記事「今宵は見送りエントリー解説するお(・ω・`*)」のようにスパッと見送るのアリです^^

もしくは、良さげな戦略を考えられる場面に立ち会うことができたのであれば、「アゲアゲ豪ドルYO〜!短期トレードは勝ち逃げ一択(・∀・)」のように、短期的な値動きに合わせてサクッと勝ち逃げしちゃうのもアリですね!

今週はそこまで大きな経済指標はなさそうですが、今後ファンダメンタズでグイグイ動いて行くような相場で仕掛けていくときの参考にしていただければと思います♪

しかし、ただ単に「大きく動いているから!」「この動きを逃したら損した気分になるから!」といった理由でトレードしてしまうのはNGです( ゚Д゚)!

最悪、相場が動いていると仕掛けずにはいられないポジポジ病になってしまい、あまり優位性のないポイントでのトレードで損失が重なってしまうかもしれません・・・。

という訳で、今日のFXブログは「トレードポイントの厳選」をテーマに書いていきます!

トレードするポイントを戦略的に厳選していくことで、ポジポジ病とは無縁のトレードをしていくことができますし、収支がトントンくらいの方は無駄に負けちゃうトレードがグッと減るので、勝ち越していけるようになるはず♪

特に初心者さんは、目先の動きに「パクッ」と食いついてしまいがちですので、ぜひ今回の記事を参考にしていただき、なるべく良いポイントだけをゲットできるようなっていただければと思います(・∀・)

一目惚れ厳禁!勝負を仕掛ける時はよ〜く選ぼう!

チャートを開き相場状況を見たとき、たまたま大きく値動きしていたり、インジケーターのエントリーシグナルが出ていたりすると、ついつい「このポイントしかない!」「ここで勝負しなきゃ!」と、視野が狭くなってしまい・・・

後から考えると大したチャンスでもないのに、そのポイントでのトレードしか見えなくなって勝負してしまう(´Д`)
そんな状態に陥ってしまう方も多いのではないでしょうか??

実際、FX道場にもこうしたポジポジ病気味のトレードを治して行くために参加される方も多いです。

自分も安定して勝てるようになるまでは、大きく動いている相場を目の前にすると、まるでその動きに一目惚れしたかのように、そのポイントでのトレードしか考えられなくなり、ポジポジしていた経験があります^^;

目先の動き例

しかも、こうした視野が狭くなっている状態でトレードしていると、大抵あんまり勝てないんですよね。

なぜかというと、広い視野で全体を見渡せている時は、通貨ペアの力関係や相場の方向性・勢いなどを分析して戦略を立てる → ベストと考えられるポイントでポジションを立てる、といった順序で考えられるのですが・・・

目先の動きにとらわれて視野が狭くなっている時は、そのポイントでポジションを立てると決めている → そのための相場分析や戦略立て、といった感じになってしまうからですね^^;

つまり「そのポイントでトレードすること」を前提として、相場分析や戦略を考えたりしているので、トレードの根拠というよりは辻褄を合わせるための「言い訳」を元にトレードしているようなものだからです(´Д`)

これでは、そもそも目先の動きが良いポイントじゃなかったり、仕掛けるまでに展開が変わってしまった時に、上手く対応しきれなかったりで、負けてしまう可能性が高くなってしまいます。

てな訳で、相場の世界では一途に惚れ込んではいけないのです(・∀・)
常により良い、ベストなポイントはないか?よく考えて・他のポイントと見比べて厳選して行くべきなのです♪

相場は24時間動いているし、通貨ペアも選べるし、トレードポイントはよりどりみどりだぜ・・・( ̄+ー ̄)

1つの動きに囚われずにチャラくいきましょうw

良いポイントの判断基準は(・∀・)?

ここまでで、1つの相場状況に囚われずに、全体を見渡してより良いポイントを厳選していこう!というお話をして行きましたが、もちろん目の前の相場がバッチリ良いポイントであれば、躊躇なく仕掛けていくべきではあります!

では、良いポイントの判断基準は何なのかというと・・・

トレードスタイルによって違いはあるかと思いますが、ORZの場合は「損小利大」が判断ポイントです(´ー`)

そのトレードにおける損失リスクは逆指値とロット数で限定し、しっかりと可視化して、期待できる利益よりも損失リスクの方が大きい場合は、まず手を出しません!

※pipsの計算はこちらを参考にしてみてください! → pipsとは?1pipsでいくら稼げる・損する?を計算してみよう!

いくら動きが大きく、利益が取れそうでも 損失リスク > 見込める利益 になるようなポイントは除外です^^

その時の相場にもよりますが、自分は基本的に「損失リスク1:見込める利益2」になるくらいでなければポジションは持ちません♪

下の画像のように、損切り20pipsなら40pips以上取れそうなポイントを厳選してます。

前回のポジションゲットの画像
損小利大の画像例

また、なるべく損失リスクが大きくならないように「相場の節目(抵抗帯)かどうか」も判断基準になります^^

相場の節目とは、レジサポラインとか、インジケータの抵抗帯とか、多くのトレーダーたちに意識されやすい売買ポイントの事です!

ここを起点にポジションを持てば、多少の逆行とかは抵抗帯で跳ね返ってくれる可能性を残せるため、ポジションの生存率が高くなります(`・ω・´)

抵抗帯の例

例えば、上の画像のように過去に何度も跳ね返されている抵抗帯(移動平均線2050)は、「また跳ね返るのではないか?」と考える人が多くなり、再びこの抵抗帯に近づいた時に買いポジションを取る人が増え、価格が上がって行く展開になる可能性が高くなるのです^^

なので、この抵抗帯の外に損切り(逆指値)を置けるところでポジションを建ていけるように値動きを「待ち」ます(`・ω・´)
これまでがっつりと稼いでこれたORZのFX手法もこの原理原則の応用ですからね♪

こうした判断基準を元に目先の動きに飛びつかずに、相場全体を見渡した上でこうした損小利大にしやすく・勝てる確率が高そうなポイントを選び抜いてポジションを立てていけると、無駄に負けてしまうトレードが減りトータルで勝ち越していきやすくなります(´ー`)

ポジションを持つ際は、じっくり厳選して「君に決めた!」ってな感じでトレードしていきましょう♪

君に決めたの画像

厳選したポイントでポジションを立ててみてね(・∀・)

今回はトレードポイントを厳選して、より良い相場状況・戦略立てができるところで仕掛けていこうというお話でした^^

最初「目先の動きに一目惚れしちゃダメ!」といった感じで、恋愛に例えて書いていたら分かりやすいのでは??なんて考えて書いていたのですが、最終的にポケモンに行き着いてしましましたw

分かりにくかったらごめんなさい(*´ω`*)テヘ
ときめきメモリアルでもやって修行してきます・・・。

ときメモの画像

こうした損小利大の話や、ORZのトレードに対する根本的な考え方などは、まとめてFX道場の「零ノ極意」でお教えしてます(´ー`)

最近リニューアルを終え、参加者さんからは

「今まで以上に分かりやすいです^^」
「細かい判断ポイントまで分かって実践しやすいです!」

といった嬉しい声をいただけております♪

道場ではORZのトレード手法を基礎的なところから実践まで、学校みたいに体系的に学習できるシステムになっているので、FXを始めたいけど何から始めて良いのか分からない方・トレードしているけど中々結果がでない方など、お気軽にご参加いただければと思います!

それでは次回のFXブログもお楽しみに(・∀・)

※最新のブログ更新情報をメールでお知らせしてます!
更新情報を受け取る!

無料でORZのFX手法が学べる、
《真・ORZのFX道場》を開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》では
ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、
実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でもご参加いただける企画になっていますので、
興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

真・ORZのFX道場で学べる6つの極意とは?

参加ご希望の方は下記のメールフォームから申し込みしていただくと、
ORZから道場入門についての案内がメールで届きます^^

※ORZがメッセージを見てから返信しますので
2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

参加お申し込みフォーム

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス(アドレス間違いはお返事できませんので、ご確認ヨロです(´ー`)

FX経験:
トレード環境:
1年間のFX運用目標:


今日も元気におツイート!

今日も元気にTwitterでおツイート!

無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)

メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)

コメント

  1. なべいち より:

    こんばんは!
    ❬辻褄をあわせるための言い訳❭とてもためになります!
    自分も思いあたる節があるので反省点ですね(._.)

    • neetfx より:

      なべいちさん、こんにちは!
      今回もコメントありがとうございます(・∀・)

      「トレードの根拠」と「辻褄合わせの言い訳」、似ているようで全然違いますからね!常により良いベストなポイントはないか?他のポイントと見比べて厳選して行きましょう♪

  2. koutti より:

    こんにちは、ORZさん( ´∀`)
    相場の一目惚れが止まらない、kouttiです。・゚・(ノ∀`)・゚・。

    今回の記事は例えが面白くて分かりやすいため、なるほど!!( ̄ー ̄)と思ってしまいました。
    今までを振り返り、kouttiは惚れやすい+盲目になりやすいのかもしれないとか思っていたり(^_^;)
    損切りした(失恋した)後に、「何でこんな変な所でトレードしたん??」なんてことがまだまだあり、反省することが多いです。(昔はナンピン(相場ちゃんの気を引き止める行為)していた過去もあり((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル)
    私も「ときメモ」で修行してきます( ・ิω・ิ)

    • neetfx より:

      kouttiさん、こんにちは!
      いつもコメントありがとうございます(・∀・)

      そうですね!誰しも恋に落ちてしまうと(相場を見ていると)盲目になりがちですからね!目の前にタイプの人(目先の値動き)が歩いていると、ついつい声を掛けてしまうもの。

      でも、相手が美人局(逆行するリスクが高い)の可能性もあるので、ぜひ今後はじっくりお付き合いする相手を見極めることをお忘れなく〜♪

  3. 享楽 より:

    ORZ師匠。私はときメモは2が好みですw。
    素晴らしいテーマですね。私もまだまだ無駄なトレードが多いです。精進しますw

  4. 享楽 より:

    視野の狭窄という現象があるそうですね。最近読んだ本に書いてあって、人はそのポイントを見てしまうと「入るor否か」という2択しか考えられなくなると。
    俯瞰してみればポイントのはいくつもあってorではAndの思考ができる。ORZ様の言うとおり自分も結構最近までこの現象に悩まされてましたが最近は少なくなってきました。もう何回でも時間足変えて確認するようにしてますw。

    「決定力 正しく選択するための4つのステップ」チップ・ハース&ダン・ハース著

  5. 享楽 より:

    なんかもう文章めちゃくちゃでごめんんさいw

  6. 享楽 より:

    また間違えてるw

    • neetfx より:

      享楽さん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      視野の狭窄、まさにその通りだと思います。だからこそ意識して視野を広げる(俯瞰して相場を見る)
      ことをやっていかないと、結構リスクの高いポイントでエントリーしちゃうことにもなってしまいますからね!ぜひ今回の記事を参考にしてみてくだされ♪

  7. naruchi より:

    ン? これは、自分のコトを見透かされているようだ…師匠は透視力を見につけられたのか?
    あまりにも思い当たることが多く、ついおかしな事を考えてしまった( ̄∇ ̄)
    反省点が多過ぎる…解ってはいるのだ…しかしなぜ(//∇//)

    • neetfx より:

      naruchiさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      実は・・・第三のチャクラが開花しちゃったのは、ここだけの秘密ですが。

      トレードの反省点は毎回出てきますよね!いきなりあれもこれも直そうとしちゃうと、結局どれも意識されず仕舞いで終わってしまいますので、まずはこれだけはゼッタイに直す!というポイントを1個だけ修正していくのが、意外と近道だったりしますよ〜!注意力を1点集中させる。ご参考にしてみてくだされ♪

  8. torikami より:

    ORZ先生、こんにちは。
    今回のテーマはとても耳の痛い話でした。なかなか損小利大が実行できないのです。
    まず、目先の動きに振り回されないようにしたいです。エントリーしてから利確目標を考えるのもやめないと!これって、エントリーするときに心の余裕がないってことですよね。恋は盲目⁇ ちなみに、例として掲載されたユーロ豪は、見てましたけど、時間軸がすべて下向きだったので、さすがにノーエントリーでした。

    • neetfx より:

      torikamiさん、こんにちは!
      コメントありがとうございます(・∀・)

      そうですね!目先の値動きほど、甘い誘惑はないですよねw
      ただ、おおかたそんな誘惑に飛びついている時に良い結果が生まれることはないですからね。

      torikamiさんも相場全体を見れている時は、見送ることもできていると思うので、目先の値動きに誘われている時は、一度上位足の時間足などほかの時間軸をチェックするのはお忘れなく〜♪