海外FXって・・実際どうなの(´-`)??

FXを始めたばかりの頃から海外業者を使っているORZです。

今回のFXブログは
『海外FXって危ないとか聞いたことあるけど、実際はどうなの??』
というところを、海外FX経験豊富なニートが詳しく解説していきます!

これから海外FXを始めようとしている方
国内業者から海外業者へと移行を考えている方
使ってみたいけど何かマイナスイメージがある方等
参考にしていただけたら幸いです(´ー`)

海外業者でFXをトレードする時、英語は必要?

読者の方から「海外業者を使いたいのですが、英語は必須ですよね?」といったご質問を受けることが多いのですが、
海外業者だからって必ずしも英語が必要なわけではありません!

まず、海外FXは取引ツールに「MT4」を使っている業者が多いのですが、MT4というチャートツールは日本語表示にできるので、トレードは英語がわからないくても全く問題ありません!

実際こんな感じで注文を出すことが可能です↓
mt4_kaigaifx

MT4はAndroid、iPhone、両方のスマホのアプリもあるので、手軽に海外業者でFXがトレードできる時代ですね^^

次に、海外業者を使う際はそもそも海外業者のサイトから口座を開設なければ使えないのですが、大手の業者であればこの口座開設にも英語は必要ないところがほとんどです!

サイト自体も日本語表記にできるところが多く、そうした業者はサポートに日本人スタッフが在中しているのが普通です(´ー`)

手続きもネットで完結します。
口座開設に必要な身分証明書などの書類も携帯のカメラでパシャっと撮り、それを送ればOKです!

ORZも英語には自信がないのですが、なんの問題もなく海外FXを長い間続けております♪

海外FXの「ハイレバ」ってどうなの?

国内と海外のFX業者を比べて一番の違いは、「レバレッジ」ですね!

海外FXでは国内よりも大きくレバレッジをかけられるので「ハイレバレッジ」または「ハイレバ」とも呼ばれています(´ー`)

ハイレバは元手の資金が少なくて済む便利な仕組みなのですが・・・
いかんせんイメージが悪いんですよね(´Д`)!

国内では25倍までというレバレッジ規制がされていることからも『ハイレバレッジ=危険』という認識が広まっているのですが、このハイレバ自体が危険というわけではないんです( ;∀;)

そもそもレバレッジというのは、「テコ」の意味で運用資金を担保にすることで資金の何十倍・何百倍もの取引を行うことが可能になる仕組みです。

reba-fx2

こうしたテコのイメージのせいか、レバレッジが100倍だと『100倍で取引しなくちゃいけないんでしょう?危ないわ!』と勘違いしてしまいがちですが、これは2つの意味で間違いです(・∀・)

1つは、レバレッジは基本的に資金に対して、取引する金額で自動的に決まるものです。
最大が100倍なだけで、取引金額を調整することで10倍にもできるし、50倍にもできるし、自由にできるってわけです(´ー`)

例えば、資金1万円でドル円を取引する場合。

千通貨で取引すればレバレッジは10倍
1万通貨で取引すれば100倍
10万通貨で取引すれば1000倍

となります^^
つまり、自分自身が「いくらで取引するか?」さえ間違えなければ、ハイレバレッジ自体は全く危なくないのがご理解いただけると思います(´ー`)

もう一つ、考えるべきはハイレバレッジによって「元手が少なくて済む」ということです!

資金が100万だろうが1万だろうが1万通貨で取引すれば、値動きによる損益は同じです。
同じ損失リスクですが、資金が100万ならレバレッジは1倍ですし、資金が1万ならレバレッジは100倍です。

こうしたことから「ハイレバレッジ=リスクが高い・危ない」ではない!ということが分かりましたね^^

もちろん!
ハイレバレッジでリスクが高い取引が可能なのは事実です( ゚Д゚)!

ですので「資金に対していくらで取引するか?」を真剣に考える必要はありますが、これ以上ハイレバを悪者にして便利な制度を規制しないでほしいと思うのであります。

ORZが海外FXを使っている理由の1つとして、
このハイレバレッジによる柔軟な取引ができる事が挙げられますね(・∀・)

『0カット』が万が一の暴落・暴騰で助けてくれる

FXをやる上で、一番気をつけなければいけないのがリスク管理です。
相場には常に暴落・暴騰するリスクが潜んでいるので、
もしかしたら、資金が一瞬で無くなってしまう可能性だってあるのです^^;

bouraku-fx

こうした急激な値動きに備え、FX業者には強制ロスカットのシステムが必ずついています。
これは持っているポジションが大きな含み損になり、
資金の何%か(業者によって異なります)を下回ると強制的にそのポジションが決済されて
資金以上の損失が出ないようにする仕組みです。

しかし、有名なリーマンショックなど
為替相場に莫大な影響を与える出来事が起こると、
数秒間で大きく動いたりするので、強制ロスカットの決済注文が間に合わず
決済された時に、口座残高がマイナスになってしまう事もありえます(´Д`)

このマイナス分は、国内業者だと『追証』となりマイナス分は
いわば借金になってしまいます!

海外FXでは「0カット」というシステムのおかげで
万が一、口座がマイナスになったとしてもその分は
業者側が負担してくれるので資金以上の損失を食らう事は絶対にありません^^

本当に最悪の場合を想定して、
それに備える事がリスク管理の基本ですね(´ー`)
こうしたリスク管理の面でも海外FXは優れていると思います。

海外FXって出金拒否されたりしないの??

海外FXには、入金・出金のトラブルが多いイメージを持っている方も
少なくないと思いますが、はっきり言って
「昔の話」であり、しかもごく一部の話です!

それを「海外FX」で一括りにされて、
未だにマイナスイメージが付きまとっているのは悲しい事です(´-`).。oO

ORZも10年以上のFX経験があり、そのほとんどを海外FX業者を使用していますが出金拒否にあった事なんて、ただの1度もありません^^

今の情報時代、個人の情報発信力もだいぶ高まっていますので、大きなトラブルが起きようものならSNSとかで拡散され、どんどん淘汰されているはずです。

また、普通に運営している海外FX業者であれば、出金拒否をするメリットがないと思うんです。
数十億とか数百億とかが毎日動いているような海外FX業者で、個人の数十万ないし数百万をリスクを犯してまで欲しがるかという話ですね(´ー`)

時々「出金拒否されたー!!口座凍結されたー!!」と書いてる個人ブログなどもありますが、大体の場合はその業者で禁止されている取引に抵触したとかだと思います^^;

ですので、昔から続いている老舗FX業者や大きなプロモーションができている大手FX業者なんかはまず安全だと思います(´ー`)

日本語サポートを完備しているところも多いですし、国内業者と同じように利用していけますね♪

ただし、ごく一部では出金トラブルが起きているのは事実だと思います!
ですので、名前も聞いた事のない業者やライセンス持っているかどうか?などを調べて怪しい業者などは使わないに越した事はありません!

国内だから安心〜とか海外だから危険〜とか
脊髄反射的に考えずに、それぞれの特徴とかリスク等を吟味した上で快適なFXライフをお送りください♪

今回は海外FXについてざっくばらんに
お話してきましたが如何だったでしょうか(・∀・)

海外FXは実際どうなのYo!
というところが読者の方に伝われば幸いです^^
この他に疑問や質問等ございましたらお気軽にご連絡ください!

◼︎お問い合わせ

それでは次回のFXブログもお楽しみに!

《真・ORZのFX道場》を開催中!!

現在行っているFX指導企画の《真・ORZのFX道場》では
ORZのトレードテクニックをベースとしたFX手法を学びながら、
実践での経験を着実に積んでいただけるカリキュラムになっています^^

FX初心者・未経験者の方でもご参加いただける企画になっていますので、
興味がある方はお気軽にご参加ください(´ー`)

真・ORZのFX道場で学べる6つの極意とは?

参加ご希望の方は下記のメールフォームから申し込みしていただくと、
ORZから道場入門についての案内がメールで届きます^^

※ORZがメッセージを見てから返信しますので
2,3日かかる場合がございますm(_ _)m

参加お申し込みフォーム

お名前(ニックネーム可)

メールアドレス

FX経験:
1年間のFX運用目標:


無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)

メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)

コメント

  1. 尻尾 より:

    初めまして。大変楽しくブログを拝見させていただいています。
    載せていない以上あまり公開したくないならば大変申し訳ないのですが、orzさんの使っている業者とレバレッジ。税金やトラブルに関しても記事を書いていただけないでしょうか。ぜひお願いいたします。

    • neetfx より:

      尻尾さん、初めまして。
      ブログ参考にしていただけているようで嬉しいです(´ー`)

      自分がメインで使ってる業者はXMです^^レバレッジは888倍までかけられる業者です。
      トラブルは時に経験したことないので記事にするのは難しいですね^^;
      税金は調べれば自分が説明するより分かりやすく伝えているところがいっぱいあるので、別にいいかなーっと思いってましたが、機会があれば書いてみようと思います^^ご意見ありがとうございました。