国内VS海外FX!どっちが良いでSHOW!

今回のFXブログは、FXをやるなら
「国内と海外どっちが良いのか??」をテーマに記事を書いていきます(´ー`)

結論から先に言っちゃうと国内も海外も
使い方によって一長一短ですね^^

ここでは国内FXと海外FXの特徴やメリット・デメリットを
比較してご紹介していきますので
業者選びの参考にしていただければと思います!

国内VS海外 レバレッジについて比較!

FXをトレードする上で、国内と海外の大きな違いとなるのは
やはりレバレッジです(´ー`)

国内では金融庁の規制により『25倍』を上限として
レバレッジをかけることが可能です。

海外では規制がないので、レバレッジは業者によって様々ですが
『200倍以上』のレバレッジをかけられる業者がほとんどです。

初心者の方・未経験者の方は
大きなレバレッジ(ハイレバレッジ)=危険という印象を
お持ちの方が多いと思いますが、むしろ逆で
レバレッジは大きいに越したことはないと思ってます♪

なぜかというと、レバレッジというものは
現在の資金(証拠金)×レバレッジ倍率=(最大の)運用枚数
という計算で算出されるのでレバが高い方が
「(最大で)どのくらいまで注文ができるのか?」の幅が広がるからです。

反対にレバレッジが小さいとその分資金が必要になりますし
いくらレバレッジが大きかろうが、
トレードする枚数(Lot数)はトレーダー自身が決めるので、
トレードでの損失リスクの大きさはコントロール可能なわけです^^

レバレッジは例えるならば、車のエンジンの性能みたいなものです。
kaigaifx-hikaku
時速100kmを出そうとしたら、国内は思いっきりアクセルを踏み込まないと出ませんが、
海外は軽く踏んだだけでスピードが出る感じですね!

リスクをなるべく小さくしたいのであれば
アクセルを踏まなければいい(大きな枚数でトレードしなければ良い)だけの話です(´ー`)

ただ、間違って大きな数量で注文を出してもその注文が約定してしまう
というリスクはありますので、絶対に大きな枚数でトレードしたくないのであれば、
国内でトレードしていくのがオススメですね(・∀・)

国内VS海外 スプレッドについて比較!

スプレッドはトレードする際の手数料みたいなもので
これがFX業者の利益になっています(´ー`)

国内の場合、最低スプレッドが0.2〜0.5pipsくらいがほとんどですが、
海外の場合、最低スプレッドが1pipsくらいのところが多いですね!

スプレッドに関しては、トレーダーにとって国内の方がお得です(・∀・)!

なぜ国内業者が極小のスプレッドを実現できるのかというと
スプレッド以外にも儲けがあるからです^^

国内の多くの業者はいわゆる『相対取引』を
行なっているところが多く、顧客の注文を為替市場に流さずに
顧客同士の売り注文と買い注文で相殺したり(マリー取引)
そのまんま「呑む」こともできます。

supu

呑みやマリーの詳しい説明はグーグル先生に任せるとして
簡単にいうと国内の場合、多くの顧客の注文は市場には流れず
業者との取引をしているということです(´ー`)

そうなると、顧客の負け分が業者の利益
という構図ができてしまいますし、注文は業者側がどうにでもできるので
取引としては不透明です^^;

海外の場合は『NDD』と言った市場に直接注文を出す方式が
行われているところが多いので、スプレッドが広い分
取引の透明性は保つことができます^^

もちろん、国内でもNDD方式や海外での相対取引もありますが
スプレッドのお得感で選ぶのであれば国内が、
取引の透明性として選ぶなら海外の業者がオススメですね(´ー`)

国内VS海外!資金以上の損失リスクについて!

相場の急変動に対して資金以上の損失が出ないように
FX業者には「強制ロスカット」というシステムがあります。

これは、持っているポジションが含み損になり
これ以上保有していると資金以上の損失を出しかねない場合
そのポジションを強制的に決済して、資金以上の損失からトレーダーを守るシステムです。

しかし、想定以上の急変動が起きた場合
この強制ロスカットの決済注文すら間に合わなくて
資金以上の損失を出してしまう可能性も無きにしも非ずです( ゚Д゚)

こうなった場合に、国内FX業者では「追証」という形で
資金以上の損失を入金しなければなりません。

反対に多くの海外FX業者では「ゼロカット」というシステムがあり
資金以上の損失は業者側でカバーをしてくれます。
zerocut
資金以上の損失を絶対に出したくないのであれば
ゼロカットが付いている海外FX業者がオススメです^^

国内VS海外!資金管理の安全性について!

続いては口座に預けた資金の安全性についてですが
これは国内業者の方がよりしっかりした保証を受けることができます。

国内FX業者は『信託保全』が義務付けられているので
万が一、業者が倒産してしまった場合でも
口座に入っていた資金はカバー先である銀行等から全額返還されます^^

一方海外FX業者の場合、取得してる金融ライセンスによって違いがあり、
信託保全が義務付けられている場合もありますが
任意で業者側が決められるところも多いです。

また、保証の上限が決められている場合もあり
200万円くらいまでは保証するよ!といった感じで
全額保証ではないですが資金は守られています(´ー`)

shintakuhozen

海外はレバレッジを大きくかけられるので
口座にそんなに資金を入れておかなくても十分大きな
トレードができるので、大抵の場合は全額保証されると思います。

そもそもFX業者が倒産すること自体、通常ありえないことですが
『スイスフランショック』といった、市場に大きなサプライズが起こると
全然あり得ることですので備えておいて損はないでしょう!

国内VS海外!ボーナスについて比較

FX業者は顧客を獲得するために、様々なキャンペーンを打っていて
その中でもやっぱりお得なのが「ボーナス」です!

これに関しては海外FX業者のほうが
豊富なボーナスを受けることができます(´ー`)

国内だと入金時に5000円キャッシュバックとかが多いですが
海外だと入金額に対して、100%ボーナスがついたり
(5万入金だったら5万円分)
口座を開設するだけ入金なしでボーナスを獲得できてたりします^^

このボーナス自体は出金することができないのですが
ボーナスを元に手にした利益はもちろん、自分のお金として
出金することができます(・∀・)!

国内VS海外!入出金について比較

海外FXの場合、海外の口座に入金・海外の口座から出金になるので
入出金に関しては、国内の方が簡単ですね!
銀行送金だろうが、カードだろうが1日以内には反映されるはずです(´ー`)

海外の場合、銀行送金だと手数料が高い上に
反映されるまで4・5日かかる場合もあるので、
電子マネーやクレジットカードでの入出金がオススメです^^

入出金の手数料は業者側が負担してくれるところも
最近は増えてきているので、事前にチェックしておくとお得ですね♪

国内VS海外FXまとめ

項目国内FX海外FX
レバレッジ上限25倍200倍以上
資金以上の損失リスクマイナス分は追証0カット(資金以上の損失が無い)
資金管理信託保全が義務付け金融ライセンスによって一部義務付け
ボーナス平均5000円くらい入金額によって変動1万〜10万くらい

以上、国内FXと海外FXのメリット・デメリットをご紹介していきましたが
いかがだったでしょうか(´ー`)

どちらも得意なところと不得意なところがあるので
「自分がどういった運用スタイルでFXをやっていくのか?」を
明確にしておくと、FX業者選びも楽になるますね!

この記事がお役に立てれば幸いです^^

どんな相場でも自由に戦える!!
ORZのFX手法を無料で身につけられます(・∀・)

現在行っているFX指導企画《真・ORZのFX道場》では

ORZが10年以上の実践で蓄積してきたトレードスキルを

着実に身に付けていただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でもご参加いただける企画になっていますので、

興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

真・ORZのFX道場について!概要をまるっと解説

参加ご希望の方は下記のメールフォームから申し込みしていただくと、
ORZから道場入門についての案内がメールで届きます^^

※ORZがメッセージを見てから返信しますので
2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

参加お申し込みフォーム

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

FX経験:
ご職業:
運用資金:
1年間のFX運用目標:
トレードするデバイス:


無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)

メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)