海外FX業者「Think Markets」の評判

ネット上では、海外FX業者についての様々な情報や評判が
流れています。
ここではそれを自分なりにまとめて
簡潔にお伝えしていけたらなと思っています(・∀・)

海外FX業者「Think Markets」のメリット

・高い約定力
どの記事を見ても
Think Marketsは約定力が高い」
と書かれています。
最近はNDD方式の海外FX業者が増えてきましたが、
Think Markets」はその先駆者的存在であり、
より透明性の高い取引を行うことができます。
NDD方式なので当然スリッページも発生しない上に、
サーバーの安定感にも定評があるので、
約定スピードも目を見張るものがあります。
また、どのアカウントでも1000通貨から取引が可能なので、
気軽に始められるというのも大きなポイントと言えます。

・最狭スプレッドcTrader
取引の際、手数料は無料となっていますが、
手数料が無料の海外FX業者の場合、多くはスプレッドが広くなる傾向にあります。
しかし「Think Markets」のMT4は平均1.5pipsと、
海外FX業者の中ではかなり優秀な部類に入ります。
さらにcTraderというプラットフォームを使えば、
多少の手数料(600円程度)はかかるものの、
最小スプレッド0.2pips~となっており、
海外FX業者の中では脅威的と言えます。
他のプラットフォームと同じくレバレッジが500倍な上に、
変動はあるものの、常にこれに近いスプレッドであると考えれば、
充分魅力的な取引環境であると言えます。
また、cTraderはモバイルにも対応しており、
スマホでどこでもトレードが可能となります。

・徹底した資金管理
Think Markets」は顧客の資金を完全分別管理していますが、
注目すべきはその預け先の銀行です。
Think Markets」が資金管理している銀行は二つあり、
一つはオーストラリア国内で最大の顧客資産を持つNABという大手銀行。
もう一つは、かつてオーストラリアの中央銀行であった経歴を持つ
コモンウェルス銀行です。
ちなみにこれらの銀行は日本のどの銀行よりも
高いランクに位置づけされています。
これを踏まえて考えると、「Think Markets」の資金管理システムは
海外FX業者の中でもトップクラスと言えます。

・優れた日本語対応
Think Markets」は日本語サポートにも力を入れています。
ホームページが日本語表記なのはもちろん、
メール・電話・ライブチャット全てのサポートを
日本語で対応してくれます。
日本語サポートが充実している有名海外FX業者が増えている中、
Think Markets」もその一つと言えます。

無料メールマガジン配信中!

FXに役立つ無料メルマガ配信中!

メルマガ限定のお役立ち情報やFXブログの更新情報・お知らせ等
メールマガジンで配信しています!迷惑メールは届きませぬ(´ー`)

メルマガを受け取る

シェアする(・∀・)

コメント

  1. ThinkForex has recently rebranded to ThinkMarkets; their new website is http://www.thinkmarkets.com/en/

    • neetfx より:

      Giuliaさん、こんにちは!

      おーそりー(・∀・)もう1つの記事書いたの忘れていました!
      こちらの記事もnameをchangeしておきますね^^
      Thank you for the information♪

      ORZ