トレンドってどこまで続くの?これが見えてきたらTREND NO OWARI☆

こんばんは!
今宵は百万年に一度NEETが外に出る日(・∀・)どうもORZです。
昨日は「損切り君って印象あんま良くないけど、でもリスクから資金を守ってくれるわけだし・・・意外にいいやつだよね(・∀・)!」なんて話をしましたが、損切りについての考え方を少しでも変えてもらえたら少しは損切りくんの顔も浮かばれると思います。守りたいこの笑顔・・・。


今宵のFXブログはみんなの嫌われ者「損切り」について!

前回は損切りになってしまったワケですが、
FXで大きく利益を獲得しようと思ったらトレンドの始まりから終わりまでごっそり取って行くのが理想的だと思います(・∀・)!


そのため相場の動きを見ていくときには自然と、どこからトレンドが始まってどこまでトレンドが続くのか?を見ていく事になりますよね。
もちろんエントリー出来てこそFXトレードが成り立つというものですが、じゃあどこまで保持して行けば良いの?
トレンドはどこまで続くの?なんて、トレンドの終わりが気になって夜も寝られないって感じの方も多いのではないでしょうか・ω・

そうなる前に、トレンドの終わりの予兆・前兆を掴むことができれば、含み益が最高潮のところで利確オサラバすることができるってもんです。

そこで今日はこの“トレンドの前兆”をキーワードにしてFXトレードでのトレンドの終わりの判断をORZなりに解説してみたいと思います。

トレンドの終わりは始まり。始まりは終わり。

トレンドの始まりと終わりは幾つかの見方がありますが、例えばSMA100のブレイクで見ていけますね(・∀・)

このあたりの詳しい話や相場転換のその他の条件についてはFX道場の中の弐ノ極意で話が出来ているので割愛しますが、道場参加者さんであればこの相場転換の判断はちょろいかと思います(・∀・)

ただSMA100のブレイクでのトレンド始まりと終わりの判断はわかりやすくて迷いが生まれにくいのですが、それだけ相場の動きを見届けてからの判断になるので、見方を変えれば判断できるまでにはすっかり相場が転換し切っているということでもあります。

トレンド終わりの明確さを求めると、含み益が減るというジレンマ

例えばこの局面、もっと過去のポイントで上昇トレンドに乗っかることができて絶賛含み益+200pips保持中だったとします(・∀・)ウハウハ♪

その際に「利確ラインをどうするか?」という話になっていくのですが、やはり「上昇トレンドが続く限りは保持して含み益を大きく成長させていく」という判断のもと、明確にトレンドが終わるまではなかなか利確が出来ない訳です。

明確にトレンドが終わるまで、というのはさっきのSMA100のブレイクのことっす(・∀・)

すると、自然と含み益最高潮のポイントから下げたところでの利確になりますね(-∀-)

これだと最高潮の含み益から-100pipsほど下げての利確(半分)になってしまうので、こんな局面に出くわすとやはり「なんだ、勝ったのにこの素直に喜べないモヤモヤする感じは・・・」なんて思われる方もいるのではないでしょうか(´ー`)

ちなみに自分の考えだけで話せば、多少減っても確実に利益獲得している時点でキャホーな感じですし、このやり方も一つアリだと思うのですがw
自分も昔はこんなことがよくあって、最終的に含み益を半分以上削って利確・・・なんてこともザラでしたw
ちょうど道場生さんからもこういったケースでの判断についてご質問頂いたのでした。
TREND NO OWARIについて・ω・

そこでトレンドの終わりが濃厚な前兆を掴むことができれば、SMA100に戻る前までにスパッと利確しちゃうこともできますね。
含み益最高潮の状態で利確できれば、損小利大のトレードもしやすくなりますしいいことあります(・∀・)

防戦一方!?トレンドの終わりの前兆はここを見るべし

ではではどんなところでトレンドの終わりが感じるの(´ー`)?、って話ですね。
一言いえば『相場中の抵抗ライン』を見ていくっていうのが一番わかり易いですが、ただ抵抗と言ってもSMAやらレジサポラインやら、ホライゾンライン(水平線)などなどたくさんありますよね。
今回は自分がトレードの際によくみている点などを幾つかのケースに分けて解説してみます・ω・

【トレンドの終わりを示唆する前兆】

  • ①高値圏・安値圏でSMA20・50がもつれている時
  • ②直近高値・安値を更新できなかった時
  • ③一目均衡表の未来雲が薄く、雲の色が反転してる時

一つずつ見ていきましょう♪

①SMA20・50がもつれている時

SMA2本のもつれはわかりやすいですよね(・∀・)
特に高値圏、安値圏で20と50のラインがもつれると、それは多くの場合相場が停滞していることが多いです。
再びトレンド化する可能性ももちろんあるのですが、一時的に方向性がわからなくなっていることからも相場転換(=トレンドの終わり)になるキッカケとも言えます。

②直近高値・安値を更新できなかった時

似たものでWボトム、Wトップがありますのでその認識でもいいのですが、名前で知っているだけではなくて、「安値(高値)を更新できなかったから」というところまで理解できていることが大事だと思います(・∀・)
また、レジサポラインや高値安値のラインはその相場においてどれくらい意識されているのか(反発回数など)を過去のチャートと照らし合わせながら見ていくことも大事なので、合わせて意識して見るのがコツです。

③一目均衡表の未来雲が薄く、雲の色が反転してる時

抵抗帯としてよく見られる一目均衡表ですが、相場の先を行く未来雲の育ち方も参考にされることが多いです。特に雲が横ばいに薄く形成しているところや、上昇雲と下降雲が反転しているところなどは抜けやすいです。これだけでトレンドの終わりを見極めることは難しいですが、他の“前兆”と合わせて未来雲の動き、色、育ち方などを参考にして行くことでトレンド終わりの判断材料にすることが出来ます。

トレンドの終わりは新たなトレンドの始まり(・∀・) 

幾つかご紹介してみましたが、このような感じでテクニカルや、レジサポラインなどの“抵抗ライン”を見ていくことで、トレンドの終わりの前兆を感じ取る事ができます。
使い時は様々なので、エントリー前の相場の見立てのときや、決済場面での根拠として使うことも出来ます・ω・

覚えておいて損はないですしぜひ今日のトレードから活用してみてください♪

ちなみに、、、今日もまた一つ、下降トレンドが終わりを告げました。。。

【GBPUSD 4時間足】

英中銀の政策金利で下降TREND NO OWARI(・∀・)☆

トレンドが終わったということは・・・また一つ新たなトレンドが生まれるということ(レンジもあるよ)・・・!ポンドル上昇トレンドくるかな(☆∀☆)キラッ

トレンドに乗っかってエントリーしたい!という方は自分がお教えしているFX道場を参考にどうぞ(-∀-)
相場環境認識からしっかり学んで、損小利大のトレードを習得して行きましょう♪

今日のブログはこのへんで!ばいちゃ!

無料でORZのFX手法が学べる、
《真・ORZのFX道場》を開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》では
ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、
実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でもご参加いただける企画になっていますので、
興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

真・ORZのFX道場で学べる6つの極意とは?

参加ご希望の方は下記のメールフォームから申し込みしていただくと、
ORZから道場入門についての案内がメールで届きます^^

※ORZがメッセージを見てから返信しますので
2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

参加お申し込みフォーム

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

FX経験:
ご職業:
運用資金:
1年間のFX運用目標:
トレードするデバイス:


※最新のブログ更新情報をメールで通知してほしい!という方はコチラ(・∀・)
↓↓↓


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

995人の購読者に加わりましょう


無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)


メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)

コメント

  1. なべいち より:

    こんばんは!
    参考になります(*゚▽゚)
    MA100のブレイクは教えていただいて理解していましたがその前兆を知ることができて有難いです!
    いつも為になることを的確に教えてもらえて本当に助かります(´∀`)

    • neetfx より:

      なべいちさんコメントありがとうございますー(・∀・)
      トレンドの前兆を知ることができれば相場転換を懸念しながら
      様々な判断をすることができるのでエントリータイミングや、決済タイミングで
      より相場の動きを汲み取った決断をすることができるようになるはずです^^

      ぜひ参考にしてみてください〜

      ORZ

  2. FX皇帝 より:

    ORZ師匠様
    今回も国宝級の記事ですねぇ~!
    とてもためになります!
    どこで入ったらいいの?という問題の次には、どこで降りたらいいの??という問題が控えてますね。
    エントリーの精度の向上もたゆまぬ熟練が必要ですが、
    この降りるポイントって、意外に、いや実はかなり難問だと感じています。
    降りた後に、まだまだぐんぐん伸びていく姿を見たときは、呆然です(゜Д゜)
    今まで何度、そんな目に遭遇したことか。。。(ToT)
    エントリーも根拠あるポイントでのエントリー。エグジットも根拠あるポイントでのエグジットと。
    今ではORZ師匠の教えを元にマイルールを設けて、エグジットは淡々とマイルールを守るようにしています。
    マイルールも試行錯誤や調整の連続ですが、だんだんと精度が上がってきている実感があります。

    あ、それから、トレンドの終わりに、断末魔の叫びのように長大ヒゲが出現することがありますね。
    私は、勝手に、『ジェット』と名付けています。
    星がブラックホールに吸い込まれるとき、断末魔の叫びのように、ものすごいジェットが一直線に放射されるところから、命名しました。(笑)
    ジェットを見たら、逃げるようにしてます。(*^_^*)

    • neetfx より:

      FX皇帝さんこんばんは☆
      コメントありがとうございます(・∀・)

      いつもブログみてくださって嬉しいです♪
      エントリーについては掘り下げが進んでいる方も多いと思うのですが、決済タイミングについては悩まれている方も多い中、ブログとしては触れていくことが少なかったので今回意識的に書いてみました^^
      含み益中での決済であればどのポイントであっても利益が出ているという意味では十分だと思うのですが、更にその中でベストなポイント選びをしたがるのが人間の性ですよねw
      ましてや決済後に含み益方向に伸びたとあってはおっしゃる通り唖然(゜Д゜)ですw

      そんなこともできるだけ無くしていってもらえるように決済タイミングについてもこれから掘り下げて取り上げて行くのでコレカラも当ブログを楽しみに☆

      ちなみに『ジェット』と名付けられたヒゲローソク、ありますよねw
      そしてトレンド終わりの前兆としても材料になりますね〜w
      これについてもできたらブログで追記しておきます(・∀・)

      ORZ

  3. やすノン より:

    ORZさんおはようございます^ ^
    今回も為になる記事ありがとうございます!
    私も利確のタイミングで悩んでいたので、今回の記事を参考にトレンドが終わりそうかな?と自分でしっかりと考えて、利益を伸ばせそうなら伸ばして、ダメそうなら少しでも早く撤退できるように実践を繰り返して経験を積んでいきたいと思います。
    ちなみに私はSEKAI NO OWARIめっちゃ好きですw

    • neetfx より:

      やすノンさんこんばんは☆
      コメントありがとうございます(・∀・)
      SEKAI NO OWARIのファンでしたかw
      自分も結構好きなのでブログで取り上げてしまいましたw

      利確のポイント選びって嬉しい悩みというか(いや、切実なんですが。)悩ましいですよね!
      まだまだトレンド終わりの前兆はあるのでブログで取り上げて紹介してけたらと思います^^

      ORZ

  4. ひろしねこ より:

    こんにちは。
    昨日の金利発表後、ポンドドルで1.22970でロングで飛び乗り、60ピプスゲッツ(σ゚∀゚)σしました。が….4時間足の直近高値を抜けたら走ると思っていたとはいえ、飛び乗りとか危険な事をしてしまった事に反省しています。下手すりゃ一瞬で損切りですからね….
    気を付けます(;´д`)

    ポンドドルはまた落ちてきたら買いたいです。しかしもう少し上には硬いレジスタンスラインがあるので気を付けてトレードしたいです。

    • ひろしねこ より:

      間違えました。一時間足の直近高値でした。
      すいませんでした。

    • neetfx より:

      ひろしねこさん、コメントありがとうございます♪

      なるほど、少々危ない橋をお渡りになったようで、、、^^;
      とはいえ、60pipsおめでとうございます(´ー`)ノ

      今回の上昇は結構勢いもあり、自分も飛び乗りたい気持ちを抑えて見守っておりました(´ー`)
      んがしかし、やはり経済指標の値動きはいつ反転するかもわからないので、お気持ちはわかりますが、そこはグッ!!とこらえていただき、できるだけ「飛び乗りトレード」は避けるようこころがけてくださいね(・∀・)

      ポンドは未だに激しい値動きを繰り返しているので、しっかりと相場分析しながらトレードしてくださいね♪